MNP予約番号の期限ギリギリだと新規契約できないことも!

MNP予約番号の期限ギリギリだと新規契約できないことも!

MNP予約番号の有効期限ギリギリでも新規申し込みはできるのか?
「仕事が忙しくて新規申し込みに行けなかった!」
などの理由でMNP予約番号を取得したけど新規申し込みができず、有効期限ギリギリになってしまっている方は心配になりますよね。

そんな方に、今回はMNP予約番号の期限ギリギリだと新規契約手続きができないケースがあることをご説明いたします。
MNP(携帯乗り換え)する際、まず現在契約しているキャリアで「MNP予約番号」を取得します。ただし取得日を含めて15日間が有効期限になっています。

有効期限15日間であればその期限内で新規申し込みすれば問題ないように感じますが、

  • 大手キャリアのオンラインショップ
  • 格安SIMの即日MNP

こちらで新規申し込みをする場合、有効期限ギリギリだと受け付けてくれません。

ここからは大手キャリアのオンラインショップと格安SIMでMNP予約番号の有効期限ギリギリだと新規申し込みできない理由をお話していきます。

1.有効期限ギリギリだと新規申し込みできないワケ

有効期限ギリギリだと新規申し込みできないワケ
MNP(携帯乗り換え)で最初に行う手続きが、現在契約しているキャリアまたは格安SIMから「MNP予約番号」の取得することです。

そしてMNP予約番号と必要なもの(身分証明書、支払いに必要なもの)を持って、移転先のキャリアまたは格安SIMで新規申し込みを行えばMNP(携帯乗り換え)は完了します。

基本的にMNP(携帯乗り換え)はMNP予約番号がなければできません。
その重要なMNP予約番号はドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア・格安SIM共通で、取得日を含めて15日間が有効期限と決められ、期限を過ぎると自動的にその予約番号は無効になってしまいます。

それならMNP予約番号の有効期限15日間以内であれば、期限がギリギリになっても問題ないと感じますよね。
しかし実店舗で新規申し込みするなら有効期限ギリギリでも新規申し込みはできますが、

  • ドコモ、au、ソフトバンクのオンラインショップで新規申し込みする
  • 格安SIMで即日MNPを利用する

この2通りの方法で新規申し込みをする場合、MNP予約番号の有効期限ギリギリだと新規申し込みができません。
即日MNPとは、MVNOに新規申し込みを行ったのち新しいSIMカードが到着してから開通手続きを行うシステムのことです。

MNP予約番号の有効期限ギリギリだと新規申し込みができないワケ

ドコモ、au、ソフトバンクの直営店(キャリアショップ)や格安SIMの店舗で新規申し込みをするなら、MNP予約番号の15日間の有効期限を過ぎていなければ新規申し込みはできます。

実店舗で新規申し込みするとき、MNP予約番号を乗り換え先の担当者に伝えるとその場で電話番号などの契約情報の引き継ぎが行われ、30分程度で新しい端末が使えるようになります。

一方大手キャリアのオンラインショップや格安SIMの即日MNPを利用する場合、

  1. MNP予約番号を使って新規申し込み
  2. 申込内容に問題なければ端末およびSIMカードが発送される
  3. 新しい端末およびSIMカードが届いたら自分で開通手続きを行う

というような流れになります。

キャリアや格安SIMで商品発送から到着までの日数は異なりますが、新規申し込みから開通手続きまでに数日かかってしまいます。この期間は今まで契約していた端末がそのまま利用可能。

そこで開通手続きを行うことで今までの端末は使えなくなり新しい端末が利用できるようになります。

このように大手キャリアのオンラインショップや格安SIMの即日MNPでは、MNP予約番号を使って新規申し込みをしてから開通手続きまでに数日~1週間程度かかってしまうため、MNP予約番号の有効期限がギリギリの状態では受け付けてくれないのです。

2.オンラインショップと格安SIMのMNP予約番号の有効日数

オンラインショップと格安SIMのMNP予約番号の有効日数
大手キャリアのオンラインショップと格安SIMの即日MNPを利用する場合、MNP予約番号の有効期限ギリギリでは受け付けてくれません。

そこで実際にMNP予約番号にどれくらいの日数残っている必要があるのか?
ここからはドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアのオンラインショップと、主な格安SIMのMNP予約番号の有効日数をご紹介いたします。

大手キャリアのオンラインショップ

オンラインショップ名 MNP予約番号の有効日数 商品発送~到着までの日数
docomo Online Shop 有効期限が10日以上残っている状態 10日程度
au Online Shop 有効期限が13日以上残っている状態 最短で翌日
SoftBank Online Shop 有効期限が7日以上残っている状態 出荷完了メールでのお知らせから3営業日程度

※商品発送から到着までの日数は地域で異なります。

以上のように有効期限が7日~13日以上残っている状態で申し込む必要があるので、MNP予約番号を取得したらすぐに手続きしましょう。

格安SIM

格安SIM名 MNP予約番号の有効日数 商品発送~到着までの日数
mineo(マイネオ) 有効期限が10日以上残っている状態 1週間程度
Y!mobile 有効期限が13日以上残っている状態 審査完了後2日~3日
UQ mobile 有効期限が13日以上残っている状態 申込み日を除いて2~3日
楽天モバイル 有効期限が10日以上残っている状態 最短2日
LINEモバイル 有効期限が10日以上残っている状態 最短1日~1週間程度
OCN モバイルONE 有効期限が12日以上残っている状態 最短1日~3日
IIJ mio(みおふぉん) 有効期間が7日以上残っている状態 最短3~4日程度
BIGLOBEモバイル 有効期限が12日以上残っている状態 2日~1週間程度
NifMo 有効期限が12日以上残っている状態 3日程度
U-mobile 有効期限が10日以上残っている状態 2日~3日程度
b-mobile 有効期間が4日以上残っている状態 2日程度
DMM mobile 有効期間が10日以上残っている状態 3日以内

以上のように、格安SIMでもMNP予約番号の有効期限が4日~13日程度残っている状態でないと受け付けてくれないので取得したらすぐに手続きが必要になります。

ただし商品の到着に関しては地域によって異なるのであくまで目役としてご覧ください。

3.まとめ

MNP(携帯乗り換え)ではMNP予約番号の取得が必須の手続きです。
そのMNP予約番号には取得日を含めて15日間という有効期限が決められ、過ぎると自動的に無効になります。

キャリアショップなど実店舗で新規契約するときは15日以内であれば問題ないものの、

  • ドコモ、au、ソフトバンクのオンラインショップ
  • 格安SIMの即日MNP

こちらで新規申し込みを行う場合は有効期限ギリギリでは受け付けてくれません。

最長13日以上の有効期限が残っている必要がある会社もあるので、MNP予約番号を取得したらすぐに申し込みましょう。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ11・Pro予約受付中

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

日本初が満載!期間限定の特別還元祭

ご相談無料
0120-922-386
営業時間:9:00~21:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ
bellface