月2,000円割引!ソフトバンク「みんな家族割+」の条件を確認【他社比較つき】

月2,000円割引!ソフトバンク「みんな家族割+」の条件を確認【他社比較つき】

ソフトバンク「みんな家族割+」について、「どのようなサービスか」実はよくわかっていない、という方も多いのではないでしょうか。

家族みんなで携帯を利用する場合、同じ会社にまとめて「家族割引サービス」を利用することがほとんど。

その「家族割引サービス」にあたるのが、ソフトバンクの「みんな家族割+(プラス)」です。

2018年9月6日より、旧「みんな家族割」の名称が変更。

もちろん変わったのは名前だけではありません。

内容も変更となっています。

今回はそんな「みんな家族割+」をわかりやすく解説。

  • 「みんな家族割」から「みんな家族割+」の変更点は?
  • 他社の「家族割引サービス」とどれがお得?違いは?
  • 「みんな家族割+」に入る方法は?

など、気になる部分にもスポットを当てています。

ぜひご覧ください。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

1ソフトバンク「みんな家族割+(プラス)」とは?「サービス内容」

まずは「みんな家族割+(プラス)」の基本的な内容について触れていきます。

「みんな家族割+」とは、「みんな家族割+の指定プラン」を利用している回線数(契約数)に応じて、「割引対象プラン」の月額料金が割引されるサービス。

ここで注意したいのが、「みんな家族割+の指定プラン」と「割引対象プラン」は別という点。

くわしく見てみましょう。

「みんな家族割+」の注意点

「みんな家族割+」の注意点

「みんな家族割+の指定プラン」と「割引対象プラン」はそれぞれ以下のようになっています。

▼ソフトバンク「みんな家族割」指定プラン

  • ウルトラギガモンスター+(データ定額 50GBプラス)
  • ミニモンスター(データ定額 ミニモンスター)
  • データ定額スマホデビュー
  • ウルトラギガモンスター(データ定額 50GB)※新規受付終了

まず、上記が「みんな家族割+」の指定プラン。

この数によって、月の割引額が決まります。

続いて割引対象となるプランです。

▼ソフトバンク「みんな家族割」割引対象プラン

  • データ定額 50GBプラス
  • データ定額 50GB(※新規受付終了)

つまり、家族割の対象となっている「ミニモンスター(データ定額 ミニモンスター)」「データ定額スマホデビュー」は、割引額を決める数には入っているものの、月額料金の割引がされないのです。

それを踏まえたうえで「毎月どのくらいの割引がうけられるのか」見てみましょう。

「みんな家族割+」の割引額

「みんな家族割+」を適用した場合の割引額は、「指定プランの契約数」というお話はしましたね。

実際の「割引額」も見てみましょう。

▼「ウルトラギガモンスター+(データ定額50GB プラス)」の場合

指定プランの契約数(人) 割引額
2人 毎月-500円
3人 毎月-1,500円
4人以上 毎月-2,000円

▼「ウルトラギガモンスター(データ定額50GB)」の場合(※新規受付終了)

指定プランの契約数(人) 割引額
2人 毎月-1,500円
3人 毎月-1,800円
4人以上 毎月-2,000円

「毎月-2,000円割引」は、携帯業界全体としてもかなり高い部類。

実際の月額料金に反映させると、このようなイメージになります。

■「みんな家族割+」適用後の料金イメージ

料金
データ定額 50GBプラス 5,980円
通話基本プラン 1,200円
ウェブ使用料 300円
1年おトク割(1年間) 毎月-1,000円
おうち割光セット 毎月-1,000円
みんな家族割+ 毎月-2,000円
月額料金(合計) 3,480円

※「ウルトラギガモンスター+(データ定額50GB)」を利用
※4人以上
※2年目以降は「4,480円」
※その他割引サービスも適用

  • 「おうち割光セット」…ネットと同時契約
  • 「1年おトク割(1年間)」…指定プランが1年間割引

本来「月額7,480円」かかるプランが「3,480円」とは、かなりお得です。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

「みんな家族割+」の適用条件

「みんな家族割+」の適用条件

「みんな家族割+」の適用条件は以下のとおりです。

  • 指定のプランに加入
  • 対象者が家族割引グループであること

「家族割引グループ」とは、家族割引サービスが適用される「家族」を指します。

グループ内の国内通話、メールともに24時間無料。

基本的に新規契約時点で家族であれば、この「家族割引グループ」に入っていることがほとんど。

ただし、途中で家族を追加したい、または新しく家族割引グループを作りたい、という場合は別途「加入手続き」が必要です。

※「家族グループ」への加入手続き方法は、後ほどくわしく説明いたします

「みんな家族割+」の適用範囲(どこまで)

「みんな家族割+」の適用範囲(どこまで)

ソフトバンク「家族割サービス」の魅力は、一緒に住んでいない家族や親戚、さらには一緒に住んでいる友人も含まれるところ。

どこまでの範囲がOKなのか、以下にまとめてみました。

※「みんな家族割+」の適用範囲は、「家族割引グループ」の範囲と同義

  • 同居中の家族、親戚
  • 離れて暮らす家族、親戚
  • 同居中の友人、パートナー(シェアハウスも可)

▼「みんな家族割+」範囲表

家族または親戚 その他
親子・兄弟姉妹・夫婦・いとこ・祖父祖母・その他親戚 同居中の友人(ルームシェア・シェアハウス)・同棲中の恋人

「みんな家族割+」を適用させるには

申込の必要は「なし」!

「家族割引グループ」であり、適用条件さえ満たされていれば、自動で「みんな家族割+」が適用されます。

※追加で「家族割引グループ」に入る手順や新規でグループを作る方法は後ほどご説明いたします

「みんな家族割+」のメリット・デメリット

「みんな家族割+」のメリット・デメリット

メリットはもちろん、最大2,000の割引が毎月ある点。

毎月7,000~8,000円という携帯料金から、この割引はかなり魅力的です。

さらに、割引を外れる際も違約金などは発生しません。

デメリットは、元のプランが「50GB」という大容量プランという点。

実際のところ、家でWi-Fiを使っていて、外でネットなどのデータ通信を行わないなら、50GBという容量は必要ありません

一方、外で動画を見たい、ゲームを快適にしたい、家にWi-Fiがない、という方であれば50GBでも決して損ではないでしょう。

2旧「みんな家族割」からどう変わった?その違いは?

旧「みんな家族割」からどう変わった?その違いは?

旧「みんな家族割」は「ウルトラギガモンスター」(※新規受付終了)に加入している数に応じて「月額料金が割引されるサービス」です。

この点は新しい家族割も変わりません。

さらに、すでに新規受付が終了している「ウルトラギガモンスター(データ定額 50GB)」の場合、割引額に変化なし。

「みんな家族割」も「みんな家族割プラス」も、同様の割引額となっています。

ただし、「ウルトラギガモンスター」が進化したプラン「ウルトラギガモンスター+」の割引額は同じではないようです。

実際に比較してみましょう。

▼ソフトバンク「家族割引」を新旧で比較

指定プランの契約数(人) 新「家族割」
(ウルトラギガモンスター+ データ定額 50GBプラス)割引額
旧「家族割」
(ウルトラギガモンスター データ定額50GB)割引額
2人 毎月-500円 毎月-1,500円
3人 毎月-1,500円 毎月-1,800円
4人以上 毎月-2,000円 毎月-2,000円

「ウルトラギガモンスター」に比べ、若干割引額が下がっています。

その分「データ定額ミニモンスター」や「データ定額スマホデビュープラン」もカウントされるメリットが入った感じですかね。

そのほか、以前の旧「みんな家族割」で可能であった「データシェアプラス」が対象外となっています。

これによって、たとえば「スマホとタブレットで2回線契約」という考え方で、家族割を適用することができなくなりました。

3ドコモ・au・ソフトバンクの家族割を「徹底比較」

ソフトバンク「みんな家族割プラス」は他社と比べてどれくらいお得なのか。

携帯大手三社である「ドコモ・au・ソフトバンク」の「家族割」を比較してみました。

各社、意外にも内容に差が出ていることがわかりましたよ。

▼ドコモ・au・ソフトバンクの「家族割」比較表
※最大割引額で比較

契約人数 2人 3人 4人以上
ドコモ
「ファミリー割」
家族通話が無料
au
「家族割プラス」「家族割®」
-500円 毎月-1,000円
SMS(Cメール)が無料※「家族割®」
ソフトバンク
「みんな家族割+」
毎月-500円 毎月-1,500円 毎月-2,000円

ドコモ「ファミリー割」

「ファミリー割」…家族間の通話が無料

ドコモの「家族割」では、料金の割引等はなく、家族間通話が無料になります。

※ガラケー利用者であれば「基本使用料25%割引」「家族内のiモードメール無料」「ガラケーから自宅への通話料10%割引」などが適用

au「家族割プラス」「家族割®」

(1)「家族割プラス」…対象プランの回線数に応じた割引
・同居家族2回線:毎月500円割引
・同居家族3回線以上:毎月1,000円割引

(2)「家族割®」…SMS(Cメール)が無料

auの「家族割」は、毎月最大-1,000円の割引。

ソフトバンクと同じく、回線数に応じた割引サービスです。

ソフトバンク「みんな家族割+」

「みんな家族割+」の場合、毎月最大-2,000円割引。

またソフトバンクの場合、条件である「家族割引グループ」に入ることで24時間「家族間の通話」が無料

結局、ドコモ・au・ソフトバンクで、一番割引額が高いのは「ソフトバンク」ということになります。

4「みんな家族割+」に追加する方法(家族グループへの加入)

「みんな家族割+」に追加する方法(家族グループへの加入)

「みんな家族割+」をはじめて利用する場合は「家族割引グループ」を新規でつくる

家族を追加したい!という場合は、既存の「家族割引グループ」に追加をすれば、すぐに割引適用となります。

くわしい手続きは以下をご参考に。

家族割引グループを「つくる」

必要な書類を持って、契約者本人※がソフトバンクショップで手続きしましょう。

※契約者本人が来られない場合は「同意書」が必要です
ソフトバンク「どこでも同意書」に関しては、こちらをご覧ください。
ソフトバンク公式「どこでも同意書」

携帯乗り換え(MNP)で新規契約される際は「ソフトバンク正規web代理店」でもお手続き可能。

「高額キャッシュバック」「月額料金をさらに割引」など、ここだけの特典がたくさんあります。

くわしくはこちら↓
ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

▼「必要書類」一覧表

続柄 同居あり・なし 必要書類
家族 同居あり 本人確認書類
同居なし 本人確認書類+戸籍謄本・住民票記載事項証明書・同性パートナーシップ証明書(いずれか一つ・発行3ヶ月以内)
友人・恋人 同居あり 本人確認書類(同住所とわかるもの)

グループに「加入される方すべての」本人確認書類。

離れて暮らす家族の場合には、上記に加えて家族である証明「戸籍謄本」や「住民票記載事項証明書」「同性とのパートナーシップを証明する書類」(いずれも発行3ヶ月以内)が必要です。

また住所が同じであれば友人や恋人も可能。

その場合は、同じ住所だということが確認できる「本人確認書」を持っていきましょう。

家族割引グループへ「追加する」

必要な書類を持って、おなじく契約者本人がソフトバンクショップで手続きします。

※契約者本人が来られない場合は「同意書」が必要です
ソフトバンク「どこでも同意書」に関しては、こちらをご覧ください。
ソフトバンク公式「どこでも同意書」

▼「必要書類」一覧表

続柄 同居あり・なし 必要書類
家族 同居あり 契約者と追加する方それぞれの本人確認書類
同居なし それぞれの本人確認書類+戸籍謄本・住民票記載事項証明書・同性パートナーシップ証明書(いずれか一つ・発行3ヶ月以内)
友人・恋人 同居あり それぞれの本人確認書類(同住所とわかるもの)

基本は、家族割引サービスへ「追加する方の」本人確認書類と「契約者自身」の本人確認書類の「2枚」

住所が異なる家族は、さらに家族証明として「戸籍謄本」や「住民票記載事項証明書」「同性とのパートナーシップを証明する書類」(いずれも発行3ヶ月以内)を用意しましょう。

住所が同じ友人や同棲中の恋人は、同じ住所ということが確認できる「本人確認書」(加入者と契約者の2枚)を持っていきます。

「本人確認書類」一覧

「本人確認書類」には以下いずれかの「原本」を用意しましょう。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者手帳
  • 健康保険証+補助書類

※補助書類

  • 住民票記載事項証明書(原本)
  • 公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料)または官公庁発行の印刷物
  • ソフトバンク発行の請求書や領収書(いずれも発行日から3ヵ月以内のもの)

▼各本人確認書類の注意点

各本人確認書類の注意点

5「みんな家族割+」Q&A!結婚後・夫婦・離婚・請求先

「みんな家族割+」で「よくある疑問」をまとめてみました。

  • 結婚後(夫婦)にはどのような手続きをするべき?
  • 離婚した際、適用外になったときはどうすればよい?
  • 「みんな家族割+」のなかで請求先を分けたいけどどうすればよい?

どうぞご参考に。

Q1.結婚後、夫婦になった際の手続きはどうすれば良いでしょうか?

まずお互いの「契約状況」を把握しましょう。

もし相手もソフトバンク「みんな家族割+」に加入しているのであれば、考えられる方法は2つです。

  1. 相手の家族割引グループに入る
  2. 今の家族グループを継続する

もちろん「新しく家族割引グループを作る」という方法もありますが、「みんな家族割+」は人数が多ければ多いほど恩恵が増えるサービス。

①と②のどちらがお得になるか、というのを考えて決めたら良いでしょう。

あとは①を選ぶのであれば家族グループへの追加を、②を選ぶのであれば、とくに何もする必要はありません。

ちなみに複数のグループに入ることや、グループを統合させることはできないため、ご注意ください。

Q2.離婚した際、どのような手続きをとれば良いでしょうか。

こちらから手続きをする必要はありません。

その請求月末で、割引は終了。

離婚などをはじめ、家族割引グループから外れてしまった場合は、適用外となります。

Q3.「みんな家族割+」では、請求先を分けることは可能でしょうか?またその方法は?

もちろん、可能です。

支払いを別にする場合は、ソフトバンクショップで手続きを行います。

請求先となる新契約者と、すでに名義人となっている方が「一緒に」手続きをします。

必要なものは「キャッシュカードまたはクレジットカード」。

もし、遠方にいるため名義人の同行が難しいようなら、「同意書」を書くことで請求先を分けることができます

「どこでも同意書」に関しては、こちらをご覧ください。
ソフトバンク「どこでも同意書」

6まとめ

まとめ

毎月最大2,000円の割引が可能な「みんな家族割+」。

ソフトバンクで併用可能なキャンペーンを使えばもっとお得になりますよ。

▼「みんな家族割+」併用可能キャンペーン一例

  • 半額サポート for iPhone/Android
  • おうち割 光セット
  • 下取りプログラム(のりかえ)

しかし、もっと「もっと」家族での携帯契約がお得になる方法があります。

それは、ソフトバンク「正規web代理店」で携帯乗り換えをすること。

「モバタウン」では、2台目以降の契約ごとに、現金をキャッシュバック。

1台増えれば「+10,000円」!
もう1台増えれば「+20,000円」!

現金キャッシュバックが、どんどん増えていく特典を行っています。

さらに他社からソフトバンクへの携帯乗り換えで、

  • 高額現金キャッシュバック
  • 月額料金をさらに割引
  • 違約金・解約金にあてる

など、モバタウン限定の乗り換え特典もありますよ。

ソフトバンクへ家族で乗り換えるならぜひお問合せください。

お問合せはこちら⇒「モバタウン お問合せフォーム」

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MobaTown

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
ご相談はコチラ

ページ上部へ