「乗り換えた後からMNP」でリスクが激減!格安SIM選びの新常識

携帯乗り換えの後にmnpするのがポイント!

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)での携帯乗り換えを検討中の皆さん!

MNPは電話番号そのままに乗り換えられる話題の制度です。しかし、現在のキャリアで解約の手続きをし、乗り換え先のキャリアに移動する手続きをしてと手間も費用もかかります。

キャリアの窓口で何時間も待たされる…、よくあることですよね。

やっとの思いでMNPしても、乗り換え先のキャリアの通信・通話環境がいいとは限りません。地域によっては現在のキャリアより、乗り換え先のキャリアの方が繋がりにくいこともある訳です。だからといって、短期間で何度もMNPするのは大変です。

そこでおすすめなのが「(新しいキャリアに)乗り換えた後からMNP」すること!

つまり、お試しとしてキャリアを乗り換えた後で、電話番号を引き継ぐ方法です!

この記事では、皆さんが携帯乗り換えで後悔しないように「乗り換えた後からMNP」する方法とおすすめキャリアをご紹介します。また、無料でお試しできる格安SIMについても触れていますので、携帯乗り換えで失敗したくない方は必見です。

「乗り換えた後からMNP」って何?

「乗り換えた後からMNP」とは別のキャリアで新しい番号を取得して、電話や通信の繋がりやすさを確認したあとに今使っている番号を移動することです。

本来、MNPでの携帯乗り換えでは、まず現在のキャリアで解約の手続きをし、乗り換え先のキャリアに移動する手続きをします。なぜかというと、現在のキャリアを解約する前にMNPの転出手続きをしておかないと、使用中の電話番号が失効してしまうからです。

実際に携帯乗り換え(MNP)をしたことのある方ならご存知だと思いますが、キャリアでの手続きには手間と費用がかかります。乗り換え先のキャリアで通信・通話環境が悪かったことを理由に何度も乗り換えるのは大変ですよね。

その点、「乗り換えた後からMNP」は、電話番号を現在のキャリアに残したまま、他のキャリアを試せる画期的な選択肢なのです。

「乗り換えた後からMNP」するメリット・デメリット

携帯乗り換えの後にmnpするのがポイント!

「乗り換えた後からMNP」では現在のキャリアに電話番号を残したまま、他のキャリアを試すことができます。「他のキャリアを試せるなら良いよね!」と魅力を感じている方も多いと思います。なので、ここでは「乗り換えた後からMNP」のメリットとデメリットについてお伝えしていこうと思います。

「乗り換えた後からMNP」するメリット

「乗り換えた後からMNP」する1番のメリットは、「現在のキャリアに電話番号を残したまま、他のキャリアを試せる」ことです。

キャリアによって基地局(中継機)の配置が異なります。その為、地域によってはA社が繋がりやすかったり、B社が極端に繋がりにくかったりなどキャリアによって通信環境に差が出てしまいます。せっかく新しいキャリアに携帯乗り換えしたとしても、通信・通話環境が悪化してしまうこともある訳です。

その点、「乗り換えた後からMNP」することで他のキャリアの通信・通話環境を試すことができます。現在のキャリアと比較して、A社やB社の通信・通話環境はどうなのか確認することで、携帯乗り換えのリスクをグッと減らせるのは「乗り換えた後からMNP」ならではです。

「乗り換えた後からMNP」するデメリット

「乗り換えた後からMNP」するデメリットとしては以下の2つがあります。

⑴「乗り換えた後からMNP」には費用がかかる

キャリアにもよりますが、「乗り換えた後からMNP」するには従来の手続きよりも費用がかかります

例えば、mineoでは「乗り換えた後からMNP」するときに「SIMカード変更・再発行」の手続きがあり、SIMカードの交換費用として2,160円(税込)がかかります。何度もMNPするよりは抑えられるものの、余分な費用がかかるのはデメリットです。

⑵「乗り換えた後からMNP」できるキャリアが限られている

調査したところ、「乗り換えた後からMNP」できるキャリア(格安SIMを含む)は限られています

キャリア側としても「お試しされるのは困る…」「(キャリア側にとって)『乗り換えた後からMNP』するのは手続きの手間が増える…」などの思いがあるのでしょう。せっかく携帯乗り換えのリスクを減らせる手段があるのに、選択肢が狭いというのは残念です。

「乗り換えた後からMNP」できるのは「mineo」

携帯乗り換えの後にmnpするのがポイント!
出展:mineo

先ほど、「乗り換えた後からMNP」できるキャリアが限られているとお伝えしました。では、どこのキャリアが対応しているのかと言うと、調査時点(2018年12月現在)で「乗り換えた後からMNP」に対応しているのは「mineo」のみなのです。

『mineo』以外では対応していない!

ソフトバンクにドコモ、auなど大手キャリアはもちろん、BIGLOBEやDMM mobile、NifMoや楽天mobileなどの格安SIMのほぼ全てが「乗り換えた後からMNP」するのに対応していません。あくまでMNPをするのなら、契約前の手続きが必須です。

数あるキャリアの中で唯一、「乗り換えた後からMNP」に対応しているのが「mineo」

mineoとは格安SIMが登場した初期からサービスを提供する老舗の1つです。ソフトバンク・ドコモ・auの3社から好きな回線を選ぶことができ、キャリアにありがちな解約手数料も「0円」というような、太っ腹なサービス内容から多くの支持を集めています。

mineo1社しか対応していないので比較のしようがありませんが、mineoや格安SIMに興味がある方は、試してみる価値はあります。

※今後、格安SIMを中心に「乗り換えた後からMNP」に対応するキャリアが増えると予想されます。

mineoで「乗り換えた後からMNP」する手順

mineoで「乗り換えた後からMNP」する手順を以下にまとめてみました。

  1. 音声通話SIMで契約する
  2. MNP転出手続きをする
  3. SIMカードの交換手続きをする
  4. MNP転入手続きをする
⑴音声通話SIMで契約する

まず、mineoのプラン(ソフトバンク・ドコモ・auのどれか)とデュアルタイプ(データ通信+音声通話)を選択します。

今回、mineoを試してみてから、「乗り換えた後からMNP」するとのことなので、現在のキャリアとの契約は継続したままです。mineoから新しい電話番号が発行されるので、実際に使用してみて通信・通話環境がどうかを確かめてみましょう。

⑵MNP転出手続きをする

次に、mineoの通信・通話環境に問題がなければ、現在のキャリアで「MNP転出手続き」をします。

ただし、発行されるMNP予約番号には「15日間の有効期限」が設けられています。また、mineoでは「(MNP予約番号の)有効期限が10日以上」必要です。MNP予約番号が発行されてから、必ず5日以内に手続きをしてください。

⑶SIMカードの交換手続きをする

MNP予約番号を取得したら、mineoで「SIMカード変更・再発行」の手続きをします。

mineoと契約したときに取得したSIMカードには、すでに別の電話番号が登録されているので使用できません。「乗り換えた後からMNP」(現在の電話番号を使用)するには、mineoから新しいSIMカードを取得する必要がある訳です。

※新しいSIMカードには、交換手数料として2,160円(税込)がかかります。

⑷MNP転入手続きをする

最後に、mineoから新しいSIMカードが到着したら、「MNP転入手続き」を行います。

MNP転入手続きはmineoの公式サイト(マイページ)から簡単に進めることができます。SIMカードの台紙裏に記載されている「ICCIDコード」が必要なので捨てないようにしましょう。手続き完了後、30分〜1時間程度で切り替わります。

4.無料お試しできる格安SIMも!

携帯乗り換えの後にmnpするのがポイント!

現状、「乗り換えた後からMNP」するのは「mineo」しか選択肢がありません。しかし、格安SIMの中には「乗り換えた後からMNP」と似たようなサービスで「一定期間無料でお試しできる」ものがあります。「乗り換えた後からMNP」ができなくとも、通信・通話環境をお試ししてから決められるのです。

UQ mobile

携帯乗り換えの後にmnpするのがポイント!
出展:UQ mobile

深田恭子さんや多部未華子さんなど、豪華なイメージキャラクターでお馴染みの「UQ mobile」には無料お試しがあります。

「使ってみないと分からない」との思いから、Try UQ mobileとして最大15日間の無料お試しがあります。「スマホ+SIMカード」「SIMカードのみ(手持ちのスマホ)」の2つのプランから選べ、好きな端末で通信・通話環境を試すことが可能です。

DTI

携帯乗り換えの後にmnpするのがポイント!
出展:DTI

初めてDTI SIMカードを契約する方を対象に、「DTI」ではお得な基本料金で試せるプランを提供しています。

でんわ定額プラン 3GB

1回10分以内の国内通話が全て無料のかけ放題プランです。本来、月額2,310円(税別)のものが、「半年間のみ月額1,520円(税別)」で試すことができます。3GBのデータ容量も付いてくるので、ガッツリと通信環境を試すことができます。

※最低利用期間12ヶ月が設けられており、期間内の解約には解除料9,800円(税別)がかかります。

半年お試しプラン 3GB

データ通信が「半年間のみ実質月額0円」になるプランです。3GBのデータ容量が付いてくるほか、SMS(ショートメッセージ)にも対応しています。単純に通信環境を試したい、2台目のスマホ・タブレットが欲しいという方におすすめです。

b-mobile

携帯乗り換えの後にmnpするのがポイント!
出展:b-mobile

世界初のMVNO(仮想移動体通信事業者)とされる「b-mobile」にはデータ専用プリペイドSIMがあります。

データ専用SIMカードですが毎月7GBのデータ容量を使え、最短1ヶ月3,780円(税込)から契約できます。また、ソフトバンクとドコモの端末であれば、SIMロックがかかったままでも使用可能です。1ヶ月のみのお試しにはぴったりでしょう。

5.まとめ

携帯・スマホはもはや生活に欠かせない機器の1つです。「繋がりやすい」、たったそれだけのことですが日々使うだけに無視できません。せっかくMNPしてまで乗り換えるのなら、現在よりも通信・通話環境のいいキャリアを選びたいですよね。

2018年12月現在、「乗り換えた後からMNP」できるのは「mineo」のみです。しかし、携帯のサービスが急速に拡大する中で、「乗り換えた後からMNP」できるキャリアは増えてくることが予想できます。また、すでに無料やお試し期間を設けているところもあります。

いきなりMNPするのではなく、まずは何社か試してみてから、通信・通話環境に納得できるキャリアを検討しましょう。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバタウン限定 新型スマホ11・Pro予約受付中
携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MobaTown

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
ご相談はコチラ
ページ上部へ
bellface