MNPの手続きを31日にするのはご注意!思わぬトラブルに

MNPの手続きを31日にするのはご注意!思わぬトラブルに

MNP(乗り換え)の手続きは31日が良い…。
漠然と”31日”を手続きの日にしている方も多いのでは?

確かに、基本料金の支払いに関しては31日の手続きがお得です。

ただし、MNPの手続きを31日にするのならいくつかの注意点が。
知らずに手続きを始めると思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。

そこで、今回はMNPの手続きを31日にする注意点について詳しくご紹介します。
また、31日でも問題なく手続きできるポイントもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

1MNPは31日に集中している

MNPは31日にした方がお得…、と誰しも1度は耳にしたことがあるのでは?
では、MNPを31日にした方がお得な理由、注意したい点について見ていきましょう。

①31日に解約した方がお得感が

大手キャリアでは基本的に解約日にかかわらず”日割り計算は無し”です。
つまり、何日に解約しても当月の基本料金の全額が発生します。

例えば、1月1日に解約しても、1月31日に解約しても基本料金は同じということ。
であれば、月末である1月31日に解約した方が基本料金としてはお得です。

また、31日に解約するときりが良いから…、という考え方も多いのだとか。
その為、MNPの手続きは毎月31日に集中する傾向にあります。

②窓口が混み合って手続きに時間が

MNPの手続きが31日に集中するということは窓口も混むということ。

通常でさえキャリアショップの待ち時間は1,2時間です。
販売員に相談しながら進めると、手続きが終わるまでに4,5時間ということも。

当然、31日は通常よりも待ち時間は長くなることが予想されます。

その上、MNPでは現在のキャリア、次のキャリアと2つの窓口を経由する必要が。
2つの窓口での待ち時間、手続きを考えると1日で終わらないこともある訳です。

③回線の開通日が解約日に

MNPでは基本的に回線の開通日が解約日になります。

というのも、次のキャリアの回線が開通した時点で、現在のキャリアとの契約が解除されるため。
現在のキャリアでは”MNP予約番号”というMNPに必要な番号を取得するだけなためです。

その為、当月31日に現在のキャリア、翌月1日に次のキャリアで手続きするということも。

もし翌月1日に次のキャリアの回線が開通すると、解約日は1日ということです。
翌月1日から31日(月末)までの基本料金が発生するのもったいないでしょう。

231日に手続きするなら”来店予約”を

MNPの手続きを31日にするのはご注意!思わぬトラブルに

MNPの手続きを31日に行うのなら、当日中に完了させる必要があります。
では、MNPの手続きをスムーズにしてくれる”来店予約サービス”についてご紹介しましょう。

①大手キャリアには”来店予約サービス”が

大手キャリアでは”来店予約サービス”を提供しています。

来店予約サービスとはキャリアショップへの来店を予約できるサービスのこと。
日時を指定できるのはもちろん、当日の最後尾を予約することも可能です。

また、現在の混雑状況もリアルタイムで把握できておすすめのサービスと言えます。

②来店予約の方法

以下に、一例としてソフトバンクの”かんたん来店予約”の予約方法をまとめました。
ソフトバンクでは”順番予約”と”日時予約”の主に2つの予約方法があります。

◆順番予約

  1. ”かんたん来店予約”の画面を開く
  2. 受信できるメールアドレスを登録する
  3. 受信したメールにあるURLを開く
  4. 必要項目(目的、名前など)を入力する
  5. 入力内容を確認し、確定する

順番の直前になると、登録しておいたメールアドレスにお知らせが届きます。

◆日時予約

  1. ”かんたん来店予約”の画面を開く
  2. 必要項目(目的、日時、名前、連絡先、アドレスなど)を入力する
  3. 入力内容を確認し、確定する

登録しておいた日時以降に来店すると、優先的に順番がまわってきます。

3オンラインで手続きという手もある

31日にMNPしたいけど…、と来店自体が難しいという方も多いのでは?
そんな時は、”オンラインショップ”で手続きするというのも1つの手です。

①MNP予約番号はネット/電話から取得できる

大手キャリアではMNP予約番号をネット/電話からでも取得できます。

  • ソフトバンク…*5533(または、0800-100-5533)
  • ドコモ…151(または、0120-800-000)
  • au…0077-75470

ちなみに、MNP予約番号には15日間の有効期限があります。
有効期限内であればいつでも手続きできるので早めに取得しておくと安心です。

②”オンラインショップ”からの契約もできる

大手キャリアでは”オンラインショップ”からの契約も受付けています。

以下に、一例としてソフトバンクのオンラインショップでの流れをまとめました。

◆手続きの前の準備物

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  • お支払情報(キャッシュカード、クレジットカードなど)

◆手続きの流れ

  1. 機種を選択し、”MNP(乗り換え)”で進める
  2. 料金プランを選択し、必要事項などを入力する
  3. お届け先に商品(端末、SIMカードなど)が配送される
  4. 端末にSIMカードを挿入し、初期設定をする

本人確認書類は写真、スキャンなど画像をアップロードするだけ。
全ての手続きを自分で行う必要がありますが、案内があるので意外と簡単です。

キャリアショップでの待ち時間もないので、31日に手続きしたい方にはぴったりでしょう。

4まとめ

今回はMNPの手続きを31日した方がいい理由と注意点についてまとめてみました。

MNPの手続きを31日にすると基本料金を無駄なく利用できます。
ただし、31日はキャリアショップの混雑が予想されるので手続きに時間がかかるかも。

もし、どうしても31日に手続きしたいのなら”オンラインショップ”からがおすすめです。

ちなみに、MNPの手続き自体に不安のある方は、ぜひ「モバイルステーション」にご相談ください。
モバイルステーションではソフトバンクのお得なプランのご紹介、手続きのサポートと幅広く対応いたします。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ