家族全員でスマホ乗り換え!『大手』と『格安』どっちがお得?

家族みんなでスマホ乗り換え

家族でのスマホ乗り換えを検討中の皆さん!

  1. 「少しでも月額料金を抑えたい!」
  2. 「新しく子どもの分を用意しなければならない!」

など、家族でスマホ乗り換えを検討する理由は様々かと思います。1,2人ならまだしも、家族でとなると乗り換え先のキャリア、プラン選びから手続きまで何かと大変ですよね。

最近では大手キャリア(ソフトバンク・ドコモ・au)の他に、格安SIM(IIJmio・UQ mobile・Y!mobileなど)も登場しています。中には、家族を対象にした割引プランもあるので、家族全員で契約するのにおすすめです。

今回は「家族割」に対応しているキャリアを対象に、大手キャリアから格安SIMまでおすすめプランをご紹介します。

1.家族全員でのスマホ乗り換えの選択肢

ほんの数年前まで、スマホ乗り換えと言えば大手キャリアしか選択肢はありませんでした。しかし、最近では格安SIMが登場し、選択肢の幅はグッと広がっています。ちょっとした料金の差でも、家族全員分となると意外と大きな違いです。

大手キャリア(ソフトバンク・ドコモ・au)

家族でのスマホ乗り換えの定番と言えば大手キャリアです。

ソフトバンクにドコモ、auなどは各キャリアが独自に回線を所有しており、安定した回線とサービス環境で信頼を集めています。格安SIMが登場したとはいえ、格安SIM利用者は全体の1割程度(2018年現在)と、まだまだ大手キャリアが人気です。

また、「大手」なだけあり、様々なキャンペーンを展開しています。定番の1つが「家族を対象とした割引」です。つねに何かしらの家族割を展開しているので、家族でスマホ乗り換えするのならチェックしておくのがいいでしょう。

格安SIM(IIJmio・UQ mobile・Y!mobileなど)

月額料金が「格安」なことで人気を集めているのが格安SIMです。

「格安」とついているだけあり、中には月額料金がワンコイン(500円)と、大手キャリアでは考えられない料金設定のところもあります。キャンペーンのお得さはまちまちですが、基本となる月額料金が格安なだけに無視できない選択肢の一つになりつつあります。

また、最近では家族割を提供している格安SIMも登場しています。月額料金が格安なだけでなく、家族割でさらにお得になるので家族が多いご家庭にはありがたいですよね。

2.大手キャリアのメリット・デメリット

家族みんなでスマホ乗り換え
つねに何らかの「家族割」を提供しているだけに、大手キャリアはスマホ乗り換えを検討中の家族にとってチェックしてもらいたい選択肢です。しかし、大手キャリアにもデメリットはあるので注意しましょう。

大手キャリアの4つのメリット

大手キャリアのメリットとしては、やはり「安心感がある」ことでしょう。

通信の安定性

大手キャリアは通信・通話環境が安定しています。大手キャリアは独自の回線を所有し、全国にネットワークを広げているためです。安定した通信・通話環境を求めるのなら、大手キャリアが安心でしょう。

トラブル時のショップ対応

何かトラブルが発生したときには、ショップの店員さんが対応してくれる安心感があります。格安SIMでは店舗を持たない会社がほとんどなので、何かトラブルが発生した際は、電話での対応となることがほとんどです。電話で簡単に解決できれば良いのですが、なかなか簡単にはいかないケースも多いというのもSNSなどの口コミを見れば一目瞭然です。

安心の通話かけ放題プラン

大手キャリアでは3社ともかけ放題プランが準備されていますが、格安SIMでは5分~10分のかけ放題プランが主流です。長電話が多い方には、大手キャリアのかけ放題プランの方が安心ですよね。

家族で嬉しい「家族割」

大手キャリアではつねに何らかの「家族割」が提供されています。つまり、いつ契約しても何らかの「家族割」を利用できる訳です。少しでもお得に利用したい家族にとってはありがたい話です。

大手キャリアのデメリット

大手キャリアのデメリットとしては、「割高な料金面」です。

2000年前半に格安SIMが誕生するまで、携帯・スマホと言えば大手キャリア(ソフトバンク・ドコモ・au)のどれかしか選択肢はありませんでした。競争相手がいない「独占状態」だったことから、大手キャリアはどこも似たようなサービスが提供されきたので、どうしても格安SIMと比較すると割高になってしまします。

格安SIMが登場したことで独占状態からうまれた強気な料金設定が多少は緩和されたものの、いまだに似たようなサービスが提供されているのが現状です。今後、格安SIMが社会に浸透することでより緩和されることになっていくのではないでしょうか。

3.格安SIMのメリット・デメリット

家族みんなでスマホ乗り換え
2018年現在、国内の格安SIMは10社以上あり選択肢の幅は広がってきています。また、提供してるサービス内容も、さまざまなお客様のニーズに対応するような割引内容に、どんどん進化しています。

格安SIMのメリット

格安SIMのメリットとしては、「格安」ということは外せません。

名前にもあるように、格安SIMの月額料金は大手キャリアと比較して格安な設定です。例えば、古株の「mineo」には音声通話付きで月額1,310円からのプランがあります。新興の「LINE MOBILE」に至っては月額500円からです。

最近では大手キャリアのように「家族割」を提供している格安SIMも増えており、格安なだけでなくサービスも充実しています。「家族割」に限らず、格安SIMごとに特徴あるサービスを提供しているので、ぴったりなプランが見つかりやすいです。

格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリットとしては、「サービス内容に不安がある」ことでしょう。

基本的に格安SIMは、大手キャリアから回線を借り受けてサービスを提供しています。5車線道路(回線)あるうちの、1,2車線だけ借り受けているイメージです。つまり、契約者が増えると、回線がパンクしやすいのです。

また、格安SIMの多くは「ネット窓口」での対応が主流です。実店舗を設置しないことで人件費削減につながり、格安な設定ができる訳です。しかし、実店舗がないことで問い合わせしづらく、不満を抱えている方は少なくありません。

4.「大手」と「格安」どっちが良い!選択する5つのポイント

家族みんなでスマホ乗り換え
家族でのスマホ乗り換えは「大手キャリアと格安SIMのどっちがいいの?」とあまり詳しくない方だと判断が難しいところですよね?特に、ここ数年で勢力を伸ばしている格安SIMに至っては、何を基準にすればいいのか分からないことだらけではないでしょうか。

ここからは、スマホを乗り換えるにあたっての「大手」と「格安」の選ぶポイントを5つに分けてご紹介します。

毎月の利用料金の算出

「家族割」と一括りにしていますが、全体で割引されるのか、一人ずつ割引されるのかなど、キャリアによって提供しているキャンペーンには違いがあります。キャンペーンによっては、人数が増えるごとに割引額が増額されるものもあります。

また、家族構成はもちろん、個々が求めるサービスにも差があるはずです。両親は電話重視、子どもはネット中心など利用状況によっても求めるものは変わってきます。家族全体でどうお得になるのか?まずはプランに応じた毎月の利用料金を算出することから始めましょう。

取り扱っている機種の確認

キャリアや窓口(キャリアショップや代理店、家電量販店など)によって取り扱っているスマホ端末には種類があります。大手キャリアは最新機種を揃えていますが、格安SIMだと2,3世代前の機種ばかりというところもあるのです。

通話やネットなど、基本的な機能さえ使えればいいのであれば、どの機種でもあまり差はありません。しかし、カメラやデザインなどをこだわるのであれば端末の種類は重要です。欲しい機種があるかはあらかじめ確認しておきましょう。

利用するデータ容量の確認

キャリアによってデータプランには違いがあります。あえてデータ容量を制限して料金を抑えていたり、使い放題にする代わりに料金を高く設定していたりと様々です。一般的には大手キャリアと比較して、格安SIMはデータ容量が少ないと言えます。

電話重視であればそれほどデータ容量は必要ないですが、ネット中心に使うのであればある程度のデータ容量は必要です。音楽や動画を視聴するのに1ヶ月1~2GB程度では足りないので、スマホをどのように利用するかは考えておく必要があります。

通信・通話環境の確認

大手キャリアは独自に回線を所有しているので、通信・通話環境は安定しています。反対に、格安SIMは大手キャリアから回線の一部を借り受けているだけなので、契約者が増えてくると、どうしても通信・通話環境は乱れやすくなります。

また、地域ごとに回線のつながりやすさに差があります。地域によってソフトバンクの基地局が多かったり、ドコモの基地局が少なかったりするからです。通信・通話環境はネット上の口コミなどを参考に、チェックしておくことをオススメします。

※キャリアの紹介している通信速度は、あくまで整えられた環境下で計測されているので鵜呑みにするのは危険です。

乗り換え時のキャッシュバックも重要!

やはり携帯乗り換えときたら、以前は高額キャッシュバックが魅力の一つでしたよね。今はいろいろ規制がかかっているようですが、まだ高額キャッシュバックをやっているところも存在します

このキャッシュバックに関してはやはり大手3社が圧倒的に強いです。毎月の利用料金の安さも重要ですが、「乗り換え時にもらえる特典も重要!」という方はキャッシュバックの確認も忘れないようにチェックしましょう。

5.家族の月額料金の試算例【大手キャリア】

家族みんなでスマホ乗り換え
家族でスマホ乗り換えするとき、少しでも月額料金を抑えるのはもちろん、個々の利用状況に合わせたプランである必要があります。

ソフトバンク 「みんな家族割+」

家族みんなでスマホ乗り換え

「みんな家族割+」は、契約中のデータプランと利用人数に合わせて毎月割引を受けられるキャンペーンです。

「みんな家族割+」を利用できるデータプランは「ウルトラギガモンスター+」と「ウルトラギガモンスター」の2つになります。

「ウルトラギガモンスター+」とは5,980円(税別)/月で、月々50GBまで使えるネットも動画もし放題のプランです。さらに、YouTubeやTVer、GYAO!、LINEやInstagram、Facebookなどはどれだけ使ってもデータ消費されません。

「ウルトラギタモンスター+」での割引額を以下にまとめました。

利用人数 毎月の1人あたりの割引額
1人 0円/人
2人 500円/人
3人 1,500円/人
4人以上 2,000円/人

※税抜表示

「ウルトラギガモンスター」とは、「ウルトラギガモンスター+」の前に提供されていた月々50GBまで使えるネットし放題のプランです。ただし、2018年9月5日以降、ソフトバンクでは「ウルトラギガモンスター」の新規受付を終了しています。

「みんな家族割+」では同居している家族だけでなく、国内に住んでいる遠隔地の親戚、同居中の恋人やシェアハウスの仲間までが割引の対象です。同居している家族が3人だとしても、遠隔地に親戚がいれば4人以上にできます。

料金シミュレート

下記の料金シミュレートは4人家族(両親+学生2人)を想定して算出しています。
あくまで一例で、時期やキャンペーン内容によっては変動する可能性があります。

最新のiPhone Xsを4台購入し、通話基本プランとデータ定額 50GBプラスで契約したとします。

プラン 料金
機種代金 2,850円/月(48カ月)
通話基本プラン 1,200円/月
ウェブ使用料 300円/月
データ定額 50GBプラス 5,980円/月
1年おトク割 -1,000円/月(12カ月)
みんな家族割+ -2,000円/月
7,330円

※通話基本プランとは、国内通話20円/30秒と通話した分だけの通話料がかかるプランです。
※税抜表示

家族全員で同じプランで利用した場合は、合計29,320(税別)/月です。

家族 料金
大人(親) 7,330円
大人(親) 7,330円
子ども(学生) 7,330円
子ども(学生) 7,330円
29,320円/月

※ソフトバンクでは、2018年12月21から学生を対象にデータ定額を3カ月間無料にする「学割放題」を実施します。
※税抜表示

ドコモ 「ファミリー割引」

家族みんなでスマホ乗り換え

「ファミリー割引」は、グループ内(家族間)での国内通話を24時間無料にするキャンペーンです。

ドコモの定めた3親等以内の家族であれば、支払い口座や請求先が異なったとしても「ファミリー割」の対象にできます。また、最大20回線(20人分)までグループに含めることができるので、親戚みんなで無料通話を楽しめるのです。

※「ファミリー割引」の無料通話はドコモの契約者(家族)同士のキャンペーンです。

料金シミュレート

下記の料金シミュレートは4人家族(両親+学生2人)を想定して算出しています。
あくまで一例で、時期やキャンペーン内容によっては変動する可能性があります。

最新のiPhone Xsを購入し、シンプルプラン(スマホ)とウルトラシェアパック100(家族みんなで100GBのシェア)で契約したとします。

代表回線の月額料金は以下になります。

プラン 料金
機種代金 5,157円/月(24カ月)
シンプルプラン(スマホ) 1,058円/月
ウルトラシェアパック100 27,000円/月
インターネット接続サービス 324円/月
月々サポート -2,457円/月(24カ月)
月々サポート(子回線の残り) -4,854円/月
26,228円/月

※シンプルプラン(スマホ)とは、家族内での国内通話を無料にした通話定額プランです。
※税込表示

子回線(大人)の月額料金は以下になります。

プラン 料金
機種代金 5,157円/月(24カ月)
シンプルプラン(スマホ) 1,058円/月
シェアオプション 540円/月
インターネット接続サービス 324円/月
月々サポート -2,457円/月(24カ月)
4,622円/月

※シェアオプションとは、代表回線のデータ容量を子回線で分けあえるデータシェアプランです。
※税込表示

子回線(子ども1人分)の月額料金は以下になります。

プラン 料金
機種代金 5,157円/月(24カ月)
シンプルプラン(スマホ) 1,058円/月
シェアオプション 540円/月
インターネット接続サービス 324円/月
月々サポート -2,457円/月(24カ月)
ドコモの学割 -1,620円/月(申込月+12カ月)
3,002円/月

※税込表示

家族全員の月々のお支払い目安は、合計36,854円(税抜)/月です。

家族 料金
親回線 26,228円/月
子回線(親) 4,622円/月
子回線(学生) 3,002円/月
子回線(学生) 3,002円/月
36,854円/月

※税込表示

au 「家族割」

家族みんなでスマホ乗り換え

「家族割」はSMS(Cメール)、グループ内(家族間)での国内通話を24時間無料にするキャンペーンです。

家族であれば国内の遠隔地に住んでいても、請求先が異なっていても「家族割」の対象です。また、「2年契約」にも加入することで、契約プランに応じて月額料金から1,000円または1,500円、最大50%の割引を受けられます。

料金シミュレート

下記の料金シミュレートは4人家族(両親+学生2人)を想定して算出しています。
あくまで一例で、時期やキャンペーン内容によっては変動する可能性があります。

最新のiPhone Xsを購入し、auフラットプラン20(シンプル)で契約したとします。

大人の月額料金を以下にまとめました。

プラン 料金
機種代金 3,070円/月(24カ月)
アップグレードプログラムEX 390円(非課税)/月(24カ月)
auフラットプラン20(シンプル) 6,480円/月
auスマートバリュー -1,000円/月
スマホ応援割 -1,000円/月
7,940円/月

※アップグレードプログラムEXとは、端末購入後25カ月目以降に機種変更すると残金の支払いが不要になるプログラムです。
※auフラットプラン20(シンプル)とは、20GBまでのデータ容量と国内通話(20円/30秒)のついたプランです。
※税込表示

子どもの月額料金を以下にまとめました。

プラン 料金
機種代金 3,070円/月(24カ月)
アップグレードプログラムEX 390円(非課税)/月(24カ月)
auフラットプラン20(シンプル) 6,480円/月
auスマートバリュー -1,000円/月
スマホ応援割 -1,000円/月
フラット学割20 -2,500円/月(3カ月間)
5,440円/月

※税込表示

家族 料金
大人(親) 7,940円/月
大人(親) 7,940円/月
子供(学生) 5,440円/月
子供(学生) 5,440円/月
26,760円/月

家族全員の月々のお支払い目安は、合計26,760円(税抜)/月です。
※税込表示

6.家族の月額料金の試算例【格安SIM】

家族みんなでスマホ乗り換え
ソフトバンクにドコモ、auなど大手キャリアの料金プランは、できるだけ条件を合わせることでそれほど差のないことが分かります。では、格安SIMの場合はどうなのでしょうか?今回は、「家族割」に対応している6社のプランを比較してみました。

IIJmio 「ファミリーシェアプラン」

家族みんなでスマホ乗り換え

「ファミリーシェアプラン」は、家族全員分の月額料金をスマホ1台分にまとめられるキャンペーンです。

家族であれば国内の遠隔地に住んでいても「ファミリーシェアプラン」に加入できます。また、契約者1人に対して最大10枚までのSIMカードを追加でき、同居している家族から実家に住んでいる両親の分まで1つにまとめることが可能です。

料金シミュレート

下記の料金シミュレートはすべて公式サイトのシミュレーターを使用し、4人家族を想定して算出しています。
あくまで一例で、時期やキャンペーン内容によっては変動する可能性があります。

Motorola Moto X4(スマホ)を購入し、ファミリーシェアプランと音声通話付きSIMで契約したとします。

プラン 料金
機種代金 2,250円/月(24カ月)
ファミリーシェアプラン(12GB) 2,560円/月
音声通話機能付きSIM 700円/月
5,510円/月

※税抜表示

家族全員の月々のお支払い目安は、合計12,260円(税抜)/月です。

家族 料金
親回線 5,510円/月
子回線(親) 2,250円/月(24カ月)
子回線(学生) 2,250円/月(24カ月)
子回線(学生) 2,250円/月(24カ月)
27,134円/月

※税抜表示
※2人目以降は機種代金2,250円/月しかからない計算です。

UQ mobile 「UQ家族割」

家族みんなでスマホ乗り換え

「UQ家族割」は、家族内の2回線目以降を人数分だけ割引できるキャンペーンです。

「UQ家族割」であれば2台目以降のスマホは、月々500円割引にできます。また、5分以内の国内通話であれば24時間何度かけても無料です。

料金シミュレート

下記の料金シミュレートはすべて公式サイトのシミュレーターを使用し、4人家族を想定して算出しています。
あくまで一例で、時期やキャンペーン内容によっては変動する可能性があります。

DIGNO A(スマホ)を購入し、おしゃべりプラン S(何度でも5分かけ放題)で契約したとします。

※おしゃべりプラン Sとは、3GBのデータ容量と国内通話であれば何度かけても5分かけ放題のプランです。

1台目の月額料金は以下になります。

プラン 料金
機種代金 2,462円/月(24カ月)
<おしゃべりプラン S(3GB)/td>

2,138円/月
4,600円/月

※税抜表示

2台目以降の月額料金は以下になります。

プラン 料金
機種代金 2,462円/月(24カ月)
おしゃべりプラン S(3GB) 2,138円/月
UQ家族割 -500円/月
4,100円/月

※税抜表示

家族全員の月々のお支払い目安は、合計16,900円(税抜)/月です。

家族 料金
大人(親) 4,600円/月
大人(親) 4,100円/月
子供(学生) 4,100円/月
子供(学生) 4,100円/月
16,900円/月

※税抜表示

Y!mobile 「家族割引サービス」

家族みんなでスマホ乗り換え

「家族割引サービス」は、指定の料金プランで契約すると2台目以降に割引がつくキャンペーンです。

「家族確認書類」を提出することで、2台目以降は月々500円が割引されます。同居する家族はもちろん、親等数に関係なく国内の遠隔地にいる親戚、同一住所である恋人までが「家族割引サービス」の対象です。

料金シミュレート

下記の料金シミュレートはすべて公式サイトのシミュレーターを使用し、4人家族を想定して算出しています。
あくまで一例で、時期やキャンペーン内容によっては変動する可能性があります。

Android One X5(スマホ)を購入し、スマホプランSで契約したとします。
※スマホプラン Sとは、3GB(3年目から2GB)のデータ容量と1回10分の国内通話が何度でも無料のプランです。

1台目の月額料金を以下にまとめました。

プラン 料金
機種代金 3,456円/月(24カ月)
スマホプラン S(3GB) 3,218円/月
月額割引 -972円/月(翌月から48カ月)
ワンキュッパ割 -1,080円/月(翌月から24カ月)
家族割引サービス -500円/月(2台目以降)
4,622円/月

※税込表示

2台目以降の月額料金を以下にまとめました。

プラン 料金
機種代金 3,456円/月(24カ月)
スマホプラン S(3GB) 3,218円/月
月額割引 -972円/月(翌月から48カ月)
ワンキュッパ割 -1,080円/月(翌月から24カ月)
家族割引サービス -500円/月(2台目以降)
4,122円/月

※税込表示

家族全員の月々のお支払い目安は、合計16,988円(税込)/月です。

家族 料金
大人(親) 4,622円/月
大人(親) 4,122円/月
子供(学生) 4,122円/月
子供(学生) 4,122円/月
16,988円/月

※税込表示

NifMo 「ファミリープログラム」

家族みんなでスマホ乗り換え

「ファミリープログラム」は、同一の契約者数(家族の人数)に合わせてプレゼントがもらえるキャンペーンです。

家族間でデータ容量をシェアできる「シェアプラン」が利用でき、さらに2契約以上を対象に1人あたり月々0.5GBのデータ容量がプレゼントされます。また、「ファミリープログラム」であれば未成年の利用も可能です。

※NifMoでは、未成年(20歳未満)での単独契約はできません。

料金シミュレート

下記の料金シミュレートはすべて公式サイトのシミュレーターを使用し、4人家族を想定して算出しています。
あくまで一例で、時期やキャンペーン内容によっては変動する可能性があります。

ASUS ZenFone 5(スマホ)を購入し、音声通話対応SIM(3GB)で契約したとします。

プラン 料金
機種代金 2,038円/月(24カ月)
音声通話対応SIM 700円/月
データ通信プラン(3GB) 900円/月
3,638円/月

※税抜表示

家族全員の月々のお支払い目安は、合計14,552円(税抜)/月です。

家族 料金
大人(親) 3,638円/月
大人(親) 3,638円/月
子供(学生) 3,638円/月
子供(学生) 3,638円/月
14,552円/月

※税抜表示

楽天モバイル 「プラス割」

家族みんなでスマホ乗り換え

「プラス割」は、2回線目以降の契約に対して大幅還元をつけるキャンペーンです。

「プラス割」では2回線目以降は月額料金が「3カ月間無料」に、さらに通話プランの方なら5,000円還元も受けられます。例えば、4人家族であれば3人分の月額料金が3カ月間も無料になる訳です。

料金シミュレート

下記の料金シミュレートはすべて公式サイトのシミュレーターを使用し、4人家族を想定して算出しています。
あくまで一例で、時期やキャンペーン内容によっては変動する可能性があります。

R17 Pro(スマホ)を購入し、スーパーホーダイ プランS(2GB)で契約したとします。

プラン 料金
機種代金 2,912円/月(24カ月)
スーパーホーダイ プランS(2GB) 1,980円/月
最低利用期間(3年) -1,000円/月(48カ月)
3,892円/月

※スーパーホーダイ プランS(2GB)とは、2GBのデータ容量と1回10分の国内通話が何度でも無料のプランです。
※税抜表示

家族 料金
大人(親) 3,892円/月
大人(親) 3,892円/月
子供(学生) 3,892円/月
子供(学生) 3,892円/月
15,568円/月

※税抜表示

7.まとめ

家族でのスマホ乗り換えとなると、1番に気になるのは「月額料金」ですよね。

大手キャリアで通信容量の大きなプランを契約するとスマホ1台あたり月々7,000円(機種代金+月額料金)ほどかかります。4人家族で乗り換えると、月々28,000円の負担です。

少しでも月額料金の安い、割引の大きなキャリアに魅力を感じるのは当然でしょう。「安さ」で選ぶのであれば格安SIMが断然おすすめです。しかし、安定した通信・通話環境、充実のサービスと「安心」を求めるのなら大手キャリアです。

家族構成、個々の利用状況によって求めるサービスは異なるので、いかにベストな利用環境を崩さずに、しかも安く使えるかをしっかりと検討してから乗り換えを上手にできると良いですね。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ11・Pro予約受付中

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

日本初が満載!期間限定の特別還元祭

ご相談無料
0120-922-386
営業時間:9:00~21:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ
bellface