中学生のスマホ事情を解明!人気のiPhoneの格安入手法もご紹介

中学生のスマホ事情を解明!人気のiPhoneの格安入手法もご紹介

中学生になる子供にスマホを買ってあげるかどうか、お悩みではありませんか?

「中学生にスマホを買い与えるのはまだ早いのでは?」
「スマホでトラブルに巻き込まれないか心配・・・」
「買ってあげたいけど安くすませたい!」

そんなお悩みを持つあなた必見です!

そこで今回は、中学生のリアルなスマホ事情を徹底解説します。

さらに、学生の間で最も人気の「iPhone」をおトクに手に入れる方法までご紹介しますので、金額面にネックを感じているかたも要チェックです。

中学生のスマホ所持率って?まずは最新事情を徹底解説

中学生のスマホ所持率って?まずは最新事情を徹底解説

はじめにご紹介していくのが、中学生のリアルなスマホ事情

「中学生にスマホを持たせるのは早いのでは?」とお考えのかたも多いかと思いますが、世間一般の所有率はどうなのでしょうか。

ここではまず、中学生のスマホ普及率などの最新事情をチェックしてみましょう。

スマホ所有率は8割!持っていないのが少数派

中学⽣のスマホ所有率(引用:パソコンで手早く文字入力ができる中学生は2~4割

まず結論からお伝えすると、現中学生の大半がすでにスマホを持っています

NTTドコモ「モバイル社会研究所」の調査によると、関東の中学生で8割、近畿では約7割、そのほかでも5割以上と、全国でスマホの普及率がぐっと伸びていることが分かりました。

この結果から、いまや中学生がスマホを持つのは珍しくなく、むしろ持っていないのが少数派となっています。

中学校へのスマホ持ち込みが認めされた

実際に中学校のスマホ持ち込み問題も、ガラリと変わりました。

これまでは禁止されていましたが、今年7月にその方針が一部解除

スマホは子供の緊急時の対応や防犯対策に有効だとされ、条件をクリアすれば持ち込めるようになったのです。

その気になる条件とは、以下の3つ。

  1. 学校における管理方法や、紛失等のトラブルが発生した場合の責任の所在を明確にすること
  2. フィルタリングが保護者の責任のもとで適切に設定されていること
  3. 携帯電話の危険性や正しい使い方に関する学校および家庭における指導が適切に行われていること

中学生になると帰宅時間が遅くなることも考慮され、このような措置が取られたのでしょう。

いまやスマホは『子供の安全を守るのに役立つもの』だと認識されており、必要性が高まっていることが分かります。

中学生の1日のスマホ使用時間は?実態が明らかに

それでは中学生は、1日にどれくらいの時間スマホを使っているのでしょうか。

内閣府の「青少年のインターネット利用環境の実態調査」によると、平成29年の時点で、1日の平均利用時間は2時間以上

内容としては、主に動画視聴(YouTubeなど)やゲーム、LINEでのやりとりが多くなっています。

多くの中学生が長時間スマホを使っており、すでに「あって当たり前の存在」となっているのです。

(参考:平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査

中学生にスマホを持たせるメリット・デメリットをチェック

中学生にスマホを持たせるメリット・デメリットをチェック

そこで次に解説していくのが、中学生がスマホを持つメリットとデメリット

3つずつピックアップし、それぞれのポイントを詳しくご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

スマホを持たせるメリットはこちら!利点をご紹介

まずはじめに、中学生にスマホを持たせると次のようなメリットを期待できます。

  1. 子供の安全確認がしやすい
  2. 友人とコミュニケーションを取りやすい
  3. 学習力がアップする

それでは、ひとつずつ読み明かしていきましょう。

メリット①子供の安全確認がしやすい

スマホを持たせることの最大のメリットは、「子供の安全確認がしやすい」ところです。

GPSにより子供の位置情報を確認できるのはもちろん、定期的に居場所を探せたり移動を見守れたりと、さまざまな防犯機能を利用することができます。

さらに緊急時の連絡手段としても、スマホは大きな役割を果たすでしょう。

中学生にもなると、子供は次第に自立に向かいますが、親はまだまだ心配ですよね。

防犯面の不安を解消できる上に、子供の安全確保が叶うのが「スマホ」なのです。

メリット②友人とコミュニケーションを取りやすい

2つ目のメリットは、「友人とコミュニケーションを取りやすい」というもの。

中学生の大半がスマホを持っているこのご時世、子供たちはLINEなどのSNSを通して繋がりを得ています。

スマホを持っていればコミュニケーションを取りやすいですし、簡単に友人の輪を広げることができるでしょう。

反対にスマホを持っていないと、話題についていけなかったり、仲間外れにされる可能性も。

思春期真っ盛りの多感な時期だからこそ、親としてこの点はよく理解してあげたいところです。

メリット③学習力がアップする

3つ目のメリットは、「学習力がアップする」というものです。

インターネットを利用すればどんな情報も手に入ることにより、自然と『調べるクセ』がつくところが嬉しいポイント。

つまりスマホを利用しているうちに、分からないことは自分で調べて解決しようという意識が身につくでしょう。

「自分自身で問題解決する力」は、自己成長のためにもとても大切。

そのクセが中学生の時点でナチュラルに身につくのは、大きなメリットだと言えます。

中学生にスマホは危険!?デメリットも併せて解説

以上より、スマホは様々な面でなにかと便利ですが、もちろんデメリットもいくつかあります。

そこでご紹介するのが、スマホ利用から考えられる次のような弊害

  1. スマホ中毒になる可能性がある
  2. 様々なトラブルに巻き込まれる恐れも
  3. 学力が低下する危険性あり

デメリットを押さえておけば、スマホの悪い影響を未然に防ぐことができますので、ぜひこの機会に目を通してみてください。

デメリット①スマホ中毒になる可能性がある

まず一つ目のデメリットは、皆さんお察しであろう「スマホ中毒になる可能性がある」というものです。

スマホでは友人とのコミュニケーションから娯楽面まで、さまざまなことができて便利ですが、その利便性の高さから依存する人々が増えています

中学生も、スマホの使用がやめられなかったり、こまめにチェックできなければ不安を感じてしまったりと、中毒になる可能性が大いにあるでしょう。

デメリット②さまざまなトラブルに巻き込まれる恐れも

スマホを正しく利用できなければ、「さまざまなトラブルに巻き込まれる」恐れもあります。

そこで中学生にありがちなのが、『人間関係』のトラブル。

いつでも友達と簡単に繋がることができるのは魅力的ですが、顔が見えないやり取りとなると、ちょっとしたすれ違いからゴタゴタに発展する可能性もあります。

LINEで例を挙げると、返信が遅れたり、既読スルーをするだけでトラブルになるケースも。

また、SNSで人の悪口を書き込んだりと、中学生の間でネットいじめが絶えないのも事実です。

さらにいうと、『個人情報の流出』『性的被害』、意図しない『有料サービスの利用』の危険も。

中学生はまだまだネットリテラシーが低いことから、ネットトラブルの事例が数多く挙げられています。

デメリット③学力が低下する危険性あり

また恐ろしいことに、スマホを過剰に使うことで「学力が低下する危険性」も十分に考えられます。

「ベネッセ教育総合研究所」の調査結果によると、成績が低い学生ほど、インターネットの利用時間が長いことが明らかに。

中学生のインターネット利用実態(引用:中学生のインターネット利用実態

例えば、スマホを使用した「ながら学習」では注意散漫になりやすく、勉強の集中力や記憶力を低下させる恐れがあります。

またスマホを長時間使うと、脳はテレビやゲームなどの娯楽を楽しんだ後と同じ状態になり、学習の効果が薄れる可能性もあると報告されているのです。

前述のとおり、スマホで学習力(問題解決力)が高まるのは事実ですが、使いすぎると学力低下につながるかもしれません。

子供のスマホ問題の不安を解消!親が心得るべき事と『ルール』とは

子供のスマホ問題の不安を解消!親が心得るべき事と『ルール』とは

以上より、スマホ使用にはいくつかデメリットがあるものの、それは中学生に限って当てはまるわけではありません。

問題は、スマホを与えることではなく使い方を誤ること

スマホが便利であること、そして大半の中学生がすでに所持していることは事実ですし、ここでは「スマホを持たせる=悪」という意識を取っ払ってもらえると幸いです

そこで次に、中学生にスマホを買い与える際に親が心得るべきことと、親子間で作るべきルールをご紹介します。

スマホ問題を通して子供と良い関係を築くには何を意識すべきなのか、そしてトラブルを防ぐにはどのような約束事が必要なのか、ここでチェックしてみましょう。

気持ちを頑なに否定するのはNG!信頼関係を築いて

あなたは、お子さんのスマホが欲しいという意見を、意地になって否定していませんか?

まだ中学生にスマホは早い、成績が落ちそうで怖い・・・と悪い認識にとらわれている親御さんは多いかと思いますが、「ダメ」の一点張りになってしまうのはよくありません

子供の気持ちを考えずにかたくなに否定すると、不信感を与える可能性がありますし、親子間の衝突を引き起こす恐れも。

スマホが悪影響を及ぼす可能性があるのは事実ですが、デメリットのほとんどは解消できるので、そんなに悪いものだと思う必要はないのです!

スマホ問題から信頼関係を損なわないためにも、まずは親であるあなたが問題の解決策をチェック。

そうして子供の気持ちも尊重して、スマホを持たせることに前向きになりましょう。

ルールや制限をきちんと決めて依存やトラブルを防ごう

悪い問題を防ぐために重要なのが、「スマホ利用のルールや制限をきちんと決める」こと。

スマホ依存症になるのではないか、学力が下がるのではないか、親子のコミュニケーションが減るのではないか・・・

などと不安に思っているかもしれませんが、スマホルールを決めたら大丈夫ですし、実際に多くのご家庭でそうやって解決しているのでご安心を!

ここでは、デメリットを解消するためのスマホルール例と、それぞれのポイントをチェックしてみましょう。

【スマホルール①】利用時間・期間を決めて依存や学力低下を防ごう

中学生にスマホを持たせるにあたり、依存や使いすぎによる学力低下を恐れているかたが多いかと思います。

そこで、スマホ利用のよくあるルールがこちら。

  1. スマホを使うのは○時~○時まで
  2. 勉強中にはスマホを使用しない
  3. テスト期間中はスマホ禁止
  4. テストで学年順位が○位以下になったら没収

重要なのは、スマホの使用にメリハリをつけさせることです。

スマホで娯楽を楽しむのは良いのですが、何より「勉学が第一」という意識を持たせ、依存や学力の低下を防ぎましょう。

ただし、あまりにもルールを厳しくすると守るのが難しいですし、かえって子供の学習意欲を下げる恐れがあるので、無理のない程度に設定することが大切

また親子の会話が減るのではと不安に思っているのなら、食事中はスマホ使用を禁止したりと、家族で一緒に過ごす時間を大事にさせるとOKです。

【スマホルール②】いじめが不安なら!子供と向き合ってマナーを理解させて

メディアリテラシー教育が十分ではない、中学生の間で多く見受けられるのが、ズバリ「ネットいじめ」です。

ネットという閉ざされた空間の中で行われるため、親や学校が気づきにくいところが厄介。

そこでいじめの被害者にも加害者にもさせないためには、子供と向き合う時間を大切にし、ちょっとした異変にも早く気づいてあげることが重要となります。

些細なことでも相談できる関係性・家庭の環境づくりを心がけると、子供をいじめそのものから遠ざけることができるでしょう。

また、「自分がされて嫌なことを他人にしてはいけない」というような、人付き合いの重要なマナーを教え、それをスマホ利用のルールとするのもおすすめです。

【スマホルール③】個人情報の流出に注意!犯罪被害を防ぐためには

中学生のネットトラブルで多く挙げられるのが、「個人情報の漏えいや犯罪被害」

よくある具体的な被害としては、以下の通りです。

  1. SNSの投稿による個人の特定・待ち伏せ被害
  2. SNSやネットで知り合った人による性犯罪被害
  3. IDやパスワード漏えいによる乗っ取り・悪用
  4. オンラインショッピングでのトラブル
  5. ワンクリック詐欺や不当請求
  6. 危険な公衆Wi-Fiの利用による情報流出

ネットリテラシーが低いと、このような被害を受けやすいため十分に注意が必要。

これらを防ぐためにも、お子さんとネット上にむやみに個人情報を載せないことを約束してください。

そして何より、ウェブ上に公開した情報は誰もが閲覧できること、ネットには危険がはびこっていることをしっかりと学習させましょう。

スマホデビューはiPhoneがおすすめ!格安で手に入れるならここだ!

スマホデビューはiPhoneがおすすめ!格安で手に入れるならここだ!

いざお子さんのスマホを選ぼうとなった時、どれが良いのか分からずに悩まれる方が大半。

そこで今回、中学生のスマホデビューにぜひともおすすめしたいのが、数ある中でも圧倒的な人気を誇る「iPhone」です!

ここではiPhoneをおすすめする理由から、リーズナブルに手に入れる方法までご紹介しますので、スマホ選びの参考にしてみてください。

iPhoneが良い理由って?気になるメリットとは

そこではじめにご紹介するのが、数あるスマホの中からiPhoneをおすすめする理由

Androidのほうが機種が豊富ですが、なぜあえてiPhoneを選ぶべきなのでしょうか。

まずは5つのメリットをピックアップし、それぞれのポイントを徹底解説します。

【メリット①】圧倒的なブランド力!安定感があり持ちも良い

まずiPhoneの魅力と言えば、ズバリ「圧倒的な安心感とブランド力」です。

日本におけるiPhoneの普及率は、世界的に見てもトップクラスであり、まさに幅広い世代から長く愛されているスマホ。

現に、中高生の間で最も選ばれているのがiPhoneです。

説明書がなくても簡単に扱えるシンプルな操作性も魅力で、中学生のスマホデビューにぴったりでしょう。

またiPhoneは、Androidと比べて端末自体に安定感があり、長持ちしやすいところも◎

【メリット②】充実のサポートで故障しても安心

iPhoneをおすすめする理由は、「サポートが充実している」ところにもあります。

サポートサービス「AppleCare」に加入しておけば、万が一画面割れや盗難、紛失などがあっても、保証を受けることが可能。

さらに本体の修理や交換だけではなく、バッテリーの修理サービスも含まれているため、1台のスマホを長く使いたい場合におすすめです。

【メリット③】有害なアプリが比較的少なく安全

アプリによるウイルス感染に関して、iPhoneには公式的な対策ソフトはないものの、危険性は低いとされています。

というのもiPhone公式のAppストアでは、アプリ公開までに厳しい審査が入っており、有害なアプリは排除

それに比べAndroidは不正アプリが多く、ウイルス感染や個人情報漏えいなどのリスクが高いのですが、iPhoneならこの心配が少ないところもポイントです。

【メリット④】中古ショップの買い取りや下取りサービスで優遇される

さらにiPhoneは、「中古ショップの買い取りや携帯ショップの下取りサービスで優遇されている」ところも魅力的!

日本でシェア率が非常に高く、圧倒的に人気のある機種ですので、古いタイプでも手厚く対応されています。

ケースやフィルムなどを使ってきれいな状態を保てば、高額で買い取ってもらえるかもしれないので、のちのち得をする可能性が高いでしょう。

【メリット⑤】アクセサリーが豊富でおしゃれを楽しめる

最後に、「アクセサリーが豊富でおしゃれを楽しめる」ところも、中学生におすすめできる理由の一つです。

iPhoneはAndroidと比べて、ケースなどのアクセサリーが数多く販売されており、それらで『自分らしさ』を演出することが可能

個性を大事にしたい中学生にとっては、この点もうれしいポイントです。

格安スマホって実際どうなの?リーズナブルだが思わぬ落とし穴が

iPhoneの良さが分かったところで、次に気になってくるのがキャリアの選び方

誰もが安く買いたい、使いたいでしょうし、「格安スマホ」にこだわるかたも多いのですが、実は思わぬ落とし穴があるので注意が必要です。

そこで格安スマホのメリットといえばズバリ、圧倒的にリーズナブルな金額で運用できるところ。

しかし、安いからこそのデメリットもいくつかあります。

  1. 時間帯によってはデータ通信が安定しない
  2. キャリアメールや決済、家族間無料通話が使えない
  3. 大手と比べるとサポートが弱い
  4. 最新機種(人気のiPhoneなど)が選べない場合も

このように、格安スマホには金額面以外のデメリットがあることを理解しておきましょう。

一方大手の携帯会社なら、これらのデメリットがない上に、実は格安スマホと同じくらいの金額で使えるので要チェックです。

3キャリアの中でおすすめはソフトバンク!実は安く利用できる

そもそも中学生のスマホのキャリア選びでは、家族内で同じ会社にするのが基本。

異なるキャリアで契約すると、家族割が使えなかったり、家族内の無料通話やパケットの分け合いができなかったりと、デメリットが出てくるからです。

そこで、大手3大キャリアの中で最もおすすめなのが、SoftBank(ソフトバンク)

その理由としては・・・

  1. データ通信が安定している
  2. 中学生向けの安いプランがある
  3. 最新の人気機種の取扱いが早い
  4. 安心のサポート体制
  5. オプションやキャンペーンが充実

月の利用料金に関しては、独自の「メリハリプラン」を選ぶと、中学生がよく使う動画SNSの対象サービスを50GB分たっぷり楽しんでも3,480円から。

さらに、ギガ利用料が少ない月には自動的に割引され、1,980円まで安く抑えることができます。

↓中学生におすすめの料金プランはこちら↓

データの料金 7,480円
通話オプション なし
(20円/30秒の従量課金)
割引 -1,000円
(おうち割 光セット)
-2,000円
(みんな家族割/4人以上)
-1,000円
(半年おトク割/6か月間)
消費税 348円
料金プラン合計 3,828円/月※2GB以下の利用でさらに1,500円引

「大手携帯会社って高いんじゃない?」とイメージされがちですが、3大キャリアの中でも『ソフトバンク』なら安く利用できておすすめですよ。

さらに、もっとおトクにソフトバンクのiPhoneを使いたいあなたに朗報です!

ソフトバンクのWEB代理店「MOBACITY(モバシティ)」では、BIGなキャッシュバックを受け取ることができます

次に、その気になる詳細を見ていきましょう。

※3キャリアの比較記事はこちらをチェック!

ソフトバンク代理店“MOBACITY(モバシティ)”でお得に!自宅で簡単契約&2万円貰える

モバシティfirst-top

モバシティとは、来店不要でオンライン(自宅)からの簡単契約を叶えた、ソフトバンクのWEB代理店

ショップ契約のネックとなりがちな、面倒な手続きや待ち時間もなく、誰でも気軽に携帯の新規契約や他社からの乗り換えができます

もちろん機種の取扱いも豊富で、最新の人気iPhoneだって簡単に手に入れることが可能です。

そのほかにも、モバシティの魅力はたくさん!

  1. ソフトバンクの公式代理店なので安心安全
  2. オンライン手続きにより手間がかからない
  3. 不要なオプションやセールスもない
  4. 機種の頭金が不要(ショップでは1万円支払い)
  5. 最短当日で現金2万円キャッシュバック

中には、「オンライン契約ってなんだか不安・・・」と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。

ですが、一般的な携帯ショップと変わらず安心安全に契約できますし、営業電話やメールなども、もちろんないのでご安心を

契約に面倒な手間がない上に、現金が返ってきたりとメリット尽くしですので、お見積りだけでもお気軽にお問合せください!

↓モバシティの詳細はこちらから↓
ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

まとめ:中学生にスマホは遅くない!おトクに手に入れよう

今回は、中学生のスマホ事情からiPhoneを安くゲットする方法までご紹介しましたが、いかがでしたか?

今となっては、中学生がスマホを持つのは一般的。

子供の安全面や友人関係を考えても、ぜひとも持たせておきたいところです。

そこでスマホ選びのポイントとして押さえておきたいのは、ズバリ安心の大手携帯会社で安く利用すること

ソフトバンクのスマホを安く使いたい、現金のキャッシュバックでよりお得を感じたいあなたは、WEB代理店モバシティをチェックしてみてください!

お電話1本・最短5分で契約が完了し、自宅にいながらでも携帯ショップのような対応が受けられますよ。

誰でもカンタン!ご相談やお見積りはこちらから!

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ11・Pro予約受付中

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

日本初が満載!期間限定の特別還元祭

ご相談無料
0120-914-126
営業時間:10:00~22:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ
bellface