MNP(他社乗り換え)する前にやっておくべき5つの準備とは?

MNP(乗り換え)する前にやっておくべき2つの必須項目とは?

MNP(乗り換え)したいと考えたとき、移行先のキャリアにただ行けばいいと考えていませんか?

実はMNPする前にやっておくべき準備がいくつかあります。

ということで今回は、MNP(乗り換え)する前に必要な準備をご紹介いたします。

ソフトバンク携帯へ乗り換えで最短当日キャッシュバック!モバシティ

MNP(乗り換え)する前に準備が必要なものとは?

そもそもMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)とは、お使いの電話番号はそのままでキャリアを変更(例:au→Softbank)することです。

またキャリア変更した場合、「スマホも買い替える必要があるの?」と思う方もいるかもしれませんが、今使っているスマホを乗り換え先でも使い続けることも可能です。

しかしMNPで電話番号を引き継いだり、乗り換え先で今使っているスマホを使い続けたりする場合、いくつかやるべきことがあります。

そこでMNP(乗り換え)する前に、やるべき5つの準備について解説します。

  1. 保有ポイントと引き継ぎ方法の確認
  2. 契約内容の確認
  3. LINEの引き継ぎ設定
  4. SIMロックの解除(スマホをそのまま引き継ぐ場合)
  5. MNP予約番号の取得(電話番号を引き継ぐ場合)

電話帳や写真などの各種データはクラウドサービスやバックアップアプリを利用しておくと安心です。

MNPする前の準備①「保有ポイントと引き継ぎ方法の確認」

ドコモ・au・ソフトバンクといった3大キャリアでは、利用料金の支払いに応じて各社独自のポイントを付与しています。

キャリア ポイント
ドコモ dポイント
au Pontaポイント
ソフトバンク ソフトバンクポイント

MNPで使っていたキャリアを解約すると、貯まっていたこれらのポイントが失効してしまう可能性があります。

しかしキャリアによっては事前に手続きを行えば引き継ぎができるところもあるため、MNPを行う前に保有ポイントや引き継ぎ方法を確認するようにしましょう。

そこでここでは、ドコモ・au・ソフトバンクの保有ポイントの確認方法と引き継ぎ方法について解説します。

1ドコモ(dポイント)

ドコモ(dポイント)

ドコモのdポイントは、事前にdアカウントを発行していればドコモ解約後でも引き続き利用可能です。

しかしdアカウントを発行せずにドコモを解約した場合、dポイントは引き継ぎができないため解約前に必ずdアカウントを発行しましょう。

dアカウントはネットから簡単に発行が可能です。

また保有しているdポイントは、「My docomo」「dポイントクラブ」から確認できます。

ドコモのdポイントの引き継ぎ方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

2au(Pontaポイント)

auのPontaポイントは、au解約後でも引き継次利用可能です。

ただし、au IDを削除した場合は利用できなくなるため注意しましょう。

現在保有しているポイントについては、以下から簡単に確認できます。

  • My au
  • au Payサイトやアプリ
  • au Ponta ポータル

保有ポイントの詳しい確認方法や交換方法については以下の記事で解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

3ソフトバンク(ソフトバンクポイント)

ソフトバンクポイントは、LINEMOやワイモバイル以外に乗り換えるとポイントが失効してしまいます。

そのためLIMEOやワイモバイル以外に乗り換える際にソフトバンクポイントが残っている場合は、ソフトバンクの解約前にポイントを使っておきましょう。

たとえば、ソフトバンクポイントを使う方法としては、以下のような方法があります。

  • PayPayポイントに交換
  • 毎月の利用料金、機種代金などの支払い
  • ソフトバンクカードへのチャージ

また貯まっているソフトバンクポイント確認したい場合は、「My Softbank」から確認可能です。

MNPする前の準備②「契約内容の確認」

乗り換え先のプランを選びやすくするために、現在使っているスマホの毎月のデータ使用量を乗り換え前に確認することがおすすめです。

たとえば、毎月のデータ容量を確認せずに使っているデータ容量よりも少ないプランを選んだ場合、月末にデータ容量が足りなくなる可能性があります。

そこでここからは、ドコモ・au・ソフトバンクのデータ容量(契約内容)の確認方法について解説します。

1ドコモ

まずはドコモのデータ容量を確認する手順についてみていきましょう。

  1. dメニューにアクセスして「My docomo」→「ログインする」の順にタップ
  2. dアカウントIDとパスワードを入力して「ログイン」
  3. ログインが完了後、「データ量」をタップ

データ量画面では、当月分の利用済みデータ通信量が表示されます。

また「詳細を確認」をタップすれば過去3日間のデータ通信料、前月のデータ通信料などが確認できます。

2au

auのデータ容量の確認方法については次のとおりです。

  1. My auにアクセスして、「ログイン」をタップ
  2. au ID、パスワードの入力を求められた場合は入力してログイン

ログインが完了したら現在のご利用状況が表示されます。

ログイン後「データ利用量」をタップして、以下の確認したい項目をタップすれば詳しいデータ容量を確認できます。

  • 残データ容量の確認
  • 昨日までのデータ容量の確認
  • 直近3日間のデータ利用合計
  • 月間データ利用量合計

3ソフトバンク

ソフトバンクのデータ容量の確認方法は次のとおりです。

  1. My Softbankにアクセスして、電話番号とパスワードを入力して「ログイン」
  2. 上部メニューの「データ量」をタップ
  3. 利用状況の「詳細をみる」をタップすれば、当月分のデータ量が表示されます。

ソフトバンクに乗り換えるなら「モバシティ」であればかなりお得に乗り換えが可能です。

いまならソフトバンクへのMNPで現金20,000円進呈&最大13,200円の割引クーポンがもらえます!

\ソフトバンクへの携帯乗り換え(MNP)で現金20,000円がもらえる!詳細はこちら/
ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

MNPする前の準備③「LINEの引き継ぎ設定」

MNP(乗り換え)する前にやっておくべき2つの必須項目とは?

MNP(乗り換え)と同時に新しい機種に変えるとき、電話帳や写真などのデータ移行だけでなく、LINEの引き継ぎが必要です。

なお、LINEデータはスマホ本体に保存されているため、MNP後も現在使っているスマホをそのまま使い続ける場合は、LINEのデータ引き継ぎは必要ありません。

ただしスマホをそのまま使い続ける場合でも、念のため電話番号・メールアドレス・パスワードの確認・登録をしておくと安心です。

次にMNPと同時に機種変更した場合のLINEの引き継ぎ方法について解説します。

1引き継ぎができるデータ

LINEは同じOS間(例:Android→Android)のMNPなら殆どのデータは引き継ぎ可能です。

しかし、異なるOS間(例:Android→iPhone)のMNPでは、以下のデータは引き継ぎできません。

  • 通知音の設定
  • 購入済みLINEコイン残高
  • LINEコイン残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット
  • トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)
  • 15日以上前のトーク履歴

このように、異なるOS間のMNPの際は注意しておきましょう。

2引き継ぎ設定の手順

では次に、引き継ぎ設定の操作方法についてみていきましょう。

「旧端末で行う引き継ぎの手順」と「新しい端末で行う引き継ぎの手順」の2つに分けて解説します。

旧端末で行う引き継ぎ手順

まず、旧端末で行う引き継ぎ手順を説明していきます。
手順は以下のとおりです。

  1. LINEアプリを開き、ホーム画面の「設定(歯車マーク)」「アカウント」の順にタップ
  2. 「アカウント」の電話番号・メールアドレス・パスワードを確認して、登録していないものは登録する
  3. 端末変更の当日に、ホーム画面の「設定」「アカウント引き継ぎ」をタップ、「アカウントを引き継ぐ」をスライドしてONにする

以上で旧端末で行うLINEの引き継ぎ手順は完了です。

「アカウントを引き継ぐ」をスライドしてONにすると、36時間以内に引き継ぎを行う必要があります。

万が一時間を超えてしまった場合は、もう一度旧端末で「アカウントを引き継ぐ」をONにすれば引き継ぎが可能です。

登録したメールアドレスとパスワードを忘れると大変なので、メモに残しておくことをおすすめします。

新端末で行う引き継ぎ手順

新端末で行う引き継ぎパターン、大きく分けて以下の3つの方法があります。

  • 同じ電話番号で引き継ぐ場合
  • 新しい電話番号で引き継ぐ場合
  • Apple ID、Facebook IDで引き継ぐ場合

ここでは「同じ電話番号を引き継ぐ場合」の手順について紹介します。

新端末で行う手順は次のとおりです。

  1. 新端末にLINEをインストール後、アプリを開き「ログイン」をタップ
  2. ※「新規登録」も選択できますが、新規登録では引き継ぎできなくなってしまうので、必ず「ログイン」を選択してください。

  3. 「電話番号でログイン」を選び電話番号を入力して「次へ」をタップ
  4. SMSで6桁の番号が送られてくるので、その番号をLINEに入力して「次へ」をタップ
  5. 「おかえりなさい〇〇!」というメッセージが表示され、自分のアカウントで間違いなければ「はい、私のアカウントです」をタップ
  6. 旧端末で登録したパスワードを入力して「次へ」をタップ
  7. トーク履歴のバックアップを取っていれば「トーク履歴を復元」をタップ
  8. 友達追加・年齢確認などを任意で設定

以上で新端末で行う引き継ぎ手順は完了です。

なお、アカウントを移行しただけではトーク履歴はバックアップされません。
トーク履歴を引き継ぎためには、別途手続きが必要です。

以下の記事でLINEのバックアップから復元方法まで解説しているので、併せてご参考ください。

MNPする前の準備④「SIMロックの解除」(スマホをそのまま引き継ぐ場合)

基本的に大手携帯キャリアで購入した端末は、「SIMロック」といって、他の携帯会社のSIMカードが使えないように、スマホに利用制限がかけられています。

しかし「SIMロック解除」を行うことにより、端末にかけられた利用制限をなくすことができます。

つまり、SIMロック解除をしたスマホであれば、どの通信会社のSIMカードでも利用することが可能です。

SIMロックの解除方法

SIMロック解除方法は、主に「店舗」と「Web」で手続きする方法の2つの方法があります。

各キャリアの店舗でSIMロック解除手続きを行うと、3,300円(税込)の手数料がかかります。

一方で、自分で手続きを行えば、無料でSIMロックの解除が可能です。

詳しいSIMロック解除手続きについては、以下の記事で解説しているのでご参考ください。

MNPする前の準備⑤「MNP予約番号の取得」

MNP(乗り換え)を行う際に、乗り換え先のキャリアに電話番号を引き継ぎたいときは「MNP予約番号」が必須です。

MNP予約番号とは、現在利用中のキャリアが発行する10桁の番号のことです。

乗り換え先のキャリアに旧キャリアで取得したMNP予約番号を伝えることで、これまで利用していた電話番号を引き継ぐことができます。

MNP予約番号はドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアでは、基本的に以下の3つから取得可能です。

  1. 店頭
  2. 電話番号
  3. Webサイト

なおMNP予約番号は有効期限があり、予約当日を含めて15日間が有効期限となっているため、MNP予約番号を取得したら早めに手続きを行いましょう。

まとめ

MNP(乗り換え)する前には、以下の5つの準備が必要です。

  1. 保有ポイントと引き継ぎ方法の確認
  2. 契約内容の確認
  3. LINEの引き継ぎ設定
  4. SIMロックの解除(スマホを引き継ぐ場合)
  5. MNP予約番号の取得(電話番号を引き継ぐ場合)

MNPで今まで使っていたキャリアを解約すると、キャリアで貯まっていたポイントが失効する場合があるため、事前に保有ポイントや引き継ぎ方法を確認しておくことをおすすめします。

また乗り換え先でもスムーズにスマホを使うために、契約内容やLINEの引き継ぎ設定を確認しておくと安心です。

特に電話番号を引き継いだり、乗り換え先で今使っているスマホを使い続けたりする場合は「MNP予約番号の取得」と「SIMロック解除」は必ず行いましょう。

MNPで乗り換え手続きは、少なからず手数料などが発生してしまいます。

そこで乗り換えにかかる負担を減らしたい方におすすめするのが、高額キャッシュバックで話題の「モバシティ」!

モバシティで乗り換えると、なんと現金20,000円&最大13,200円のヤフー限定割引クーポンがもらえます。

それでは次に詳細をご紹介するので、気になる方はぜひ最後までチェックしてみてください!

ソフトバンクに乗り換えるなら高額キャッシュバックの「モバシティ」へ!

モバシティfirst-top

オンラインで乗り換えが完結する、ソフトバンクの正規Web代理店「モバシティ」。

モバシティでソフトバンクに乗り換えると、現金20,000円&最大13,200円のヤフー限定割引クーポンがもらえます!

店頭にはない高額キャッシュバックがもらえるのは、ソフトバンクの『公式』Web代理店である当店ならではです♪

さらに高額キャッシュバックのほかにも、モバシティで携帯乗り換え(MNP)をするメリットは盛りだくさん。

ココが凄い!モバシティで乗り換えるメリット/

  1. 誰でも現金20,000円がもらえる
  2. 最大13,200円の割引クーポン進呈
  3. 来店不要で自宅で待ち時間なく契約
  4. 頭金が不要(通常1万円支払い)
  5. イヤな営業の電話やメールもなし

1万円の頭金の支払いが不要な上に、誰でも現金20,000円がもらえるため、無駄な出費なくお得に乗り換えができます。

さらに電話やメール一本で待ち時間や面倒な手続きもなく乗り換えられるので、メリット尽くしなんです。

まずはささいなご相談やお見積りだけでも、ぜひお気軽にモバシティへお問合せください!

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定!iPhone 15シリーズの購入で現金キャッシュバック

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

特別還元祭実施中

ご相談無料
0120-914-126
営業時間:10:00~22:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ