中学生のスマホ所持率とは?メリット・デメリットや親子ルールまで解説

中学生のスマホ事情を解明!人気のiPhoneの格安入手法もご紹介

中学生になる子供にスマホを買ってあげるかどうか、お悩みではありませんか?

「中学生にスマホはまだ早いのでは?」
「SNSいじめやトラブルに巻き込まれないか心配」
「買ってあげたいけど安くすませたい!」

・・・そんなお悩みや不安をお持ちの方必見です!

今回は、中学生のリアルな「スマホ事情」持たせるメリット・デメリットを徹底解説。

安全に使うための親子のスマホルール例も具体的にご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

1中学生のスマホ所持率って?まずは最新事情を徹底解説

中学生のスマホ所持率って?まずは最新事情を徹底解説

まずはじめにご紹介していくのが、中学生のリアルな「スマホ事情」

「中学生にスマホはまだ早い」と思われがちですが、実際のところ周りの所有率はどうなのでしょうか。

それでは、中学生のスマホ普及率などの最新の携帯事情をチェックしてみましょう。

中学生のスマホ所有率は「8割」!持っていないのが少数派

次の調査によると、中学生の大半が既にスマホを持っていることが分かりました。

■スマホ・ケータイ所有率(地域・学年別)
スマホ・ケータイ所有率の画像(引用:パソコンで手早く文字入力ができる中学生は2~4割

関東で8割、近畿で約7割、その他でも5割以上と全国でスマホの普及率がぐっと伸びているのが明らか。

今となっては、中学生が自分専用のスマホを持つのは「当たり前」になっているのです。

【豆知識】実際に中学校へのスマホ持ち込みが認めされた

実際に中学校のスマホ持ち込み問題も、昔と比べてガラリと変わりました。

これまでは持ち込みが禁止されていましたが、2020年7月にその方針は一部解除

スマホは子供の緊急時の対応や防犯対策に有効だとされ、条件をクリアすれば持ち込めるようになったのです。

その気になる条件とは、以下の3つ。

  1. 学校における管理方法や、紛失等のトラブルが発生した場合の責任の所在を明確にすること
  2. フィルタリングが保護者の責任のもとで適切に設定されていること
  3. 携帯電話の危険性や正しい使い方に関する指導が適切に行われていること

中学生になると帰宅時間が遅くなることも考慮され、持ち込みが容認されたのでしょう。

いまやスマホは『子供の安全を守るのに役立つもの』だと認識されており、必要性が高まっていることが分かります。

中学生の1日のスマホ使用時間は?実態が明らかに

では中学生は実際、1日にどれくらいの時間スマホを使っているのか気になりますよね。

そこで内閣府の「青少年のインターネット利用環境の実態調査」によると、1日の平均利用時間は2時間以上

内容は動画視聴ゲームLINEなどのSNS利用が多く、主に「娯楽」を楽しんでいることが分かります。

親としては、子供が長時間スマホで遊ぶというのは気になるところですが、事実このような実態が明らかです。

(参考:平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査

2中学生にスマホを持たせるメリット・デメリットをチェック

中学生にスマホを持たせるメリット・デメリットをチェック

大半の中学生がスマホを持っていると分かったところで、次にスマホを持たせるメリット・デメリットをご紹介。

スマホを持たせるにあたって、まずは親が良い点と悪い点のどちらも正しく理解しておくことが重要となります。

それではそれぞれを3つずつピックアップして詳細を解説するので、ひとつひとつ見ていきましょう!

スマホを持たせるメリットはこちら!利点をご紹介

まずはじめに、中学生にスマホを持たせるメリットは次の3つ。

  1. 子供の安全確認がしやすい
  2. 友人とコミュニケーションを取りやすい
  3. 学習力がアップする

それでは、ひとつずつ詳しくご紹介していきます。

メリット①子供の安全確認がしやすい

スマホを持たせる最大のメリットは、「子供の安全確認がしやすい」という点でしょう。

GPSで居場所を確認できたり、緊急時にはすぐに連絡が取れたりと、子供の防犯対策に非常に役に立ちます。

中学生になると帰宅時間が遅くなり、行動範囲も広がって心配ですがスマホがあれば安心です。

メリット②友人とコミュニケーションを取りやすい

2つ目のメリットは、「友達とコミュニケーションを取りやすい」というもの。

友達づくりで悩みやすいこの時期、「LINE」などのSNSを通して気軽に連絡を取り合えるのは大きなメリットです。

スマホは子供の交友関係を広げるうえで有効なコミュニケーションツールだと言えるでしょう。

メリット③学習力がアップする

3つ目のメリットは、「学習力がアップする」というものです。

インターネットを利用すればどんな情報も手に入ることにより、自然と『調べるクセ』がつくところが嬉しいポイント。

つまりスマホを利用しているうちに、分からないことは自分で調べて解決しようという意識が身につくのです。

中学生にスマホを持たせるのは危ない!?デメリットも併せて解説

続いてご紹介するのが、スマホを持たせることで考えられる3つのデメリットです。

  1. スマホ中毒になる可能性がある
  2. 様々なトラブルに巻き込まれる恐れも
  3. 学力が低下する危険性あり

親がデメリットを知っておけばスマホが子供に与える悪い影響を防ぐことができるので、ぜひご確認ください。

デメリット①スマホ中毒になる可能性がある

皆さんお察しだと思いますが、一つ目のデメリットは「スマホ中毒になる可能性がある」というものです。

スマホは「便利」かつ「楽しい」ツールであるからこそ、手放せなくなって『スマホ依存症』になる人が増えています。

中学生もネットがやめられなかったりこまめにチェックできなければイライラしたりと、中毒になるかもしれません。

デメリット②さまざまなトラブルに巻き込まれる恐れも

中学生にスマホを与えることから、次のような「トラブルに巻き込まれる」恐れがあります。

■中学生のスマホ・ネットトラブル例

  1. 人間関係のトラブル
    SNSの何気ないやり取りがいじめや仲間外れに発展
  2. 高額課金のトラブル
    アプリ内課金や有料サービスの加入で高額請求が発生
  3. 個人情報流出のトラブル
    ネットの投稿や不正アプリの利用から個人が特定される
  4. 性的被害のトラブル
    未成年を狙った悪質なアプローチにより被害に遭う中学生も

まだまだ友人関係を築くのが未熟であり、かつネット利用に慣れていない中学生は危険と隣り合わせなのです。

デメリット③学力が低下する危険性あり

スマホを過剰に使うことで、なんと「学力が低下する危険性」があります。

というのも、次の調査結果によると、成績が低い学生ほどインターネットの利用時間が長いことが明らかに。

中学生のインターネット利用実態(引用:中学生のインターネット利用実態

例えばスマホを使った「ながら学習」では注意散漫になりやすく、勉強の集中力や記憶力を低下させる恐れが。

さらにスマホを使いすぎると脳は娯楽を楽しんだ後と同じ状態になり、学習の効果が薄れる可能性もあるのです。

もちろんスマホで学習力(問題解決力)が高まるのは事実ですが、過度に使うと学力低下に繋がるでしょう。

3中学生の携帯トラブルを防ぐには?親子で作るべき「スマホルール」を徹底解説

子供のスマホ問題の不安を解消!親が心得るべき事と『ルール』とは

以上よりスマホ利用にはデメリットもありますが、問題はスマホを持たせることではなく『使い方を誤ること』

スマホが便利であり、大半の中学生が既に持っているのは事実ですし、正しく使うよう「約束」をすれば良い話です。

そこで次に、中学生にスマホを与える前に親子間で作るべきスマホルールをご紹介します。

はじめにチェック!依存やトラブルを防ぐには「スマホルール」を作ってきちんと守らせるべし

あらゆるトラブルや依存症を防ぐのに重要なのが、「ルールや制限を決めて子供のスマホ利用を管理する」こと。

実際に多くのご家庭では、目の届く範囲で使わせたり約束事を作ったりと安全に使わせる取り組みをしています。

■スマートフォンにおける保護者の取組
(引用:平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査

それでは、悪い問題を解消するための具体的なスマホルール例と、それぞれのポイントをチェックしてみましょう。

【ルール①スマホを使う時間や期間を制限】メリハリをつけて依存や学力低下を防ごう

「スマホ依存」や使い過ぎによる「学力低下」を防ぐのにおすすめの、具体的なスマホルールがこちら。

  1. スマホを使うのは○時~○時まで
  2. 勉強中にはスマホを使用しない
  3. テスト期間中はスマホ禁止
  4. テストで学年順位が○位以下になったら没収

重要なのはスマホを使う時間をきちんと決めることと、「勉学が第一」という意識を持たせること

メリハリをつけて使わせることで集中力がアップしますし、自然とオンオフの切り替えができておすすめです。

【ルール②いじめをさせない・されない環境を】子供と向き合うことも重要

思春期の中学生の間で多い「ネットいじめ」を防ぐため、次のようなルールを作りましょう。

  1. 自分がされて嫌なことをしない
  2. 愚痴を言わない・ネットに書かない
  3. 嫌なことがあったら親に相談する
  4. 友達との間で何かあったら実際に話して解決する

また親子の間で重要なのは、子供と向き合う時間を大切にし、ちょっとした異変に早く気づいてあげること。

些細なことでも相談できる関係性・家庭の環境づくりを心がけると、子供を「いじめ」から遠ざけることができますよ

【ルール③SNS・ネットに個人情報を載せない】年々増加する犯罪被害を防ぐためには

ネットに慣れていない中学生から「犯罪被害」を遠ざけるには、次のようなルールが。

  1. SNSにむやみに個人情報を載せない
  2. 知らない人に顔写真を送らない
  3. ネットで出会った人と会わない
  4. 怪しいアプリを使わない
  5. 個人情報を入力する際は前もって親に相談を

SNSを通じて児童ポルノや児童買春などの犯罪被害に遭った子供は絶えず、年々過去最多を更新しています。

ネットには危険がいっぱいであること、犯罪被害は多く起こっており他人事ではないことを教え込んでください。

4まとめ:中学生にスマホは早くない!約束事を決めて正しい使い方を

今回は、中学生の最新のスマホ事情やおすすめのスマホルール例を徹底解説しました。

今となっては中学生がスマホを持つのは一般的になり、所持率は「8割」を超えるほど。

スマホ依存や犯罪被害などを心配する気持ちは分かりますが、親子間でしっかりとルールを作れば大丈夫です。

防犯対策もしもの時の連絡手段として役立ちますし、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

・・・もしも子供のスマホのキャリア選びにお悩みなら、安心の大手「ソフトバンク」を検討してみてはいかがですか?

月々最安900円から利用できて実は安い上に、新規契約で高額のキャッシュバックがもらえる方法もあるんです!

それでは最後に、キャッシュバックの詳細、安くておすすめの料金プランの順にご紹介していきます。

5とにかくお得!中学生のスマホは高額キャッシュバックのモバシティへ

モバシティfirst-top

まずご紹介するのが、オンラインで契約が完結するソフトバンクの正規Web代理店「モバシティ」。

モバシティを経由するだけで現金23,000円&最大12,000円の割引クーポンが貰えてとってもお得です!

ショップと同じサービスなのに店頭にないBIGな特典がもらえるのは、公式Web代理店である当店ならではです♪

ココが凄い!モバシティの魅力をご紹介/

  1. 現金23,000円がもらえる
  2. 最大12,000円のヤフー限定割引クーポンプレゼント
  3. 頭金が不要(通常1万円支払い)
  4. 無駄な有料オプションがつかない
  5. 来店不要で待ち時間なく契約
  6. スタッフがデータ移行もサポート
  7. 最新の人気機種もすぐ手に入る
  8. イヤな営業の電話やメールもなし

さらに店頭では支払わなければならない頭金1万円も不要で、一切ムダな出費なく契約することが可能。

「安心の大手キャリアでも安く済ませたい」「とにかくお得に契約したい」そんな方にぴったりです!

少しでも気になる方は、まずはささいなご相談やお見積りだけでもぜひお気軽にモバシティへお問合せください。

↓モバシティはこちらから!契約の流れキャッシュバックの詳細も↓
ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

学割があるソフトバンクが今最も安い!料金プランも併せてご紹介

ソフトバンクの学割の画像

最後に、今『学生だけ』が特別料金で使える「メリハリプラン」の料金表をご紹介します。

「メリハリプラン」各種割引適用時の料金表
メリハリプラン 8,480円/月
半年おトク割
(6か月間)
-1,000円/月
5G 1年おトクキャンペーン
(1年間)
-1,000円/月
おうち割 光セット -1,000円/月
みんな家族割+
(家族4人)
-2,000円/月
SoftBank学割2021特典
(6か月間)
-2,580円/月
月額利用料 900円/月

対象の動画SNS使い放題+データは50GBで大容量のメリハリプランも、中学生なら900円で楽しめます。

こちらはたっぷり使いたい方向けですが、もちろんその他にもお子さんのスマホの使い方に合う安いプランやお得な割引キャンペーンがありますよ。

「子供に合うプランは?」「安くしたいんだけど・・・」そんなご質問も、ぜひお気軽にモバシティへお問合せください♪

↓ソフトバンクの新プランはこちらから↓

↓モバシティの詳細はこちらから↓

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ11・Pro予約受付中

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

日本初が満載!期間限定の特別還元祭

ご相談無料
0120-914-126
営業時間:10:00~22:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ