MNP(携帯乗り換え)できない3つの理由とは?

MNP(携帯乗り換え)できない3つの理由とは?

MNPといえば、電話番号を変えずに携帯キャリアを乗り換えられる便利な制度ですよね。
今では、日常当たり前のようにMNPは行われています。

しかし、「MNPできない」といったケースがあるのはご存知ですか?

MNP予約番号を取得して、移転先キャリアで新規契約すれば、普通に利用している方なら、それで手続きは完了。
しかし、携帯の契約のときには、どんな契約でも必ず審査が行われ、引っかかってしまうとMNPできないといった事態が発生してしまうのです。

そこで今回は、なぜMNPできないのか?その大きな理由を3つご紹介いたします。

1MNP(携帯乗り換え)できない3つの理由とは?

冒頭でも説明した通り、MNP契約はもちろん、新規契約や機種変更でも必ず審査が行われます。
審査基準は、どのキャリアも非公開ですが、主に支払い能力を中心とした審査が行われています。

ちなみに、携帯審査ともう一つ「分割審査」という審査もあり、機種を分割で購入する際に行われる審査です。

そこで、MNP(携帯乗り換え)で移転先のキャリアで、MNP契約ができない!
というときは、以下の3つの理由が考えられます、

理由➀ 携帯料金を滞納している・していた
理由➁ 携帯ブラックリストに載っている
理由➂ 契約元キャリアと契約名義が異なる

というように、料金や契約に関する問題でMNPできないケースがあります。

2理由➀ 携帯料金を滞納している・していた

これが最も大きなMNPではない理由になりますが、移転元の携帯キャリアで料金を滞納して、未払い状態になっている方は、まずMNP契約は難しいでしょう。

その他にも、過去に携帯料金が未払いのままになっている状態の方も、審査に引っかかってMNP契約できないケースがあります。
携帯電話会社では、滞納や未納といった情報は過去5年間分を保持し、情報を共有しています。

そのため、仮にドコモの料金の滞納があって、ソフトバンクへMNP契約しようとしても、情報が共有されているので即座に分かってしまいます。また、それ以前にMNP予約番号を取得するときに料金滞納がある場合、発行を拒否されるケースもあるようです。

その対策としては、未納分をすべて支払うしか方法はありません。
現在のキャリアで滞納がある方は、MNP予約番号を取得する前には支払っておくのが重要です。
また、過去に滞納していた方は、おそらく支払いの督促状が届いているはずなので、内容を確認して既定の方法で支払うようにしましょう。

過去のことは仕方ありませんが、最低でも現在契約しているキャリアでの支払いはスッキリさせておくのが大切ですよ。

3理由➁ 携帯ブラックリストに載っている

MNP(携帯乗り換え)できない3つの理由とは?

前項では、携帯代金の滞納についてご説明しましたが、クレジットカードや、住宅・カーローンといったお金に関する個人情報は「信用情報機関」に登録されているのはご存知ですか?

その信用情報機関には、

  1. CIC
  2. 日本信用情報機関(JICC)
  3. 全国銀行個人信用c情報センター(全銀協)

という3つの機関があり、ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯電話会社は、「CIC」に加盟しています。

携帯・スマホを契約するとき、今の端末は高額なことから、分割(割賦)で購入する方がほとんど。
端末の分割もローン契約と同じ意味合いになります。

端末を分割で購入した場合、月々の電話料金のなかには端末ローンが含まれることになります。
そこで、仮に毎月の利用料金を滞納すると、端末のローンの支払も滞ることになり、信用情報機関のデータにその情報がリストに載ってしまいます。

その状態を「携帯ブラック」と呼び、滞納・未納などの情報は過去5年間保持され、キャリアにも共有されているのです。
このように、携帯ブラックリストに載っている方は、MNPできない可能性が高くなってしまいます

ただし、全ての方がMNPできないというわけではなく、滞納・未納分を完済し、移転先のキャリアで端末を一括購入すれば、MNP契約が可能になるケースもあるようです。

また、携帯ブラックとは少しニュアンスは違いますが、キャッシュバック目的で短期間のうちに何度もMNPを繰り返しているような人も、悪質な利用者として登録され、MNPができないこともあります。

4理由➂ 契約元キャリアと契約名義が異なる

MNPは、移転元キャリアの契約名義と、移転先キャリアの契約名義は同一が原則
そのため、仮に移転元キャリアで親が契約名義になっていた場合、移転先で利用者である自分名義でMNP契約しようとしても、基本的にできません。

このような場合は、移転元キャリアで名義変更してからMNP予約番号を取得するか、もしくは、移転先キャリアで名義変更しながらMNP契約することも可能。その際、基本は譲渡する側と、譲渡される側の2名でキャリアショップに来店して名義変更手続きをする必要があります。

ただし、譲渡する側が来店できないときは、自筆の「委任状」があれば、譲渡される側だけでMNP契約はできます。

このように、契約名義が移転元と移転先で異なる場合は、MNPできないということは覚えておきましょう。

5まとめ

今回は、MNPできない理由についてご説明しましたが、とにかく携帯電話の利用料金はしっかり支払っておくことが重要ですよね。ご紹介した通り、携帯料金を滞納している方や、過去に滞納があって支払っていない方は、100%ではないものの、MNP契約はできないでしょう。

また、キャッシュバック目的でMNPを繰り返す方がMNPできないのは当然ですが、移転元キャリアの契約名義の確認も大切です。普通に利用している方は、MNPできないといったケースはほとんどありませんが、携帯料金を滞納している方は、MNPの前にはすべて支払っておくようにしたいですね。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ