EDIONやビックカメラの家電量販店で携帯乗り換え!そのメリットは?

EDIONやビックカメラの家電量販店で携帯乗り換え!そのメリットは?

エディオンやビックカメラなどの家電量販店に行ったとき、店に入ればまず携帯電話の販売コーナーがあります。
そこで機種の購入に合わせて携帯乗り換え(MNP)の申し込みもできれば効率的ですよね。

ということで今回は、EDIONやビックカメラの家電量販店で携帯乗り換えについてご紹介します。

まずEDIONやビックカメラといった家電量販店で携帯乗り換え(MNP)の新規申し込みは可能。
基本的に直営店(キャリアショップ)と同じ手続きで進めていきますが新規申し込みのみに限られます。MNP予約番号までは発行してくれません。

ここからは家電量販店で携帯乗り換え(MNP)する手順やメリット・デメリットについてお話していきます。

1.携帯乗り換え(MNP)は家電量販店でも可能!手順は直営店とほぼ同じ

携帯乗り換え(MNP)は家電量販店でも可能!手順は直営店とほぼ同じ
色々な電化製品を購入するときに便利な家電量販店ですが実に色々な店舗があります。

その家電量販店に来店すると入ってすぐ携帯電話の販売コーナーがありますよね。ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアはもちろん、最近では格安SIMも取り扱われています。

基本的に家電量販店は大手キャリアやMVNOなどの通信会社から販売代理店として「委託」を受けて販売しています。
そのため新規契約や機種変更はもちろん携帯乗り換え(MNP)の新規申し込みもできるのです。ただし家電量販店では新規申し込みに限られMNP予約番号は発行してくれません。

主な家電量販店を挙げてみると、

  • EDION(エディオン)
  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ベスト電器
  • コジマ
  • ケーズデンキ
  • ノジマ
  • Joshin(ジョーシン)

有名な店舗が多いので知っている方は多いでしょう。

その店舗内で販売されているキャリアやMVNOの機種はそれぞれの通信会社から委託を受けて販売しているので、新規申し込みや携帯乗り換え(MNP)の申し込みができます。

ただし取り扱っている通信会社は店舗によって違いがあるので、家電量販店で携帯乗り換え(MNP)する際はお目当てのキャリアの機種を販売しているのかの確認は必要です。

家電量販店で携帯乗り換え(MNP)する手順

家電量販店で携帯乗り換え(MNP)する手順は従来の手続きとほとんど変わりません。

手順➀ MNP予約番号を取得する
まず携帯乗り換え(MNP)ではMNP予約番号を取得しますが、先程説明した通り家電量販店では取得できません。
MNP予約番号は大手キャリアの直営店に出向くかMNP専用窓口に電話して取得する必要があります。

その際、直営店での取得は待ち時間があるので大手キャリアでは一般的に電話での取得が一番早い方法になります。
大手キャリアのMNP専用窓口は以下の通りです。

◆ドコモ:ドコモ インフォメーションセンター
ドコモ携帯電話から:(局番なし)151(無料通話)
一般電話から:0120-800-000(無料通話)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆au:au MNP専用の携帯電話番号ポータビリティ受付窓口
au携帯電話/一般電話共通:0700-75470(無料通話)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆ソフトバンク:ソフトバンク 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口
ソフトバンク携帯:*5533(無料通話)
一般電話:0800-100-5533(無料通話)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

手順➁ 家電量販店のカウンターで新規申し込みを行う
MNP予約番号には取得日を含めて15日間という有効期限が設定されているので、早めにお近く家電量販店で新規申し込みを行います。もちろん来店する量販店で取り扱っている通信会社のみがMNP契約が可能なので注意が必要です。

その際、直営店で契約するときのように必要なものがあります。
大手キャリア共通で以下のものは必ず必要になるので忘れずに持って行きましょう。

➀MNP予約番号(15日の有効期限を過ぎていないもの)
➁契約者の本人確認書類(コピーは不可)
・運転免許証/パスポート/マイナンバーカード(個人番号カード)
・健康保険証+補助書類(光熱費の領収書など)
・住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
➂毎月の支払い手続きに必要なもの
・契約者本人の「クレジットカード」または「キャッシュカード」
・預金通帳とお届け印

以上のように、基本はMNP予約番号を取得して15日以内に必要なものを持って家電量販店のカウンターで新規申し込みすれば携帯乗り換え(MNP)は完了です。

2.家電量販店で携帯乗り換え(MNP)するメリット・デメリット

家電量販店で携帯乗り換え(MNP)するメリット・デメリット
家電量販店で携帯乗り換え(MNP)の新規申し込みをするメリットはあるのか?と気になる方もいると思いますが、直営店での手続きにはないメリット・デメリットがあります。

家電量販店で携帯乗り換え(MNP)するメリット

家電量販店で新規申し込みをするメリットとして以下の3つのポイントが挙げられます。

➀色々なキャリアの機種を手に取って見られる
家電量販店では、色々な通信会社の端末を取り扱っているので、それぞれの会社の機種を手に取って見比べてから選ぶことができます。大きな量販店ならドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアの最新機種が取り揃えられています。

直営店で携帯乗り換え(MNP)する際は当然そのキャリアの機種から選びます。それが家電量販店なら3キャリアの機種を手に取って選べるので、ユーザーにとっては大きなメリットですよね。

➁店舗独自の特典(ポイント)がもらえる
ほとんどの家電量販店では製品の購入金額に合わせて、独自のポイントが付与されるサービスを行っています。
家電量販店によって付与されるポイント数はもちろん違いますが、スマホやiPhoneの購入代金に対してのポイントが付与されれば嬉しいですよね。

➂周辺機器が充実している
家電量販店ではスマホの本体だけではなく、カバーやアクセサリーなどの周辺機器も豊富に取り揃えられています。
購入した本体の周辺機器も一緒に購入できるので効率はいいですよね。

このように家電量販店ならではのメリットがあり、特に色々な機種を見比べて選びたいという方は家電量販店での携帯乗り換え(MNP)が最適ではないでしょうか。

家電量販店で携帯乗り換え(MNP)するデメリット

逆に家電量販店で携帯乗り換え(MNP)するデメリットとして以下の2つのポイントが挙げられます。

➀故障したときなどのアフターサービスは行っていない
家電量販店はあくまで委託されて販売を行っているだけなので、故障したときの修理などのアフターサービスは一切行っていません。またプラン変更など契約内容の変更や解約などの手続きも基本的にしてくれません。

そのため故障などのトラブルが発生したときの対応やプラン変更・解約といった手続きは直営店に依頼する必要があります。

➁手続きに時間がかかる
家電量販店で携帯乗り換え(MNP)の新規申し込みをした場合、手続きは全てキャリア側で行うので直営店で申し込みするときよりも開通までの時間が長くなってしまいます。

直営店では契約に問題なければ30分程度で開通手続きは完了しますが、家電量販店では1時間~2時間必要になるケースがあります。

このように家電量販店はあくまで販売を専門に行っているので、アフターサービスや契約変更や解約といって手続きは基本的にできないということは理解しておきましょう。

3.まとめ

携帯乗り換え(MNP)はエディオンやビックカメラといった家電量販店でも新規申し込みができます。

家電量販店では色々なキャリアの機種が手に取って比べられ、周辺機器が豊富に揃っているなどならではのメリットがあります。また、それぞれポイントサービスを行っているので、キャッシュバックは期待できないもののポイントは余計にもらえたりします。

しかし基本は販売を専門にしているので、アフターサービスや契約変更や解約の手続きはできないことは覚えておきましょう。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバタウン限定 新型スマホ11・Pro予約受付中
携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MobaTown

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
ご相談はコチラ
ページ上部へ
bellface