ガラケーからの格安MNPはソフトバンク携帯がイチオシ!

ガラケーからの格安MNPはソフトバンク携帯がイチオシ!

通話がメインのユーザーにとっては、ガラケーと呼ばれる従来型の携帯電話は非常に便利なもの。スマホのように高度な機能は必要ないからできる限り安く利用したいというのが本音ではないでしょうか?

ソフトバンクではガラケーから格安で携帯乗り換えできるキャンペーン、ガラケー通話し放題割を実施中です。今回はドコモの最安プランと比較しながら、ガラケー通話し放題割をうまく使って劇的に安くソフトバンク携帯を契約できる方法について紹介します。

1ガラケーからの格安MNPはソフトバンク携帯!

ドコモ、au、ワイモバイルのガラケー、ガラホのユーザーがソフトバンクのガラケーに携帯乗り換えをすると、ガラケー通話し放題割というキャンペーンが適用されます。

ガラケー通話し放題割

他社3G・4Gの携帯電話(いわゆるガラケー)からMNPでソフトバンクに乗り換えると、ガラケー通話し放題割が適用になります。
そのキャンペーン内容は、MNP契約から36ヵ月にわたり月々の料金が1,000円割引というものです。

料金例のイメージは以下の通りです。

プラン 料金
通話定額基本料(ガラケー) 2,376円
ウェブ使用料 324円
ガラケー通話し放題割 -1,080円
小計 1,620円

通話定額プランは、「5分以内」や「ソフトバンク同士のみ」などの条件がない正真正銘の24時間通話し放題のプランです。

割賦契約プランイメージ

上記の料金プランの金額とインターネットの使用料(あるいはパケットパックの定額料)、端末代金をプラスした金額が月々の支払イメージになります。

ソフトバンク携帯で現在発売されている機種は4機種です。(Digno®ケータイ2、AQUOSケータイ2、Digno®ケータイ、簡単ケータイ9)

これらの携帯4機種はすべて金額が同額で、端末代金47,520円、月々割-47,520円の実質0円機種です。36回払いの割賦契約をした時のイメージは以下の通りです。

プラン 料金
通話定額基本料(ガラケー) 2,376円
ウェブ使用料 324円
ガラケー通話し放題割 -1,080円
端末代金(36回支払い) 1,320円
月月割 -1,320円
小計 1,620円

注目すべきところは、月月割も適用になるところです。
端末代金を含めてもキャンペーン継続中の3年間は1,620円で携帯を持つことができるのです。

2一括購入で劇的に維持費が安くなる!

端末代金を一括で購入した場合も月月割は適用されます。
端末代金を47,520円よりも安く購入することができれば、月々の料金がかなりお得になります。

ソフトバンク携帯を一括購入した場合の料金例

端末を一括購入した場合の、月々の支払料金イメージです。

プラン 料金
通話定額基本料(ガラケー) 2,376円
ウェブ使用料 324円
ガラケー通話し放題割 -1,080円
月月割 -1,320円
小計 300円

端末を一括購入した場合、月々300円で2年間利用できることになります(月月割適用期間)。しかも、通話定額はプランの名前の通り24時間通話し放題です。インターネットやメールを使用した場合にはパケット料金やデータ定額料が生じますが、類を見ないほどお得な料金プランです。

※メールさえ全く使用しないユーザーは、ユニバーサルサービス料3円のみで通話し放題携帯を持つことも可能です。

ソフトバンク携帯を格安で購入する方法

とはいえ一括で47,250円を支払うことは大きな負担になります。何より、2年間の支払い総額は割賦契約時と変わりません。
購入時の金額を安く購入できてはじめて、一括購入の大きなメリットが生まれます。

結論から言えば、ソフトバンク携帯電話を最も安く購入する方法はウェブ販売店で購入することです。
インターネットで携帯を購入した経験のない方が多いかと思いますが、ソフトバンクショップや電気量販店では実施されていない高額キャッシュバックや一括での格安販売などのウェブ販売店ならではの魅力的な特典があるのです。

当店「モバイルステーション」でも最高10万円のキャッシュバックをはじめとした魅力的なMNPキャンペーンを展開中です。通話メインの携帯電話のMNPを検討されている方は、ぜひご利用ください。

3ドコモのガラケーMNP料金について

比較のため、ドコモの格安プランについても紹介します。

ドコモガラケーの中で基本使用料が最安のプラン(バリューSSシンプル)

最安値プランは、バリューSSシンプルです。

プラン 料金
バリューSSシンプル 980円
SPモード(ネット) 324円
端末代金 1,404円
月々サポ―ト -1,404円
小計 1,304円

こちらのプランとソフトバンのガラケー通話し放題との大きな違いは、以下の通りです。

  1. 通話し放題ではなく20円/30秒のプランであること(代わりに1,000円分の無料通話がついています)
  2. 一括購入の際に、大きな割引が見込みにくいこと

ドコモガラケーの中で通話し放題プラン

上記のプランは、電話の待ち受けが多いユーザー向けのプランです。通話定額プランの場合の料金イメージは以下の様になります。

プラン 料金
カケホーダイ 2,376円
ウェブ使用料 324円
端末代金 1,404円
月々サポ―ト -1,404円
小計 2,700円

ソフトバンのガラケー通話し放題とでは、プランの内容としては同等ですが月々の料金にかなりの差があります。

4auのガラケーMNP料金について

ガラケーからの格安MNPはソフトバンク携帯がイチオシ!
auの格安プランについても紹介します。

auケータイデビュー割

MNPで他社ガラケーからauの携帯電話(ガラケー)に乗り換える場合には、auケータイデビュー割で端末代金が最大45,376円割引になります。
ただし、毎月割の適用はありません。24時間通話し放題のプランで契約をする場合には以下の内容になります。ここでは、AQUOS K SH33の購入例を示しています。

プラン 料金
カケホーダイ 2,376円
ウェブ使用料 324円
端末代金 45,376円
auケータイデビュー割 -45,376円
小計 2,900円

ソフトバンクと比較をすると、やはり月々の料金にかなりの差があります。

ドコモの24時間無料のプランと全く同料金ですが、メリットとしては割賦契約ではないので1年経過後に端末の残債なしでMNPや機種変更ができることです。(契約後1年間は既定の解除料が発生します)。

4まとめ

ガラケーからガラケーのMNPの各社の料金について比較しました。ガラケーのプランを始めとした様々なパターンでのプラン比較は以前のこちらの記事「ドコモ・au・ソフトバンクの携帯料金比較」にも詳しくまとめてあります。

ガラケー通話し放題割のあるソフトバンクの安さが際立っており、さらに端末を格安で購入すれば月月割の適用によって毎月の基本料金が0円に近い金額になることが分かりました。

当店「モバイルステーション」はソフトバンクのweb販売店として最高10万円のキャッシュバックをはじめとした大胆な端末代金値引きを実施中です。通話メインの格安携帯をお求めの方は、ぜひ当店へお問い合わせください。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ