携帯乗り換え(MNP)を1日にするのはもう古い!

携帯乗り換え(MNP)を1日にするのはもう古い!

携帯乗り換え(MNP)は1日がお得…。
皆さんも1度は耳にしたことがあるのでは?

確かに、携帯乗り換え(MNP)を1日にするとお得になる時代はありました
ただし、現在ではむしろ1日に携帯乗り換え(MNP)すると損になることの方が

そこで、今回は携帯乗り換え(MNP)を1日にすると損する理由についてご紹介します。
反対に、携帯乗り換え(MNP)でお得なタイミングについても触れていますので、ぜひ参考にしてください。

1携帯乗り換え(MNP)を1日にすると損をしている

携帯乗り換え(MNP)を1日にするとお得になる…、と今でも思っている方が多いのでは?
では、なぜ今では携帯乗り換え(MNP)を1日にすると損をしてしまうのか詳しくご紹介しましょう。

①1日がお得な時代もあった

冒頭で紹介した通り、確かに携帯乗り換え(MNP)を1日にするとお得な時代はありました。

というのも、昔は解約日に対しても”日割り計算”が当たり前だったためです
日割り計算とは契約日/解約日の基本料金を日割りで計算するというもの。

例えば、1月1日と1月31日に解約したとします。
1月1日だと1日分、1月31日だと31日分の基本料金が発生することに。
当然、携帯乗り換え(MNP)するのなら1日に乗り換えた方がお得だったのです。

②”日割り計算”は過去の話

解約日に対しての”日割り計算”は過去の話です。

現在、大手キャリアでは解約日に対して日割り計算を行っていません
1月31日はもちろん、1月1日に解約しても1カ月分の基本料金が発生します。

1日の方がお得なはず…、と思っている方は知らずに損しているかもしれないのです。

※ソフトバンクではプランによって”日割り計算”を採用していることがあります。

2携帯乗り換え(MNP)は月末(31日)が基本に

携帯乗り換え(MNP)を1日にするのはもう古い!

携帯乗り換え(MNP)を1日にすると損する理由はご理解いただけたと思います。
では、反対に携帯乗り換え(MNP)のタイミングとしてお得なのは何日なのでしょうか?

①携帯乗り換え(MNP)は31日がお得に

現在、携帯乗り換え(MNP)のタイミングとしてお得なのは31日です。

というのも、31日に解約すれば基本料金(1カ月分)のサービスをしっかり使ったということに
1日に解約して余分な基本料金を支払った…、という損してしまうのを回避できます。

その上、契約日に関しては”日割り計算”が適応されます。

つまり、31日に契約すれば当月の基本料金は1日分のみということに。
少なくとも”基本料金”に関して、携帯乗り換え(MNP)は31日がお得と言えます。

②キャリアによっては”初月無料”に

また、キャリアによっては31日(月末)の契約を”初月無料”にしてくれることが。
31日なので初月(契約月)は無料にしておきます…、と配慮してくれることがあるのです。

ちなみに、初月無料になりやすいのは”格安SIM”
基本料金自体も抑えめなので、少しでも維持費を安くしたい方にはおすすめです。

ただし、あくまで販売員の裁量なので、必ず初月無料になるとは言えません。
まずは31日に携帯乗り換え(MNP)の手続きをし、余分な基本料金を抑えましょう。

3まとめ

今回は、携帯乗り換え(MNP)を1日にすると損する理由についてまとめてみました。

携帯乗り換え(MNP)を1日にしても1カ月分の基本料金が発生することに
31日までしっかり利用してから、携帯乗り換え(MNP)した方が基本料金としてはお得です。

ただし、端末が壊れたから今すぐ…、という方もいると思います。
携帯乗り換え(MNP)の理由、自身のスケジュールを確認してベストな日取りを決めるのが良いでしょう

ちなみに、携帯乗り換え(MNP)の手続きに不安のある方は、ぜひ「モバイルステーション」にご相談ください。モバイルステーションでは携帯乗り換え(MNP)の手続きのサポート、お得なプランのご紹介をしています。

特に、モバイルステーションは”ソフトバンク 取扱店”なので、ソフトバンクに関するプラン・サービスが豊富です。また、ソフトバンクへの携帯乗り換え(MNP)がよりお得になる”高額特典バック”もご用意しています。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ