MNP転出料っていくら?転出のとき違約金は要注意!

MNP転出料っていくら?転出のとき違約金は要注意!

電話番号を変えずに携帯キャリアが乗り換えられる「MNP」。

MNPとは今まで契約していた携帯キャリアから転出(解約)して別の携帯キャリアに乗り換えることです。

MNPには「MNP転出料」という手数料が発生します。

また、携帯の解約には「違約金」が必要な場合があるので注意しましょう。

そこで今回は、MNPのときに必要なMNP転出料と、違約金について詳しくご説明いたします。

1MNPの転出料っていくら?いつ支払うの?

MNPの転出料の説明の前に、MNPの仕組みを説明しておきましょう。

MNPで最初に行う手続きは、現在契約している携帯キャリアから「MNP予約番号」という10桁の数字を発行してもらうこと。

その10桁の数字を移転先の携帯キャリアに伝えて携帯乗り換えが成立するという仕組みです。

他社と携帯乗り換えが成立して、現キャリアが解約になった時点で「MNP転出料」がかかります。

このMNP転出料の金額はキャリアごとに違っていて下記の金額になります。

ドコモ:2,000円(税抜)
au、ソフトバンク:3,000円(税抜)

docomoは2,000円、auとソフトバンクは3,000です。

ではこの「MNP転出料」はいつ、どこに支払うのか?

MNP転出料は移転元の携帯キャリアの最後の支払いに合算されます。

例)2月15日にMNPした場合→3月支払い分にMNP転出料が合算される

基本は最後の支払いと合算になりますが、タイミングによっては1ヶ月遅れで、MNP転出料のみが請求されるケースもあります。

ちなみに、移転先の携帯キャリアで新規契約したときは、「MNP新規契約手数料」として、キャリア共通:3,000円(税抜)が必要になります。

結論、MNPのときに必要な費用として、転出(解約)と転入(新規契約)合わせると、5,000円~6,000円(税抜)の費用はかかるので注意しましょう。

2解約するなら契約更新月に!

解約するなら契約更新月に!
MNPのときによく聞く「違約金」。正確には「契約解除料」といいます。

携帯電話の料金プランはどのキャリアも「2年契約」が基本。
2年という長期契約を結ぶことによって月々の割引を受けることができます。

この「2年契約」は「2年縛り」とも呼ばれ、基本は2年ごとに「契約更新月」があり、何もしなければ自動更新されます。

2年未満に解約したり、「契約更新月」以外に解約すると、契約解除料としてキャリア共通で9,500円(税抜)が課せられるのです。

契約更新月は、こちらもキャリア共通で、契約月を1ヶ月目として、

  1. 24ヶ月目が「契約満了月」
  2. 契約満了月・翌月・翌々月(24か月目、25ヶ月目、26ヶ月目)が契約更新月

となり、契約満了月含む3か月間に解約すれば違約金(契約解除料)は発生しません。

ちなみに以下のようなキャリア公式のホームページにアクセスして契約者情報を見れば契約更新月が確認できます。

  • My docomo
  • My au
  • My SoftBank

契約情報を確認して違約金がかからない契約更新月に解約するのがベストタイミングとなります。

3まとめ

今回は、MNP転出料についての説明でしたが、転出料はどうしても必要な費用になります。

ドコモ:2,000円(税抜)
au、ソフトバンク:3,000円(税抜)

また、移転先の携帯キャリアでも、MNP新規契約手数料:3,000円(税抜)も必須の費用となります。

合わせると、MNPで必要な費用は、5,000円~6,000円(税抜)です。

違約金(契約解除料)については、契約更新月に解約すれば発生いたしません。

しかし、契約更新月と本体代金の分割が終わるタイミングがずれてしまい、どうしても手数料の負担が大きくなることもあります。

そこで、違約金でMNPを迷っている方は、「モバタウン」での乗り換えがおすすめです。

モバタウンはソフトバンク正規代理店なので高額キャッシュバックが可能。

キャッシュバックで違約金9,500円、MNPでかかる手数料もカバーできます。

さらに電話で手続きが完結するので待ち時間もありません。

まずは見積りとキャッシュバックのご案内をいたしますのでお気軽にお問い合わせください。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ11・Pro予約受付中

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

日本初が満載!期間限定の特別還元祭

ご相談無料
0120-922-386
営業時間:9:00~21:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ
bellface