MNP(携帯乗り換え)とは?今更聞けないMNPのメリットと手順

MNPとは?今更聞けないMNPのメリットと手順

今ではお馴染みとなった「MNP」
既に何度かMNPを経験された方も多いのではないでしょうか?

2006年にMNP制度が導入されて以降、格安SIMなどの新規参入もあり、キャリア間で一人でも多くの顧客を確保するため、熾烈なシェア争いが起こっています。

そんな状況でも、中には「MNPって何?」という方もおられるのでは?
ということで今回は、今更ですが、MNPとは?そのメリットや手順について簡単にご説明いたします。

1MNPとは?

MNPとは、Mobile Number Portability(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)のそれぞれの頭文字を取って「MNP」。
ちなみに、「ナンバーポータビリティ」、「番号ポータビリティ」という名で呼ばれることもあります。

Mobile Numberは、「携帯電話番号」
Portabilityは、「携帯できること。持ち運びができること。」
つまり、携帯電話番号をそのまま他の携帯電話会社に持ち運びができる制度となります。

MNP制度は2006年10月にスタート。
それ以前は、携帯電話会社を変えようとすれば、電話番号も変えなければならず、乗り換えには手間がかかっていました。
それが、MNP制度の導入によって、電話番号を変えずに違う携帯会社に乗り換えられるようになり、今では手軽に携帯の乗り換えが行われるようになっています。

2MNPの手順と必要な費用を簡単解説

MNP制度が導入されて10年以上が経過しているので、経験済みの方も多いかと思いますが、手順について簡単にご説明いたします。

MNPの手順といっても、
現在契約している携帯電話会社でMNP予約番号を取得する
新たに契約する携帯電話会社でMNP契約を結ぶ
と、この2工程で手続きは完了します。

➀MNP予約番号を取得する

MNPをする際、最初に行う手続きが「MNP予約番号」の取得です。
取得方法は、

  • 電話
  • キャリアショップ
  • インターネット

といった方法で取得できますが、電話での取得が待ち時間もなく、MNPについての説明もしっかり聞けるのでおすすめです。

各キャリアの受付窓口は次のようになります。

ドコモ(インフォメーションセンター)

ドコモ携帯電話:151(無料)
一般電話など:0120-800-000(無料)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

au(携帯電話番号ポータビリティ受付窓口)

au携帯電話、一般電話共通:0077-75470(無料)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

ソフトバンク(携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口)

ソフトバンク携帯電話:*5533(無料)
一般電話:0800-100-5533(無料)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

電話が混雑していなければ、解約時の説明などを含めても10分~15分程度でMNP予約番号が取得できます。

ただし、そのMNP予約番号には取得日を含めて15日間という有効期限があるので、期間内に新たに契約する携帯電話会社で新規契約を結ぶ必要があります。

15日を過ぎると自動的に無効になってしまうので、注意しておきましょう。

➁移転先の携帯電話会社でMNP契約を結ぶ

MNP予約番号を取得して15日以内に新しい携帯電話会社で新規契約の手続きを行いますが、

  1. 店舗(キャリアショップなど)
  2. キャリア公式オンラインショップ

と、どちらでも機種の購入に合わせて、MNP契約の手続きができます。

➀店舗(キャリアショップなど)

店舗といっても、キャリアショップだけでなく、Web販売店、家電量販店などでもMNP契約ができます。

中でもおすすめはWeb販売店。
以前ほど盛んに行われていませんが、MNP契約すると様々な特典を用意している販売店が多いのがWeb販売店になります。

そこで、ソフトバンクへのMNPなら「モバイルステーション」をご覧になってはいかがですか?
事前にご連絡いただければ業界最短30分で手続きが完了し、ソフトバンクにMNPが完了したその日に特典バックをお渡ししています。ソフトバンクへのMNPをお考えの方は、ぜひ一度覗いていただくことをおすすめします。

次に、店舗でMNP契約する際、以下のものは必要になります。
◆必要なもの

  1. MNP予約番号(有効期限(15日間)を過ぎていないもの)
  2. 印鑑(auは印鑑、ドコモはサインでOK、ソフトバンクは印鑑・サインどちらでもOK)
  3. 契約者の本人確認書類
  4. 運転免許証/日本国パスポート/マイナンバーカード(個人番号カード)など

  5. 毎月の支払い手続きに必要なもの
  6.  ・クレジット払い:契約者本人名義のクレジットカード
     ・口座振替:契約者本人のキャッシュカードor預金通帳とお届け印

➁キャリア公式オンラインショップ

こちらは、キャリア公式になりますが、

  • docomo Online Shop
  • au Online Shop
  • SoftBank Online Shop

それぞれのオンラインショップで機種の購入に合わせて、MNP契約もできます。

詳しい操作方法については、「ネットで手続きが便利!MNPオンライン手続き方法を簡単解説(内部リンク)」でご紹介していますので、ご利用になる方はそちらでご確認をお願いします。

MNPで必要な費用

MNPの一連の手続きの中で、以下の費用は誰もが必要になります。

◆MNP転出手数料
ドコモ:2,000円(税抜)
au・ソフトバンク:3,000円(税抜)

◆MNP新規契約手数料
キャリア共通:3,000円(税抜)

  1. ドコモから転出して、他のキャリアに転入する場合は、5,000円(税抜)
  2. au・ソフトバンクから転出して、他のキャリアに転入する場合は、6,000円(税抜)

この費用は必須。
ただし、転出料は最終の請求に、新規手数料は最初の請求にそれぞれ合算されます。

以上、MNPの手順と費用を簡単にご紹介しましたが、MNP自体は簡単な手続きが完了します。
手順の流れを理解していれば、半日程度が終わらせることも可能です。

3MNPはメリットが豊富!

MNPとは?今更聞けないMNPのメリットと手順

MNPのメリットといえば、何といっても電話番号を変えずに携帯電話会社が乗り換えられること

制度が導入される以前は、携帯電話会社を変えると電話番号まで変わってしまっていたので、連絡先を交換していた相手にいちいち連絡する手間や労力がかかっていました。それが、MNP制度の導入によって、電話番号がそのままなので手軽に乗り換えができるようになったのです。

ただし、乗り換えられるのは電話番号のみ
注意点として、今まで利用していたメールアドレスや月額課金の有料コンテンツなどは引き継げないことは理解しておきましょう。

次の大きなメリットとしては、MNPを対象にしたキャンペーンが充実していること
ソフトバンクを例にご紹介すると、非常にお得なキャンペーンが行われており、簡単にご紹介いたします。

スマホデビュー割

新規契約や他社からのMNP(のりかえ)などで、初めてソフトバンクのスマホ・iPhoneを購入した方が対象。

  • 料金プランを「スマ放題/スマ放題ライト」、「ホワイトプラン」いずれかに加入
  • データ定額サービスまたはパケット定額サービス(フラット型)に加入

以上の通常プランに加入するだけで、毎月の通信料金から2,420円割引になり、さらに機種変更するまでずっと割引になる、とてもお得なキャンペーン内容になっています。

ガラケー通話し放題割

他社のガラケー(通常型ケータイ)から、ソフトバンクの3G・4GケータイへMNP(のりかえ)した方が対象。

  • 新スーパーボーナス契約(3年割賦/一括)で購入
  • 「スマ放題」の「通話定額基本料(ケータイ)」に加入

これだけの条件で、通話定額基本料(ケータイ)の基本料が3年間1,000円割引!

さらに、国内通話が24時間誰とでもかけ放題。
端末代を新スーパーボーナス契約で購入すれば「月月割」が適用され、実質0円で購入が可能。
端末を一括購入しても月月割は適用されるので、驚きの金額で3年間維持できます。

このように、ソフトバンクのキャンペーンを利用すれば、お得なMNPが可能なのです。

4まとめ

今回は、MNPについて色々説明しましたが、既によくご存じの方も多いですよね。
MNPの特徴でもあり大きなメリットは、電話番号を変えずに携帯電話会社が乗り換えられることです。

その他にも、シェア拡大のために様々なMNPを対象にしたキャンペーンや割引サービスが行われているので、新規契約や機種変更よりもお得な利用が可能になります。

そこで、ソフトバンクへのMNP(のりかえ)のことなら「モバイルステーション」にお任せ!
ご紹介したキャンペーンのご案内はもちろん、お客さま一人一人に合った料金プランのご提案もさせて頂きます。
もし、乗り換え店舗でお悩みの方がおられましたら、ぜひ一度覗いていただくことをおすすめします。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ