ガラケーからスマホへ乗り換えた時の料金比較と注意点

ガラケーからスマホへ乗り換えた時の料金比較と注意点

ガラケーからスマホへ変更するとき、いろんな悩みがありますよね。

  • スマホに変えたときに毎月の料金がどれぐらいになるのか
  • スマホに変えるときの注意点はあるのか
  • そもそも使いこなせるか不安

やはり気になるのは毎月の料金やスマホに変更する際の注意点だと思います。

なので今回は以下の3つについてお伝えしていきます。

  • ガラケーと比べてスマホの料金はどれぐらいになるか
  • スマホに変えるときの注意点
  • ガラケーからスマホに変更したときのメリット

この記事を読めば、スマホに変えたときの料金プランや注意点などが5分でわかりますよ。

スマホに変えようか悩んでいる方は必見です。

1スマートフォンを使うメリット

ここではガラケーからスマホへ変えたときに感じるメリットをお伝えしていこうと思います。

スマホの操作はガラケーよりも難しそうな印象ですが実は簡単です。

メリットがそのまま簡単な理由になります。

画面が大きくて文字が見やすい

スマートフォンの画面はガラケーよりも2倍ぐらいの大きさ。

画面が大きいメリットは3つあります。

  • 文字がガラケーよりもかなり大きく見やすい
  • 情報量が多いニュースサイトでも1画面に全て表示され、ガラケーのように何ページも見る必要がない
  • 指が大きくても誤操作がない

特に普段から見るニュースサイトやインターネットがとても見やすいので画面が大きいのはスマホの最大のメリットです。

タッチパネルで直感的に操作できるので快適

スマートフォンの操作はボタン操作ではなく、画面を直接タッチするタッチパネル操作です。

スマホの操作は直感的に操作ができて慣れるとかなり快適に使えます。

例えば、写真を撮るとき。
■ガラケー

  1. 「メニューボタン」を押してサブメニューを開く
  2. カーソルを「カメラ」に合わせる
  3. カメラを起動
  4. 写真を撮影

■スマホ

  1. 画面にあるカメラのアイコンをタッチ

このようにスマホの操作はかなり便利で簡単に作られています。

スマホの操作に慣れてしまうとガラケーには戻れないぐらい快適です。

LINEが使える

LINEとは「Eメールよりも簡単に使える連絡ツール」です。

スマホを使っているご家族はもちろん、最近はお仕事にもLINEが使われていて、携帯会社のEメール(@〇〇.ne.jp)やショートメールを使っている方が珍しいぐらいです。

飲食店のクーポンや現金に代わる支払方法にもなっており、LINEはいまや生活の中で重要な連絡ツールとなっています。

もっと詳しくスマホを使うメリットを知りたい方はこちらもご覧ください。

2ガラケーからスマホへ変えるときの注意点

ガラケーからスマホへ変えるときの注意点ガラケーからスマホに変更するときの「データ移行」と「有料サービス」について注意点をお伝えしていきます。

データ移行をするために確認すること

ガラケーの「電話帳」や「写真」のデータは移行したいですよね。

ただ、ガラケーは機種によってSDカードが使えない、赤外線がついていないなどの問題があります。

基本的にはSDカードが使える機種であればデータ移行はできますが、

スマホに移行する前にショップなどに行き、自分の携帯電話のデータ移行方法をきっちり確認しておきましょう。

有料サービスに加入していないか確認を

ガラケーでインターネットを使っていた場合、有料サービスに入ってしまっている可能性があります。

入っていた場合は基本的にはずせないのでスマホに移行する前にはずしましょう。

有料サービスとは例えば、以下のようなサービスです。

  • 着うた取り放題・・・月324円
  • 地図ナビ・・・月324円
  • 占いサイト・・・月324円

入っていないと思っていても知らぬ間に契約している方が結構多いです。

ショップにいけば有料サービスにはいっているかどうか確認できるので不安な方は確認しておいてください。

3ガラケーとスマホの料金を徹底比較

それでは、ドコモ・au・ソフトバンクで現在のケータイとスマホの基本利用料金をそれぞれ比較していきましょう。金額は全て税抜き額です。

現在は、3キャリアの料金プランがいくつかあります。

今回は初めてスマホを使う方におすすめの料金プランをお伝えしていきます。


ドコモ
【ケータイ】

項 目 金 額
基本使用料 1,200円
ウェブ使用料
データ定額
合  計 1,200円

【スマホ】

項 目 金 額
基本使用料 2,980円
ウェブ使用料
データ定額
合  計 2,980円~

au
【ケータイ】

項 目 金 額
基本使用料 998円
ウェブ使用料 300円
データ定額 0~4,200円
合  計 1,298~5,498円

【スマホ】

項 目 金 額
基本使用料 980円
ウェブ使用料 300円
データ定額 1,700円
合  計 2,980円~

ソフトバンク

【ケータイ】

項 目 金 額
基本使用料 1,200円
ウェブ使用料 300円
データ定額 0~4,200円
合  計 1,500~5,700円

【スマホ】

項 目 金 額
基本使用料 1,200円
ウェブ使用料 300円
データ定額 2,480円
合  計 3,980円~

料金プランを比較してきましたが、どのキャリアもスマホの料金はそこまで高くありません。

ただ、スマホの料金はインターネットをかなり使うと料金はあがってしまうので注意が必要です。

ガラケーの方も乗り換えやすくなっています。

 

現在3キャリアでは何種類か料金ぷらんがあるので詳しく知りたい方はこちらからご確認ください。


4ガラケーからスマホへ乗り換えた時の各キャリアのキャンペーン

ガラケーからスマホへ乗り換えた時の各キャリアのキャンペーン
各キャリアでは現在ガラケーをご利用の方がスマートフォンに変えたときのキャンペーンをやっています。

月額料金や本体代金が安くなるのでかなりお得になりますよ。

docomo はじめてスマホ割

「はじめてスマホ割」はガラケーからスマートフォンへはじめて変更する(他社のりかえ含む)方への割引サービスです。
【内容】
ご利用料金から最大12か月間1,000円の割引が入ります。
【条件】
対象のプラン(ギガホ・ギガライト)に加入。

そもそも選べる料金プランはこの2つだけなのでdocomoで契約した場合は「はじめてスマホ割」が適用されると思っていただいて大丈夫です。

au 初スマホ割

ガラケーから対象のスマホを契約した際に本体が値引きされる割引サービス。
【内容】
対象のスマホが最大37,800円割引。
【条件】
対象のスマホを「au購入サポート(同じ機種を12か月以上使う契約)」で購入し、「新auピタッとプラン(2年契約)」で契約する。
【対象機種(一部)】
iPhone7 最大37,800円割引
URBANO V04 最大32,400円割引

auは3キャリアで唯一、本体代金からの割引になります。

Softbank スマホデビュープラン

はじめてスマホを使う方に値引きがはいるサービスです。
【内容】
基本料から1,000円の割引がはいるサービス。
【条件】
スマホデビュープランと通話オプションを契約する。

ソフトバンクのスマホデビュープランは1年間980円で使え、1年後は1,980円になります。

5まとめ

見ていただいた通り、最近はガラケーからスマホへ乗り換えてもそこまで料金は高くなりません。

ソフトバンクならガラケーとほぼ同じ金額でスマホデビューも可能です。

スマホの操作自体も画面が大きく見やすく、慣れるとかなり便利に使えますよ。

さらに他社に乗り換えの場合は割引が多く、web代理店などで契約するとキャッシュバックもあります。

例えば、ソフトバンクの乗り換えの場合、モバタウンなら

  • 最大7万円の高額キャッシュバック
  • 月額料金割引
  • 待ち時間もなし

といった特典があります。

ソフトバンクの正規代理店なのでキャッシュバックが可能となっており、ご自宅で契約もできます。

他社に乗り換えで検討されているならぜひ、一度問い合わせください。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MobaTown

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
ご相談はコチラ

ページ上部へ