元ケータイ販売員が教えるiPhoneとAndroidの違い

悩ませない!元販売員が教えるiPhoneとAndroidの違いスマートフォンを購入しようとしている皆さん。
iPhoneかAndroid(xperiaなど)どっちを買おうか悩んでいませんか?

この記事では、私がケータイ販売員として4年間働いてきた経験を活かして客観的にiPhoneとAndroidを比較していきます。
比較内容を見ていただければ、

「みんな、iPhoneだからiPhoneにしようかな、でも高いしほんとに必要なのかな」
「機種が多すぎて自分に合ったスマホがわからない」

といったよくある疑問も解決でき、自分がどちらを選べばいいのかわかりますよ!

iPhoneとAndroidの違い

iPhoneとAndroidを比較したときに必ず「結局、iPhoneとAndroidはどう違うの?」と聞かれます。
確かに両方使ってみたり、情報収集をしないとわからないと思います。

なのでここではそれぞれの機種を比較して、特徴をお伝えしていきます。

製造過程

iPhoneもAndroidもスマートフォンなので作り方は似ていると思いがちですが、実は違います。
製造過程が違うのです。

簡単に言うと、
iPhoneはAppleが端末、中のパーツまですべて組み立てて製造しています。
Androidはパーツからほぼ全て各メーカーのものを組み合わせて作っています。

このような違いから以下の特徴があります。

iPhone
  1. 新しい機種がでても操作感が変わらない。
  2. パーツからすべてが自社製品なので安定感があり、電池の減りが遅いため長く使える。
  3. バグやセキュリティへの対処が早い。
Android
  1. 製造メーカーが多いのでいろいろな機種がある。(XperiaやGalaxyなど)
  2. 別のメーカーに機種変更すると使い勝手がかなり変わる。
  3. 待ち受け画面やシステムのカスタマイズができる。

性能と機能

よく皆さんに「結局iPhoneのほうが性能も上だし、機能も充実していて使いやすいんでしょ」と言われます。
確かに数年前まではそうでしたが、現在はiPhoneとAndroidの性能はほぼ同じです。

機能もiPhoneに使えなくて、Androidは使えるものもあります。
「だから余計に迷っている」という方もいらっしゃると思います。
では、どこが違うのかお伝えしていきます。

まず、性能ですが最新のAndroid「Galaxy S9」と「iPhoneXS」を比較してみましょう。

iPhoneXS Galaxy S9
70.9mm 69mm
高さ 143.6mm 148mm
厚さ 7.7mm 8.5mm
重さ 177g 161g
画面サイズ 5.8インチ 5.8インチ
カメラ画素 メイン1200万
サブ700万
メイン1200万
サブ800万
OS 12(Apple) 8.0(Google)
CPU A12 Exynos 9810
ROM 64/256/512(GB) 64GB
RAM 未公開(おそらく3GB) 4GB

大きさはほぼ同じでiPhoneXSが少し重いですね。

CPUはCPUそのものが違うので比べることは難しいです。
ただ、どちらにするか悩んでいる方に両方触ってもらうと「インターネットのページ移動速度やタップの反応速度もほとんど変わらないね」という感想でした。

ROM(保存容量)は最低容量が同じで、iPhoneXSは最大256GBまであります。
RAM(数字が大きいほど一つ以上のことを処理するときの速度が速い)はGalaxy S9のほうが上ですね。

カメラの画素数もほとんど同じですね。

機能

機能に関しても特に差はないですね。iPhoneにしかない機能もあれば、Androidにしかない機能もあります。
主な機能を図にしたので確認してみましょう。

iPhoneXS Galaxy S9
ワンセグ・フルセグ ×
3D touch ×
指紋・顔 認証
ワイヤレス充電
エコモード
音声認識
(Siri)

(Google)
おサイフケータイ
(edy waon nanacoは使えない)

いかがでしたか。iPhoneもAndroidも基本的な機能はほぼ使えます。
ただ、Androidは機種が変わると基本的な機能は変わらず、メーカーごとに独自の機能があります。

例えば、Galaxy S9では、顔認証と虹彩認証を組み合わせた「インテリジェントスキャン」という機能です。
これは、顔認証と虹彩認証の両方を自動で使い分けることによって、従来よりも高速かつ認証しやすくなるというものです。

こういった独自の機能も購入するスマホを選ぶ基準になりますね。

iPhoneの強み

iPhoneの強みここではiPhoneを使う上で、便利な部分、強みをお伝えしていこうと思います。

①非常に簡単でシンプルな作り

よくどのスマホにするか悩んでいる方に「iPhoneって難しいんでしょ?」と聞かれます。
実際は「操作に慣れるまでは大変だが、慣れてしまえばすごく簡単」です。

はじめは電話やメール、電話機についている基本的な機能の呼び出し方がわからないと思います。
ただ、システム面もシンプルな作りなので、一つの動作を行う手順の数も少ないので覚えやすいです。

Appleのアプリも最低限しか入っていないので覚えるのは簡単です。

②セキュリティ面が強いので安心

AppleはiPhoneを部品からほぼ全て自社で作っています。
なのでシステムに問題が発生した場合はすぐにアップデートをして対応できます。

さらにアプリに関しても、自社で厳しい審査をしているので安心してアプリを取り込むことができます。

③バックアップが簡単

「すべてのデータを簡単に移行できませんか?」とよく聞かれます。
結論からお伝えするとiPhoneならほぼ全てのデータを簡単に移行できます。ただPCが必要になります。

バックアップのやり方ですが簡単にお伝えすると「PCとiPhoneを接続してiTunesというソフトでバックアップボタンを押すだけ」です。

この方法で電話帳、写真、動画、さらにメモやスケジュール、アプリのデータまでバックアップがとれます。
復元したいときは復元ボタンを押すだけです。

PCがなくても、電話帳、写真、動画の移行は可能です。
バックアップの詳しい方法はバックアップはなぜ大事?アプリで?PCで?iPhoneもAndroidもまとめて解説!でご案内します。

④付属品がAndroidに比べて圧倒的に多い

スマホを使う場合に必須なのがケースやフィルム。
本体を落とした時の画面われや傷から守ってくれます。画面をわった人はほとんどの方がケースもフィルムも付けていませんでした。

実際に付けていなかった理由を聞くと「種類が少なくて気に入るものがなかった」とよく聞きます。
ただ、種類が少ないわけではなく、iPhoneのケースやフィルムを販売しているお店はかなり多いです。

携帯販売店はもちろん、雑貨屋さん、アパレルショップ、100円ショップでも置いています。
意外な場所に置いてあるので必ず付けましょう。故障する確率がぐっと下がります。

Androidの強み

Androidの強み次はAndroidですね。Androidはユーザーの細かい希望に答えてくれる印象があります。では見ていきましょう。

①機種代金の幅が広い

Androidは機種の種類が多く、金額もさまざまです。
大体、3万円前後~10万円前後ぐらいの金額です。

しかし、「種類が多すぎてどれにすればいいかわからない」という方も多いです。
そういうときはどんな機能を使いたいか考えれば選びやすいですよ。

例えば、「使うのはメールとインターネットを少しだけ。できるだけ簡単なものがいい」という方は低価格なスマホで充分です。安いぶん、性能は落ちますが、メールもインターネットも出来ます。

②SDカードが使える

Androidには基本的にSDカードが入ります。これはかなりの強みになります。
しかし、「SDカードってデータ保存をしてバックアップするだけだし、今は他にも保存方法があるからいらないんじゃないの?」とよく聞きます。

SDカードを入れるメリットはいくつかあります。

  • データ総量が増える。SDカードに優先してデータを保存することによって本体容量に余裕がでて動作が安定する。
  • 本体がなにか処理をするときにSDカードが手伝ってくれる。結果、動作が安定しサクサク動く。
  • バックアップがすごく簡単にできる

まとめますと、「容量が増えて本体の処理が速くなるので入れたほうがいいですよ」ということです。

ただし、SDカードを購入するときは「CLASS10」の表記があるものを買いましょう。「CLASS10」とは転送速度のことでハイスピードクラスになります。ストレスなく、バックアップやPCにデータ移動ができますよ。

金額は大体2千円から5千円前後のもので充分です。
もちろん、容量が増えると金額は高くなるのでどれぐらい自分がデータを使うか考えて決めましょう。

目安ですが、64GBのSDカードなら1200万画素の写真が約1万5千枚。動画は約10時間録画が可能です。
ちなみにバックアップは設定のストレージから簡単に取れますよ。

③自分好みにカスタマイズができる

Androidはホーム画面(待ち受け画面)を好きなように変更することができます。

例えば、ウィジェットというものがあります。
これは天気予報や時計、カレンダーなどを大きく画面に表示することが可能です。しかも、ウィジェットは常に動いているのでデータが自動で更新され、常に最新のデータが見れます。

アプリのアイコンも好きな場所に置けます。

さらにランチャーアプリを使えば、ホーム画面ががらっと変わります。
例をあげると下記のようにかなりおしゃれなホーム画面になります。
ホーム画面1

ホーム画面2
出展:andronavi

このようにAndroidはカスタマイズが自由にできるので自分が使いやすいように設定できます。
「この機能が欲しかったな」という方はアプリを探してみましょう。きっと見つかるはずです。

④「戻る」ボタンが付いている。

iPhoneを使っている方から「どうやって一つ前の画面に戻ればいいかわからない」とよく聞きます。
iPhoneはシンプルでスタイリッシュなデザインのため、「戻る」ボタンは付いていません。

しかし、Androidは「戻る」ボタンが付いています。どんな場面でも押すだけで一つ前の画面に戻ることができます。

「そんな単純な機能か」と思うかもしれませんが、意外に便利なんです。
なぜなら「全ての機能に共通して押すだけで一つ前に戻れる」からです。

インターネットや設定画面、ほかの機能でも戻るボタンの場所が変わると困惑しますよね。
それがないのはかなりの強みです。

iPhoneの弱み

ここからはiPhoneの使いづらいところをお伝えしていきます。

①画面のカスタマイズができない

iPhoneはシンプルな作りになっており、Androidのようにカスタマイズできません。
具体的には、画面のアプリアイコンを好きな場所に置いたり、天気予報やカレンダーを設置することはできません。

iPhoneで個性的なホーム画面(待ち受け)にするのは難しいのです。
他の人と同じ画面がいやな方はAndroidを使うことをおススメします。

②機種代金が高い

iPhoneは最新機種の機種代金がすごく高いです。実際にiPhoneXSで見てみましょう。

  • 64GB 121,824円(税込)
  • 256GB 140,184円(税込)
  • 512GB 165,024円(税込)

64GBでも約12万円です。携帯電話としてはかなり高いですね。ただ古いモデルはそこまで高くないです。
例えばiPhone8なら

  • 64GB 73,224円(税込)
  • 256GB 91,584円(税込)

となってます。Android最新機種に比べると安いです。
iPhoneの代金が高い理由ですが、部品から自社で作っていてセキュリティにも力を入れており、ユーザーが安心して使えるようにしているからです。

iPhoneは用途に合わせて購入するのが良いですよ。

③SDカードが入らない

iPhoneにはSDカードが入りません。本体の容量が無くなってしまうとデータを移動するか消すしかないのです。

なので、はじめにiPhoneを購入する際はできるだけ高容量のものを買うことをおススメします。

ただ、データ容量が足りなくなった時にまったく方法がないわけではありません。
いくつかご紹介します。

  • SDカードを使えるようにするアダプタを使う
  • ixpandというバックアップ専用の付属品を使う
  • PCに移行する

といった方法です。でも、SDカードが入らないことはやはりデメリットに感じますね。

④故障したときの対応がめんどう

iPhoneは故障したときがすこし大変です。
なぜなら基本的にはApple storeに行かないと修理対応ができないからです。
しかも代替機が必要な場合はドコモなどのキャリアショップに行かないと借りることはできません。

ただ、契約している補償サービスがキャリアのものだと電話一本で対応してくれる可能性はあるので、故障したときは問い合わせしてみましょう。

Apple storeに行くときは必ず来店予約をとってください。
店舗自体が少ないので待ち時間が長くなる可能性が高いです。予約なしで3時間待った人もいました。

Androidの弱み

Androidはセキュリティ面での弱みが多いですね。では見ていきましょう。

①消せないアプリがかなり多い

スマホを買った時にはメーカーのアプリがかなり入っています。しかも完全に消去することはできません。
なので、はじめはどこに使いたいアプリがあるのかわからないと思います。

使わないアプリに容量を使うので、取りたいアプリが取れないといったことも起きるかもしれません。
ただ最近のスマホは大容量のものが増えているので、めったに容量が足りなくなることはないでしょう。

②悪質なアプリが多い

Androidで「動作が重くなった」「へんな警告がでた」とよく聞きます。
原因は、広告が頻繁に出るアプリをスマホに取り込んだからです。
具体的にはニュースアプリを見ているときに「このスマホは危険です、このアプリをスマホに取り込んでください」とニセの警告にしたがってアプリを取り込みました。
そしてそのアプリがずっとスマホの画面に警告を出し、動作が重くなっていたということでした。

つまり、こういった危険なアプリがかなり多いです。ほかには、電話帳のアプリで位置情報が必要だったり、悪質な広告が出るアプリもあります。

こういった警告です。悪質な警告

悪質なアプリを入れてしまうとスマホの動作が重くなったり、電池の減りが速くなることもあるので気をつけましょう。
簡単な対策としては、

  • 有料のセキュリティアプリを入れる。(無料でも可)
  • アプリの画面にあるアプリを使った方のレビュー(感想)を見る。
  • 基本的に説明が英語表記のものは取らない。

③電池の減りが早い

Androidは機種が最新になっても「電池の減りが早い」という相談がすごく多いです。
しかも「これが原因です」と特定するのは難しいのです。

理由としては、原因になりそうなことが多すぎるからです。
いくつかあげてみますので参考にしてください。

  • スマホを使っていなくても動いているアプリがある
  • 使っていない機能(BluetoothやGPS)がONになっている
  • 保存容量がいっぱいになっている

使っていない機能はOFFにして余計なアプリは消しましょう。
スマホの設定を見直すことも重要です。単純に電池が故障していることもあります。

目的別おススメスマートフォン

ここではiPhoneかAndroidのどちらにするか悩んでいる方のために、この目的ならこの機種がいいですよとお伝えしていきますので、是非参考にしてみてください。

iPhone

  • シンプルな作りがいい
  • セキュリティがしっかりしている
  • PCを持っている
  • Appleが好き
  • 3Dゲームをする
  • 写真や動画をそこまで撮らない(容量を増やせないから)

Android

  • 他の人とかぶらず、個性を出したい
  • 写真や動画をたくさん撮る(SDカードで容量を増やせる)
  • とにかく安くスマホを使いたい
  • 最低限の機能しか使わない
  • 色々なアプリを使いたい
  • 明確な目的がある
    (高音質で音楽を聴きたい→Xperia)
    (簡単なスマホが欲しい→らくらくスマートフォン)

まとめ

いかがでしたか。ここまでiPhoneとAndroidの強みと弱みをお伝えしてきました。
少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

悩んでいる方は自分がスマホで一番重視していることを書き出してみるといいですよ。
あとは店頭で実際に使ってみて、スクロールがスムーズにいくかなど細かいところまでしっかり比べて選んでください。

キャリアショップはiPhoneに詳しいスタッフがいないので、iPhoneに関してはApple storeで専門のスタッフに聞くほうがわかりやすいと思います。

スマートフォンは日常生活に必要不可欠なものです。基本的に2年以上使うものになるので後悔しない選択をしましょう。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MobaTown

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
ご相談はコチラ

ページ上部へ