ソフトバンクが9月22日よりiPhone向けサービス「迷惑電話ブロック」に「迷惑メール自動振り分け機能」を追加

ソフトバンクは、2017年9月22日(金)より「iPhone基本パック」で提供している「迷惑電話ブロック」に「迷惑メール自動振り分け機能」を追加します。

「iPhone基本パック」とは?

「iPhone基本パック」は月額使用料500円で、以下のようなオプションサービス(総額1,000円以上)をまとめて利用できるサービスです。

ソフトバンクのiPhone向けサービス「iPhone基本パック」

新機能「迷惑メール自動振り分け機能」とは?

今回追加される「迷惑メール自動振り分け機能」は、実際の犯行に使用された迷惑電話番号のデータベースをもとに、迷惑メールをメール送信元や本文内記載の電話番号から自動で検知し、受信と同時にiPhoneの「メッセージ」アプリ内【迷惑メッセージ】フォルダに振り分けるというもの。

■イメージ図
「迷惑メール自動振り分け機能」イメージ図

検知した迷惑メールは、アイコンバッジ以外に受信の通知が表示されず、誤って開く可能性も低くなり、安心してiPhoneを利用することができます。

アプリをダウンロードすればすぐに使えるように!

「迷惑電話ブロック」のアプリケーションをダウンロードして設定すれば使えるようになります。

すでに「迷惑電話ブロック」を利用中の場合は、iOS11.0以降のiPhoneでアプリケーションのアップデートを行うと、自動で「迷惑メール自動振り分け機能」が追加され、利用できるようになります。

■ダウンロード前の表示
「迷惑メール自動振り分け機能」が追加される前の表示

■ダウンロード後の表示
「迷惑メール自動振り分け機能」の表示01

「迷惑メール自動振り分け機能」の表示02

対象は、SMSと「@softbank.ne.jp」ドメイン宛のMMSで、iMessageや「@i.softbank.jp」宛のメールは対象外とのことです。

「迷惑電話ブロック」の解説動画

ちなみに、「迷惑電話ブロック」はApp Storeで月額350円(税込)で提供されているので、ソフトバンク以外のキャリアのユーザーも利用可能です。

そして、こんなツイートが…

本当でしょうか…(笑)。

携帯乗り換えについて問い合わせる

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ