バルミューダスマホ「BALMUDA Phone」は買うべき?スペック・評価・レビュー

バルミューダ初5Gスマホ「BALMUDA Phone」登場!スペック・評価・レビュー

高級家電を手掛けるバルミューダの新ブランド「BALMUDA Technologies」より、この度スマホが初登場!

それがコンパクトかつエレガントなボディにバルミューダのこだわりを詰め込んだ、「BALMUDA Phone」です。

小型の丸みを帯びた独特なデザインで今注目を集めていますが、肝心のスペックはどうなのか気になるところ。

そこで今回は、BALMUDA Phoneのスペックを解説した上で、最新評価・レビュー・口コミをご紹介します。

BALMUDA Phoneを買うべきかお悩みの方最安で購入する方法が知りたい方は最後まで必見です。

目次

  1. バルミューダスマホ「BALMUDA Phone」の基本スペック早見表・製品仕様
  2. 持ちやすさと形状にこだわったコンパクトかつエレガントなデザイン

    1. 【デザイン】曲線だけで構成されたエレガントなフォルム。自然と手に馴染む
    2. 【サイズ・重量】小型・軽量の手のひらサイズを実現!持ちやすさが最大の魅力
    3. 【材質・質感】背面はざらつきのある特殊仕上げで経年変化を楽しめる
    4. 【ディスプレイ】4.9インチの高精細ディスプレイ搭載で画面が見やすい
  3. BALMUDA Phone独自の基本アプリを搭載。スマホ体験をより快適に

    1. 【ホーム画面】スワイプやタップなどの直感的な操作でノールックで機能へアクセス
    2. 【スケジュール】自由自在な操作感と広い表示範囲でシームレスに予定を確認できる
    3. 【メモ】色付けや場所の移動が可能、直感的な操作でメモがすぐに見つかる
    4. 【カメラ】香りや熱さなどのシズル感も表現することのできる「料理モード」も
    5. 【計算機】3桁カンマ・漢字表示の切り替えや為替計算ができる大人のための計算機
    6. 【時計】目覚ましからストップウォッチまで全てを見やすく、使いやすく改良
  4. ホーム画面はパーソナライズが可能で使う人の個性を表現できる
  5. BALMUDA Phoneは買うべき?最新評価・レビューと実際の口コミ

    1. 中身はミドルレンジ級。基本スペックだけ見ると10万円超えは明らかに高額
    2. なぜBALMUDA Phoneは高い?その理由は高額なソフトウェア開発費にあった
    3. BALMUDA Phoneは買うべき?万人受けは難しいがニッチなファンやマニアに
    4. BALMUDA Phoneの口コミから実際の意見・使用感をチェック
  6. まとめ:BALMUDA Phoneはコンパクトで個性が光るスマホが欲しい方におすすめ
  7. ソフトバンクでBALMUDA Phoneを買うなら高額キャッシュバックの「モバシティ」へ

1バルミューダスマホ「BALMUDA Phone」の基本スペック早見表・製品仕様

バルミューダスマホ「BALMUDA Phone」のスペック・製品仕様を徹底解説

新ブランドの第一弾製品としてバルミューダが初めて手掛けた、「BALMUDA Phone(バルミューダフォン)」

2021年11月26日(金)より発売が開始され、国内の通信事業者としてはソフトバンクから独占販売されます。

それではまずはじめに基本スペックや製品仕様をご紹介した上で、特徴について詳しく解説していきます。

「BALMUDA Phone」の基本スペック
カラー BALMUDA Phoneの画像ブラック/ホワイト
価格 SIMフリーモデル:104,800円
ソフトバンク:143,280円
(新トクするサポート適用で71,640円)
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約69×123×13.7mm
重さ 約138g
ディスプレイ 約4.9インチ/フルHD (1920×1080ドット、454(H)x449(V)ppi)
OS Android™ 11
CPU Qualcomm® Snapdragon™765
(2.3GHz/1コア+2.2GHz/1コア+1.8GHz/6コア)
メモリ RAM 6GB/ROM 128GB
バッテリー容量 2,500mAh
充電方式 USB PD3.0/ワイヤレス充電対応
充電時間 約90分(純正アダプターおよびUSBケーブル使用時)
カメラ 背面:約4,800万画素(最大記録画素数1,200万画素)、F値1.8
前面:約800万画素、F値2.0
外部接続 Wi-Fi®:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth®:Ver.5.2
外部デバイス:USB Type-C™
対応バンド 5G:n3/n28/n77/n78
LTE:Band 1/2/3/4/8/12/17/18/19/28/41/42
3G:Band 1/2/4/5/8
GSM:850/900/1,800/1,900MHz
生体認証 指紋
防水・防塵 IPX4(生活防水)・IP4X

▼BALMUDA Phoneの製品仕様

BALMUDA Phoneの製品仕様

BALMUDA Phoneの製品仕様

2持ちやすさと形状にこだわったコンパクトかつエレガントなデザイン

持ちやすさと形状にこだわったコンパクトかつエレガントなデザイン

BALMUDA Phoneの最大の特徴は、持ちやすいサイズや形状を考えたこだわりのデザインです。

画面は見るものなので大きい方が便利であるのと同時に、手に持って使うスマホは持ちやすいサイズ感も重要

そこでバルミューダはスマホに対して「持ちやすさ」に価値を見出し、自然な大きさを追求しました。

【デザイン】曲線だけで構成されたエレガントなフォルム。自然と手に馴染む

自然に手に馴染む持ちやすい形状を目指し、『曲線だけ』でデザインされたBALMUDA Phone。

背面はもちろん、正面から見た形状やディスプレイさえも一切直線を含まない唯一のスマートフォンとなります。

心地よく手に馴染む新感覚のハンドフィット感はもちろん、曲線だけで構成された美しいフォルムも大きな魅力です。

【サイズ・重量】小型・軽量の手のひらサイズを実現!持ちやすさが最大の魅力

さらに小型・軽量に設計されており、サイズは5G対応スマホでは最小級の約69×123×13.7mm、重量は約138g

小型スマホを代表してiPhone 13 miniと比較すると、縦幅がコンパクト、重量は軽く、まさに自然な持ちやすさです。

またコンパクトかつ軽いボディを実現しながらも、ワイヤレス充電おサイフケータイも搭載しています。

サイズ(幅×高さ×厚さ) 重量
BALMUDA Phone 約69×123×13.7mm 約138g
iPhone 13 mini 約64.2×131.5×7.65mm 約140g

【材質・質感】背面はざらつきのある特殊仕上げで経年変化を楽しめる

BALMUDA Phoneの背面パネルの材質は、マットとはまた違ったややざらつきのある独特の感触

これは革製品のように使えば使うほど味わい深くなる、経年変化を楽しめる特殊な仕上げによるものです。

手に馴染む材質に高級感あふれる質感、使うほど愛着が湧く特殊仕上げで、『長く使いたい』と思えるスマホです。

【ディスプレイ】4.9インチの高精細ディスプレイ搭載で画面が見やすい

さらにBALMUDA Phoneのディスプレイサイズは、毎日使うスマホの自然な大きさを考えて4.9インチに。

また1,920×1,080解像度のフルHD表示に対応し、高精細かつなめらかな画面表示・映像描写を楽しめます。

高精細ディスプレイを搭載したコンパクトなボディで、使いやすさ・持ちやすさ・見やすさを両立したモデルです。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

3BALMUDA Phone独自の基本アプリを搭載。スマホ体験をより快適に

BALMUDA Phone独自の基本アプリを搭載。スマホ体験をより快適に

使いやすいホーム画面にシームレスに扱えるスケジューラやメモ、料理を美味しそうに撮影するカメラなど。

バルミューダは日常的に使う機能を独自開発し、少しずつ、しかし全てにおいて使いやすさを追求しました。

こだわり抜いた基本アプリを利用できるのはBALMUDA Phoneだけで、より快適なスマホ体験を実現します。

【ホーム画面】スワイプやタップなどの直感的な操作でノールックで機能へアクセス

BALMUDA Phone のホーム画面の動画(BALMUDA公式ホームページより引用)

BALMUDA Phoneでは、スワイプやタップといった直感的な操作でさまざまな機能を呼び出すことができます。

2本のストライプには自分だけのコマンドを作成でき、なぞるようにスワイプするだけでよく使う機能をすぐに起動。

操作に慣れると、本体を手に取ってからノールックで必要な機能を呼び出して使うことも可能です。

【スケジュール】自由自在な操作感と広い表示範囲でシームレスに予定を確認できる

BALMUDA Phone のスケジューラーの動画(BALMUDA公式ホームページより引用)

スマホでもスケジュールをより良く簡単に把握するために生まれたのが、バルミューダのスケジューラ。

ピンチ操作で1日から数日、1週間、1ヶ月、1年まで、その表示範囲を自由自在に伸縮してスムーズに確認できます。

また天気や気温も表示されるので、予定の管理はもちろん先のスケジュールを立てる際にも非常に便利です。

【メモ】色付けや場所の移動が可能、直感的な操作でメモがすぐに見つかる

BALMUDA Phone のメモの動画(BALMUDA公式ホームページより引用)

BALMUDA Phoneのメモアプリは直感的な操作が自慢で、ちょっとしたメモをはじめToDoリストなどにも最適。

無限のトレイの中でメモの色付けや場所の移動ができ、メモの位置を視覚的に覚えることが可能です。

またトレイは自在に拡大・縮小できるため、目的のメモを素早く探し出して内容を確認するのも手間がかかりません。

【カメラ】香りや熱さなどのシズル感も表現することのできる「料理モード」も

BALMUDA Phone のカメラの動画(BALMUDA公式ホームページより引用)

BALMUDA Phoneのカメラは、調理家電を手掛ける撮影チームのノウハウを活かした独自の「料理モード」を搭載。

料理モードでは料理を美味しそうに写せるのはもちろん、なんと香りや熱さなどのシズル感まで表現できます。

また約4,800万画素で簡単に綺麗な写真を撮影可能、普段から使える人物、夜景、ムービーモードも用意しています。

【計算機】3桁カンマ・漢字表示の切り替えや為替計算ができる大人のための計算機

BALMUDA Phone の計算機の動画(BALMUDA公式ホームページより引用)

バルミューダの計算機では、ワンタッチで簡単に3桁カンマ表示と漢字表示の切り替えが可能。

またアプリ上で途中の計算履歴も表示できるので、入力間違いがないかなども一目で確認できます。

さらに為替モードをオンにして通貨を2つ選べば、瞬時に現在のレートでの為替計算ができ海外旅行にも便利です。

【時計】目覚ましからストップウォッチまで全てを見やすく、使いやすく改良

【時計】目覚ましからストップウォッチまで全てを見やすく、使いやすく改良

カウントダウンからストップウォッチ、目覚ましまで、全てを少しずつ使いやすく見やすく改良した時計アプリ。

通常モードではダイバーズウォッチのように回転ベゼルが表示されるので、手軽に経過時間を把握できます。

また全てのウォッチアプリはホーム画面上でも利用でき、使いたい機能をシームレスに呼び出すことが可能です。

4ホーム画面はパーソナライズが可能で使う人の個性を表現できる

ホーム画面はパーソナライズが可能で使う人の個性を表現できる

「自分ならではのデバイスを持ちたい」、そんな考えからバルミューダが最もこだわったのが「ホーム画面」です。

ホーム画面では背景色はもちろん、2色のパーソナルストライプシグネチャー(署名)を自由に設定することが可能。

好きな色を選んで自分のイニシャルや名前を乗せたら、個性を最大限に表現した自分だけのスマホの完成です。

BALMUDA Phoneのホーム画面パーソナライズの画像(デザインを細かく設定できるホームアプリ。背景やストライプの色を細かく変えたり、好きな英数字を自由に入れられる。)

5BALMUDA Phoneは買うべき?最新評価・レビューと実際の口コミ

BALMUDA Phoneの最新評価・レビュー!実際の口コミをご紹介

コンパクトなサイズ感に独自の基本アプリ、自分らしくカスタムできるホーム画面で注目の『BALMUDA Phone』

しかしその反面、「ミドルレンジ級のスペックなのに10万円以上は高すぎる」との不評な意見も見受けられます。

そこで続いては、性能面から考える評価・レビューと、ネット上での発売前の口コミを見ていきましょう。

中身はミドルレンジ級。基本スペックだけ見ると10万円超えは明らかに高額

はじめに、BALMUDA Phoneの基本スペックから注目ポイントを挙げると次のとおり(スペック早見表はこちら)。

  1. チップセットは2019年製の「Snapdragon 765」
  2. メモリ(RAM)は月並みの容量の「6GB」
  3. バッテリー容量はiPhone5と同等の「2,500mAh」
  4. 防水性能は“生活防水”レベルの「IPX4」
  5. カメラは高画素だが撮影シーンが限られる「シングルカメラ」

以上より性能だけ見ると2年前のミドルレンジスマホ程度にも関わらず、10万4800円と強気な価格設定。

実際のところ、この性能クラスのスマートフォンであれば、3万~4万円台から手に入れることもできます。

また最新性能のスマホでもiPhone 138万6800円~Google Pixel 67万4800円~で、明らかに割高です。

なぜBALMUDA Phoneは高い?その理由は高額なソフトウェア開発費にあった

ではなぜ基本性能は決して高いわけではないのに、フラッグシップモデル並みの価格なのでしょうか。

その大きな理由としては、BALMUDA Phoneの大きな特徴である基本アプリの独自開発にコストがかかったから。

コストをかけてまでも、日常的に使う機能にこだわりとオリジナリティーを追求したからこそ割高になっています。

BALMUDA Phoneは買うべき?万人受けは難しいがニッチなファンやマニアに

バルミューダの唯一無二のスマホとはいえ、中価格帯級の性能では10万円の価値を見出せない方も多いはず。

実際にコスパ重視の方には向いていませんし、万人受けは厳しいニッチなスマホだと言っても過言ではありません。

BALMUDA Phoneの魅力は、日々使うものだからこその「使い心地の良さ」と個性を演出できる「オリジナル性」

スペックでは表すことのできない、バルミューダならではの大きな価値があるのは紛れもない事実です。

性能や価格よりもユーザビリティや独自性も重視する方は、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

BALMUDA Phoneの口コミから実際の意見・使用感をチェック

それでは最後に、BALMUDA Phoneの口コミからリアルな意見をチェックしていきましょう。

6まとめ:BALMUDA Phoneはコンパクトで個性が光るスマホが欲しい方におすすめ

今回はBALMUDA Phoneのスペックや評価・レビューをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ではここで、改めてBALMUDA Phoneをおすすめする人をまとめると次のとおりです。

  1. バルミューダのファン・マニアだ
  2. 小型・軽量なコンパクトなスマホが欲しい
  3. 唯一無二のエレガントなデザインに惹かれる
  4. BALMUDA Phoneだけの基本アプリを使ってみたい
  5. 料理をより魅力的に写すカメラが気になる
  6. 自分らしさを演出できるホーム画面が魅力的
  7. 基本スペックにこだわりはなし、普通に使えたら十分

何よりバルミューダのファンで、かつ使いやすさと独自性にこだわった唯一無二のスマホを求める方におすすめ。

基本性能に対して高額なのがネックとはいえ、『所有欲を満たすスマホ』が欲しいなら満足できでしょう。

最後に、BALMUDA Phoneを安く手に入れたい方は、ソフトバンクの正規Web代理店「モバシティ」へお問合せを!

モバシティなら、ソフトバンクだけのお得な買い替えサポート「新トクするサポート」の適用で71,640円に。

さらに現金20,000円のキャッシュバックを差し上げており、通常のショップよりもお得にご契約いただけます。

では続いて詳細をご紹介するので、少しでもお得にゲットしたい方はぜひ最後までご覧ください。

7ソフトバンクでBALMUDA Phoneを買うなら高額キャッシュバックの「モバシティ」へ

モバシティfirst-top

最後にご紹介するのが、ソフトバンクへの新規契約・乗り換え専門の正規Web代理店「モバシティ」です。

当店でBALMUDA Phoneを購入すると、現金20,000円のキャッシュバックを進呈しておりどこよりもお得です!

キャリアショップにはない特典がもらえるのは、ソフトバンクから認可を受けた『公式』『Web代理店』ならでは。

あくまでも契約先はソフトバンクなので、料金プランやキャンペーンもまったく同じで安心してご利用いただけます。

▼モバシティで乗り換えるメリット

  1. 誰でも現金20,000円がもらえる
  2. 最大13,200円の割引クーポン進呈
  3. バルミューダ公式オンラインストアで使える
    10%OFFクーポンをプレゼント
  4. あんしんWi-Fi加入でさらに2,000円還元
  5. ソフトバンクのお得な特典も(詳細はこちら
  6. 来店不要で自宅で待ち時間なく契約
  7. 頭金が不要(通常1万円支払い)
  8. 無駄な有料オプションがつかない
  9. スタッフがデータ移行もサポート
  10. イヤな営業の電話やメールもなし

高額還元でどこよりもお得な上に、オンラインで待ち時間や手間なく乗り換えが完結するのでメリットばかりです。

またウェブ手続きに不安をお持ちの方は、データ移行まで専門スタッフが丁寧にサポートするのでご安心を。

少しでも気になる方は、まずはささいなご相談やお見積りだけでもぜひお気軽にモバシティへお問合せください!

「ソフトバンクにはどんなプランがある?」「今より安くするには?」そんなご相談もスタッフ一同お待ちしております。

\モバシティの詳細はこちら!高額還元でどこよりもお得&面倒な作業なく契約できます♪/

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ13・Pro予約受付中

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

日本初が満載!期間限定の特別還元祭

ご相談無料
0120-914-126
営業時間:10:00~22:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ