【違約金】

他社からソフトバンクへ乗り換え(MNP)た場合の違約金

違約金とは?

ほとんどの携帯電話会社(キャリア)では、2年契約が基本になっており、いわゆる「2年縛り」の契約制度になっています。つまり、違約金とは2年以内に解約したり、MNP(乗り換え)する場合は解約のためのお金を支払ってくださいというものです。

また、2年経った後にそのまま放置していると自動更新されますので、また2年契約が延長されるので注意が必要です。そこで、違約金を支払うことなく解約するためには、「更新月」に解約の手続きをする必要があります。

現在では、docomo・au・ソフトバンクともに契約満了月の翌月と翌々月が更新月となっていますので、この2カ月間に解約の手続きを行えば違約金は発生しません。

詳しくは、『【更新月】』で確認方法などご覧ください。

まとめ

違約金って出来れば払わずにいたいですよね。金額も3社とも9,500円かかるようになっていますので、決して安くありません。ましてや家族同時に乗り換えとなると、〇万円という高額な金額になってしまします。

どこか他社へ乗り換えを検討されるのであれば出来る限り、更新月に切り換えるのがベストと言えるでしょう。しかし特別な理由があってどうしても他社へ乗換えをしたい!と言う方はモバイルステーションへお問合せ下さい。

乗り換えをしていただく台数ごとに特典があります!

ソフトバンクへの乗り換えは、断然お得で簡単なモバイルステーションへ!!

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ