ドコモから他社へMNPする際の注意点【絶対損しない携帯乗り換え】

ドコモから他社へMNPする際の注意点【絶対損しない携帯乗り換え】

ドコモから他社にMNP(携帯乗り換え)を検討している方へ。

予約番号の発行前に絶対に見ていただきたいものがあります。

それはドコモ「MNP予約番号」発行の注意点

これからお話する「注意点」は、ドコモで予約番号を取得する前に、「かならず」知っていただきたいものばかり。

確認ができておらず、実際にこのようなことが起こった方もいます。

  • MNP予約番号を再度取り直すことになった
  • 高額な違約金を支払うことになった
  • 自動更新で、二年後まで待つことになった

やはりMNP転出をするのであれば、損なくスムーズに乗り換えたいですよね。

そのためにも、ドコモから他社へ、MNPをする方はぜひご覧ください。

1ドコモMNP予約番号の発行で注意したい「5つのこと」

これからお話する「5つの注意点」はとても「カンタン」。

ですが、確認は必須です。

さっそく内容を見てみましょう。

①MNP予約番号の有効期限は「15日間」

ドコモのMNP予約番号には、発行日を含めて「15日間」の有効期限があります。

この期限内にMNP転出の手続きを取らなければ、予約手続きは自動的にキャンセル

「じゃあ、もし間に合わなかったら、携帯のない生活を送らなければならないの?」というと、そうではなく、予約手続きがキャンセルになったと同時に、ドコモ携帯の解約自体キャンセルとなります。

今まで使っていたドコモ携帯も使えますので、ご安心ください。

ちなみに、有効期限が過ぎてしまった場合も、再度同じ方法で予約番号を取り直せば、問題なくMNP手続きはできます。

②予約番号の「残日数」にも要注意

予約番号には「有効期限」があるというお話はしました。

15日間というと「少しだけ余裕がある」と感じる方も多いのでは。

ここでさらに「注意」したいのが、乗り換える先の携帯会社が指定する有効期限の「残日数」

つまり、予約番号を発行してから15日間の間で、携帯会社が指定する日数分の余裕がなければMNPはできないということです。

たとえばソフトバンクの表示を見てみましょう。

MNP予約番号の取得時と同時に発行されます。

お手続きには少なくとも11日間残っている必要がありますので、お申し込み前にご確認ください。

なお、有効期限が11日間以内の場合は、再度MNP予約番号の取り直しをお願いいたします。

https://www.softbank.jp/partners/guides/buy/preparation/mnp/

「有効期限が残り『11日』ないとMNPはできないよ」と書いてありますね。

ちなみに、この有効期限の残日数はMNP転出先の携帯会社によって違います。

よく確認のうえ、発行をはじめましょう。

また、残日数が足りなくなった場合は、キャンセルすることで再度番号の発行ができます。

時間に余裕があるのなら、キャンセルをせず、そのまま放置して期限が切れるのを待つのも良いでしょう。

急いでいる場合も、「ドコモショップ」「インフォメーションセンター」「マイドコモ」から予約番号の発行と同じ流れで再取得が可能です。

③「dポイントクラブ」のポイントは失効する

「dポイントクラブ」のポイント、「dポイント」の失効にご注意ください。

③「dポイントクラブ」のポイントは失効する

dポイントの継続には「dアカウント」を取得して「dポイントクラブ会員」の引継ぎを行いましょう。

ちなみに、dポイントは携帯料金の支払いで使えるほか、グルメ、家電、旅行、オリジナルグッズ、優待チケットなど幅広く利用ができます。

くわしくはこちらから→「d POINT CLUB-つかう」

④MNP転出には料金がかかる

更新月であれば、MNP転出にかかる費用は、

  • ドコモのMNP転出事務手数料「2,160円(税込)」
  • 乗り換え先の契約事務手数料「3,240円(税込)」

の合計「5,400円(税込)」

※機種本体の支払いが残っていれば上記にプラスされます

しかし、更新月の前や契約途中でMNP転出を行えば、これに追加で「違約金(途中解約金)」がかかります。

ドコモの場合、違約金は「10,260円(税込)」

となると、MNP転出に支払わなくてはならない金額は「15,660円(税込)」

かなり高額です。

このように、MNP転出手続きを更新月以外にするなら「高額な手数料」がかかることを覚えておきましょう。

MNP転出手続きを更新月以外にするなら「高額な手数料」がかかる

⑤MNP予約番号の発行=解約完了ではない

すでにお話している通り、予約番号の発行をしたからといって「解約」とはなりません。

つまり、途中でMNP転出をしたくないと思えば、何もしなければドコモ携帯の継続ができるということです。

「解約」となるのは乗り換え先である新しい携帯との契約をし、回線が開通したとき。

ここで気をつけたいのが「契約の更新月内にMNPを行えない場合」です。

「希望する機種が在庫取り寄せ中であったり」「登録ができずにいたり」など理由はさまざまですが、もし更新月に間に合わないのなら途中解約扱いとなり高額な違約金がかかります。

ということで、更新月とMNP予約番号の有効期限には気をつけましょう。

2まとめ

ドコモMNP予約番号の発行で確認したい「5つの注意点」いかがでしたか。

お金にかかわることもあるので、ドコモから他社へのMNPを考えているのなら、しっかりと確認しましょう。

そして、もし更新月を過ぎてしまったけど「MNPがしたい!」という方にひとつだけおすすめの方法があります。

それは、ソフトバンクへのMNP(携帯乗り換え)に「モバタウン」を経由すること。

「モバタウン」とは、webサイトで携帯乗り換えができる、オンライン限定の「ソフトバンク正規代理店」です。

通常のショップでMNPを行うよりも、さらにお得!

▼モバタウンだけの「乗り換え特典」

  • 違約金・解約金が0円
  • 高額現金即日キャッシュバック
  • 月額料金の大幅値引き

◆お問合せはこちら⇒「モバタウン<お問合せフォーム>」

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MobaTown

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
ご相談はコチラ

ページ上部へ