MNPするとメールアドレスの変更は必須!?その対策とは?

MNPするとメールアドレスは変更!その対策とは?

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)。携帯電話番号を持ち運びできる制度ですが、言い換えれば、契約している携帯電話会社を乗り換えることです。

そこで、MNPのデメリットとして挙げられるのが、今まで利用していたメールアドレスが変更になること
プライベートはもちろん仕事で使用していた方は、アドレスが変更になれば、相手にその旨を伝える必要があり、とても面倒ですよね。

また、iPhoneをお使いの方は、誰でもApple IDを取得しているはずですが、キャリアのメールアドレスに設定している方は注意が必要。ということで今回は、MNPでメールアドレスが変更になるときの対策法やApple IDの設定方法などご説明いたします。

1MNPするとメールアドレスは変更!その対策法とは?

MNPは、電話番号はそのまま乗り換えられますが、乗り換えられるのは電話番号のみ
つまり、移転元の携帯キャリアで利用していた割引サービスやポイントはすべて無効になります。

その中の一つ、キャリアのメールアドレス、いわゆる「キャリアメール」もMNPすれば移転元のアドレスは使えなくなります

ドコモ、au、ソフトバンクでは、それぞれ以下のようなアドレスを利用しています。
ドコモ:◯◯◯@docomo.ne.jp
au:◯◯◯@ezweb.ne.jp
ソフトバンク:◯◯◯@softbank.ne.jp

例えば、ドコモからソフトバンクにMNPすると、「◯◯◯@docomo.ne.jp」→「◯◯◯@softbank.ne.jp」に変更になるわけです。

キャリアメールが変更になるときの対策法

MNPするとキャリアメールが変更になることは、今では周知の事実なので、既に対策を行っている方も多いのでは?

その対策法としては、ズバリ「キャリアメールを使わないこと」。キャリアメールを使わずに、他のメールアドレスで代用するというものです。

キャリアメールの代わりにGmailを利用する

その代表的なものが「Gmail」。Googleが提供しているフリーメールサービスになります。
特徴は、Gmailの利用者数は4億人以上、メールの保存容量は15GB。当然、フリーメールなので利用料金は無料です。

Android端末をお使いの方は、Googleのアカウントは必ず取得するので、誰でも簡単に利用できます。
もちろんiPhoneでもアカウントを取得できるので、キャリアメールを使うずにGmailを利用している方は多いといいます。
また、ガラケーでもGmailのアカウントを取得でき、OSや端末に関係なく送受信が可能。

GmailならMNPしたときでも、端末が変わるだけでアカウントはそのまま利用できるメリットがあります。

アカウントを持っていない方も、簡単に取得可能。
インターネットから「Googleアカウントの作成」にアクセスして、表示画面内の以下の項目に入力します。

  • 氏名
  • 希望メールアドレス
  • パスワード
  • 生年月日
  • 性別
  • 携帯番号

入力後、「次のステップ」を選択して、あとは手順に沿って操作していけば簡単にアカウントが取得できます。

キャリアメールの代わりにLINEを利用する

今では誰でも利用している無料通信アプリ「LINE」。メールアドレスの代わりにLINEを利用している方は多いのではないでしょうか。

しかし、スマホやiPhoneを利用していること、さらにLINEを利用していることが大前提。仕事でメールを利用している方も、LINEでのやり取りは難しいので、Gmailと併用して利用すると便利になりますよね。

以上のように、『MNPすればキャリアメールは変更になる』ということは分かっているので、それに代わるものを利用する方法がベストではないでしょうか。

2Apple IDがキャリアメールの方は変更が必要

MNPするとメールアドレスは変更!その対策とは?

iPhoneをお使いの方は、まずApple IDを取得しているはず。
その際、キャリアメールで設定している方は、MNPする前に変更が必要

現在の最新端末では、Apple ID の末尾は@icloud.com、@me.com、または@mac.comになり、変更する必要はありません。しかし、キャリアメールに設定してある方は変更しておかなければ、Appleに関係するサービスが全て使用できなくなってしまいます。

理由は単純で、前項でもご紹介した通り、MNPでキャリアを乗り換えれば、キャリアメールも変更になってしまうからです。

Apple IDの変更方法

Apple IDを変更する準備として、今利用しているサービスやアプリをすべてサインアウトしておきます。
サインアウンせずに変更してしまうと、変更前のIDがそのままの状態になり、MNPしてから利用するとき再設定が必要になるからです。

主に以下のサービス・アプリはサインアウトしておきましょう。

  • iCloud
  • App Store
  • iTunes Store
  • iPhoneを探す
  • FaceTime
  • iMessage

また、変更するメールアドレスが必要。こちらは前項でご紹介した「Gmail」のアカウントを取得しておく必要があります。

サインアウトとGmailの準備が整ったら、実際にApple IDを変更していきます。操作方法は以下の通り。

  1. パソコンかスマホから、「Apple ID」にアクセスしてログイン
  2. 「アカウント」画面→右上端の「編集」を選択
  3. 編集画面が表示→現在のApple IDの下「メールアドレスを編集…」を選択
  4. 「Apple IDとして使用する新しいメールアドレスを入力してください。」と表示
  5. 取得したGmailのメールアドレスを入力して、「続ける」を選択

  6. 新しく設定したメールアドレス宛に「確認コード」が届きます
  7. ➃で入力したメールアドレスのすぐ下に確認コードを入力して、「確認」を選択
    これで、変更は完了です。

  8. 新しいApple IDで、先程サインアウトしたAppleのすべてのサービスにサインイン

以上の操作をしておけば、MNPで新しいiPhoneを利用しても、スムーズにApple IDの引き継ぎかできるので、キャリアメールに設定している方は事前にチェックしておきましょう。

3まとめ

MNPするとき、すべての情報が新しい携帯キャリアに乗り換えられると考えている方が稀にいますが、「電話番号のみ」ということはしっかり理解しておく必要があります。

キャリアメールはそれぞれの会社独自のアドレスなので、MNPで会社が変われば、当然メールアドレスも変わります。そこで、その対策法として「キャリアメールを使わずにGmailなどのフリーメールを使う」というものです。

また、iPhoneのApple IDをキャリアメールに設定している方も、Gmailなどに変更しておく必要があります。
MNPで乗り換えられるのは「電話番号のみ」なので、その点はしっかり認識しておきたいですね。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ