運営会社|株式会社ベルテクノス会社概要

格安SIMからMNP転出はできるの?乗り換えまでの手順と注意点

「人気 格安SIM」と検索するだけ、簡単に10件以上の”格安SIM”が見つかります。
つまり、ソフトバンクやドコモ、auなど”大手キャリア”と比べても多くの料金プランから選べる訳です。

その上、”格安”と名前にある通り、基本料金は大手キャリアよりも大幅に安いという魅力が。

例えば、LINEアプリでおなじみの”LINE MOBILE”は通話もついて月額500円〜。
一部のSNSに対して、どれだけ利用しても”カウントフリー(データ量は0)”という破格のプランもあります。

皆さんの中にも、”格安”という魅力に惹かれて格安SIMを利用している方も多いのでは?

ただし、格安SIMは規模の違いによって大手キャリアほどの手厚いサービスがないもの。
どうしても、もう少しこうだと便利なのに…、と”格安”の裏に隠れていた不満が出てくるものです。

そこで、今回は格安SIMから大手キャリアへのMNP転出はできるのか?について詳しくご紹介しましょう。
また、格安SIMからMNP(乗り換え)する上での手順、注意点についてもまとめますのでぜひ参考にしてください。

1格安SIMからMNPはできるのか?

現在、格安SIMを利用している方のほとんどは、大手キャリアからMNPしてきた方のはず。
MNPとは「携帯電話ポータビリティ」のことで、電話番号を残したまま乗り換えられる制度のことです。

では、反対に格安SIMから大手キャリアへのMNPはできるのでしょうか?

格安SIMに対する不満は多い?

皆さんは格安SIMに対してどのような不満がありますか?

  • 通話料が意外と高かった
  • 回線の品質が落ちてきた
  • サポートの対応がのんびり

上記のどれかに当てはまる方がほとんどでしょう。

格安SIMは限界まで不要なサービスを排除することで”格安”を維持しています。

例えば、大手キャリアであれば当たり前の”無料通話プラン”はあまり見かけません。
大手キャリアから回線の”一部”を借りているだけなので、利用者が増えればパンクもします。

他の格安SIMに…と探すのも良いですが、やはり大手キャリアが1番安心するのも確かです。

②格安SIMからMNPはできる!
結論から申し上げると、格安SIMから大手キャリアへのMNPは可能です。

というのも、MNPの本質は”電話番号を残したまま乗り換える”ということ。
つまり、”電話番号”さえ関係していれば基本的にはどのキャリアへでもMNPできます。

ただし、データプランでのMNPはできません。

データプランはあくまで”データ通信のみ”と、電話番号を持っていないため。
もし格安SIMのデータプランを乗り換えたいのなら、大手キャリアへは”新規契約”という形です。

2格安SIMからMNPする手順

大手キャリア間でのMNPは、基本的にキャリアショップでの手続きと簡単です。
反対に、格安SIMの多くは実店舗がほとんどなく、基本的な手続きは全てネット上に。

では、格安SIMから大手キャリアへのMNPの手順をご紹介しましょう。

①格安SIMからのMNPは簡単3ステップ

格安SIMから大手キャリアへのMNPは下記の3ステップです。

  1. 格安SIMから”MNP予約番号”を取得する
  2. 大手キャリアで希望の料金プランを契約する
  3. 不要となったSIMカードを格安SIMに返却する

格安SIMごとに異なるものの、MNP予約番号はウェブ上(サイト)から取得できます。
例えば、楽天モバイルであれば”メンバーズステーション”から。

MNP予約番号が取得できたら、下記の書類などを準備して大手キャリアの窓口で手続きします。

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  • 支払い情報(通帳と銀行印、クレジットカード)

大手キャリアの窓口で契約(開通)した時点で、格安SIMとの契約は解除されます。
不要となったSIMカードは格安SIMの所有物なので、忘れずに返却(郵送)しておきましょう。

楽天モバイル
公式サイト:https://mobile.rakuten.co.jp/support/cancellation/

②MNPにかかる費用を確認しておこう!

格安SIMから大手キャリアへのMNP自体は意外と簡単です。
ただし、格安SIMからに限らず、MNP(乗り換え)には様々な費用が発生するもの。

  • MNP転出手数料(2,000円〜10,000円前後)
  • 契約事務手数料(2,000円〜3,000円)
  • 解除手数料(10,000円〜30,000円前後)

MNP転出手数料と契約事務手数料は必ず発生する費用です。
反対に、解除手数料は契約期間外であれば発生しません。

格安SIMからMNPする前に、手数料についても確認しておくと安心です。

3格安SIMからMNPする注意点

大手キャリアと格安SIM、一見すると同じ”キャリア”ですが組織としての構造が大きく異なります。
その為、大手キャリアと同じ感覚でMNPすると、こんなはずでは…と後悔する可能性が。

①MNP自体ができないことが

格安SIMによってはMNP(乗り換え)ができないことがあります。

というのも、格安SIMは大手キャリアの回線を借受ける形でサービスを提供しています。

その際、格安SIMと大手キャリアの間には”仲介業者”が介入していることが。
格安SIM自体の組織構造が複雑になりすぎて、手続きとしてMNPできないことがある訳です。

もちろん、基本的にはほとんどの格安SIMからMNPは可能です。
ただ、万が一にも”できない”ということがないよう、MNPが可能なのか確認した方が良いでしょう。

②対応までに数日かかることが

格安SIMからのMNPでは、申し込みから対応までに数日かかることが。

先述した通り、格安SIMのほとんどはネット上(サイト)での手続きです。
窓口での手続きとは異なり、どうしても申し込みから対応までに時間がかかるのです。

例えば、格安SIMからMNP予約番号を取得しようとすると、最短当日〜4日ほど。

MNP予約番号を申し込んでも、乗り換えが完了するまではそのままサービスを利用できます。
しかし、今すぐ乗り換えたい…という方にはちょっと手間かもしれません。

③今よりも料金は上がることが

格安SIMからMNPすると、今よりも基本料金は上がることが予想されます。

”格安”と言われるだけあり、格安SIMは大手キャリアよりも基本料金を抑えているためです。
大手キャリアのプランによっては、格安SIMに比べて2〜3倍の基本料金になる可能性が。

ただし、大手キャリアは基本料金に見合ったサービスを提供しています。

例えば、ソフトバンクの”スマ放題”は国内通話であれば誰にかけても24時間無料!となるプラン。
無料通話(2,700円)にウェブ使用料、データプランを合わせて月額5,900円〜です。

頻繁に通話する方、手厚いサービスを受けたい方は大手キャリアの方が意外とお得なのです。

ソフトバンク(スマ放題)
公式サイト:https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/sumahodai/smartphone/

4”ソフトバンク”ならSIMフリー端末もOK!

格安SIMを利用している方の中には、”SIMフリー端末”の方も多いのでは?
SIMフリー端末とは、基本的にどのキャリアのSIMカードでも使用できる端末のこと。

格安SIMからMNPするなら、せっかくですからお気に入りの端末を使い続けるのも1つの手です。

①SIMフリー端末も受付けている

実は、ソフトバンクはSIMフリー端末での契約にも対応しています。
つまり、格安SIMと同様に”SIMカードのみ”の契約も受付けている訳です。

ただ、ソフトバンクでのSIMフリー端末の利用にはいくつかの注意点が。

  1. 全てのサービス(音声通話、データ通信、SMSなど)に対して動作保証がない
  2. 利用できないサービスがあったとしても、原則として月額料金が発生する
  3. 有料サービスに登録し、利用できなかったとしても利用料金は発生する

基本的には音声通話、データ通信など基本サービスは問題なく動作します。
しかし、海外製品のSIMフリー端末によっては動作しない可能性があるので注意しましょう。

SIMフリー端末でのMNPの手順

ソフトバンクではSIMフリー端末でのMNPの手順を大きく2つに分けています。

ソフトバンクと契約している方

ソフトバンクとすでに契約している方は”機種変更(契約変更)”での手続きが可能です。
下記の必要書類等を準備し、ソフトバンクショップで手続きを進めましょう。

  • SIMフリー端末(ソフトバンクと通信方式が同じ)
  • 本人確認書類
  • USIM交換事務手数料(3,000円)

ソフトバンクと契約していない方

ソフトバンクと契約していない方は”新規契約(乗り換え)”での手続きです。
下記の必要書類等を準備すれば、ソフトバンクショップで手続きできます。

  • SIMフリー端末
  • 本人確認書類
  • 支払い情報
  • 事務手数料(3,000円)

格安SIMからのMNPであれば、基本的に”ソフトバンクと契約していない方”のはず。
端末によってはソフトバンクと通信方式が異なるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

5まとめ

今回は、格安SIMから大手キャリアへのMNP(乗り換え)はできるのか?についてまとめました。

結論として、格安SIMから大手キャリアへはMNPできます。
手続き自体も簡単なので、格安SIMに不満のある方は積極的に挑戦しましょう。

ちなみに、乗り換え先としては”ソフトバンク”をおすすめします。

ソフトバンクには格安SIMにはない”無料通話プラン(スマ放題)”があるため。
全国2,581件(2018年1月時点)にキャリアショップがあるので、手厚いサポートも受けられます。

もしソフトバンクへのMNPを検討するのであれば、ぜひ”モバイルステーション”にご相談ください。
モバイルステーションではソフトバンクのよりお得な料金プラン、MNPの手続きについてご説明いたします。

お問い合わせはこちら

あなたにオススメの記事

ソフトバンクに携帯乗り換えで最大10万円キャッシュバック

キャッシュバックと合わせてお得!ご不要になった携帯電話の下取り最大44,000円!

ソフトバンク携帯乗り換え(MNP)で不要となった携帯電話(スマホ)を高価下取りしています!

ソフトバンク光コラボでさらにキャッシュバック

インターネット回線を契約中の方は見逃せない超お得な特典です!

Mobilestationだからできる当店3つの強み

当日現金キャッシュバック

日本初!当店ではソフトバンク携帯電話乗り換え完了日にその場でお得な特典キャンペーンを行っています。

乗り換え完了まで最短30分!

事前に電話予約を頂ければ待ち時間なしで優先的に対応させて頂きます。ご来店から携帯乗り換えまで業界最速の最短30分でお手続き完了します。

データの移行も代行します

携帯乗り換え(MNP)の際の面倒なデータ移行も当店スタッフが代行します。もちろんスマートフォン(スマホ)も徹底サポートしています。

営業所一覧

機種紹介   会社概要   Q&A   プライバシーポリシー
ページ上部へ戻る