ドコモ・au・ソフトバンク3大キャリアの携帯料金比較

ドコモ・au・ソフトバンク3大キャリアの携帯料金比較
スマートフォンの料金プランは年々ややこしくなってきていますよね。

  • 「いろいろあるけど最安のプランはどれ?」
  • 「自分に合った料金プランだといくら?」

といったスマホの料金の悩みがこの記事を読めば解決します。

5年間ショップ店員をしていた私が

  • 「au・docomo・softbankでスマホを持ったときの一番安い料金プラン」
  • 「割引サービスを適用した最大容量プラン」

についてお伝えしていきます。

3キャリアの料金をまとめて比較したい方、自分に合ったプランを決めかねてる方は必見です。

1au・docomo・softbankでスマホを持ったときの一番安い料金プラン

最安はあまりスマホを使わない方向けのプランです。
現在のスマホの料金は以下の2つです。

  • 動画を見たり、ゲームをたくさんプレイするスマホを使う頻度がかなり高い方向けの固定料金プラン。
  • 基本的にメールやインターネットを少ししかしない方向けの変動料金プラン。

もちろん、最安はあまりスマホを使わない方向けのプランです。

では、3キャリアで比較しながらプランの内容を見ていきましょう。

電話のオプションは以下の3つから選べます。

  • なし
  • 5分以内の国内通話が無料
  • 24時間国内通話が無料

ソフトバンク ミニモンスター

ソフトバンクの料金プラン「ミニモンスター」
<金額>
0~1GB(3980円)
1~2GB(5980円)
2~4GB(7480円)
4~50GB(8480円)

<通話オプション>
純定額オプション(5分以内無料の電話し放題)500円
定額オプション(24時間電話し放題)1500円
<割引サービス>
おうち割光セット(ソフトバンク光を契約すると割引)最大1000円引き
1年おトク割(特定のプランを契約すると12か月割引)1000円引き

docomo ギガライト 【2019年6月1日開始】

docomoの料金プラン「ギガライト」
<金額>
0~1GB(2980円)
1~3GB(3980円)
3~5GB(4980円)
5~7GB(5980円)

<通話オプション>
5分通話無料オプション(5分以内無料の電話し放題)700円
かけ放題オプション(24時間電話し放題)1700円
<割引サービス>
みんなドコモ割(家族で特定のプランを契約すると割引)最大1000円引き

au 新auピタットプラン 【2019年6月1日開始】

auの新料金プラン「新auピタッとプラン」
<金額>
0~1GB(2980円)
1~4GB(4480円)
4~7GB(5980円)

<通話オプション>
通話定額ライト(5分以内無料の電話し放題)700円 
通話定額(24時間電話し放題)1700円
<割引サービス>
家族割プラス(家族で特定のプランを契約すると割引)最大1000円引き

各キャリア 最安プランの特徴

割引サービスを適用した1GB未満の料金は3キャリアともに1980円です。
データ容量を2GB以上使うなら固定料金プランが安くなります。

割引サービスの数は少なくなっており、割引の条件自体は従来と比べてかなりシンプルになっています。

  • 家族の人数に応じて割引が入る家族割引
  • インターネットを契約すれば入る光セット割
  • 特定のプランを契約すると割引

基本的にはこの3つになります。

ガラケーの最安プラン

ガラケーの最安プラン

ガラケーで一番安くなる使い方は以下の二つです。

  • 電話の相手は基本、家族だけ
  • インターネット、メールをあまりしない

ガラケーもやはり、あまり使わない人が安くなります。

では実際に見ていきましょう。

ドコモ au ソフトバンク
基本料金プラン
(プラン名)
1,200円
(カケホーダイライト)
998円
(VKプラン)
1,200円
(スマ放題ライト)
インターネット接続基本料
(プラン名)
300円
(SPモード)
300円
(LTEネット)
300円
(ウェブ使用料)
パケット定額サービス
(プラン名)
300円~4,200円
(ケータイパック)
500円~4,200円
(ダブル定額)
0円~4,200円
(データ定額S)
合  計 1,800~5,700円 1,798~5,498円 1,500~5,700円

ご覧の通り、最安プランであれば1,500円/月前後で利用ができます。

やはり、このプランは比較的「待受」が多い方におすすめですね。

ドコモ、ソフトバンクについては5分以内の電話かけ放題なので、一回の電話が5分以内であれば無料、5分を超える場合は20円/30秒かかります。

auは無料通話が1000円分ありますので一か月の通話が25分以内であれば無料で使えます。

毎月の利用料金が上がりますが、かけ放題プランも選べます。


2割引サービスを適用した最大容量プラン

ここでは割引サービスを紹介し、実際に適用した際の最大容量プランをお伝えしていきます。

かなりスマホを利用される方は必見です。
全て通話オプションなしで計算しています。

docomo ギガホ

docomoの料金プラン「ギガホ」
【内容】
30GBまでデータが使い放題。6980円
【割引サービス】
みんなドコモ割 家族で特定のプランを契約すると割引 最大1000円引き
ドコモ光セット割 ドコモ光を契約すると割引 最大1000円引き
ギガホ割 ギガホを契約すると6か月割引 1000円引き

合計 3980円 

au auデータMAXプラン【2019年 夏受付開始予定】

docomoの新料金プラン「ギガライト」
【内容】
データ容量が無制限で動画、SNS、インターネットが楽しめる。8980円
【割引サービス】
家族割プラス 家族で特定のプランを契約すると割引 最大1000円引き
auスマートバリュー auひかりなどを契約すると割引 最大1000円引き
auデータMAXプランスタートキャンペーン auデータMAXプランを契約すると6か月割引 最大1000円引き

合計 5980円 

ソフトバンク ウルトラギガモンスター+

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+【内容】
データ容量が50GBで使い放題。6480円
【データ容量】
家族でウルトラギガモンスターを契約すると割引 最大2000円割引
ソフトバンク光を契約すると割引 最大1000円割引
特定のプランを契約すると12か月割引 最大1000円割引

合計 3480円 

割引サービスを適用した場合はソフトバンクが最も安くなります。

50GBで動画もSNSも高速で見れるので快適で使えます。

一番料金が高いauはサービスの内容が特殊でインターネットを制限なしでずっと使えます。

3まとめ

3キャリアで2019年6月1日から始まる新料金プラン。

特徴をまとめると以下の2つです。

  • データ使用量で料金が変わる変動制プラン
  • データ容量は初めから決まっていてその範囲でデータを使っても料金が変わらない固定プラン

割引サービスも細かいものはありますが基本的に以下の3つです。

  • 家族で特定のプランを契約すると割引
  • 光回線を契約すると割引
  • 特定のプランを契約すると一定の期間割引

条件は従来の割引サービスと比べるとかなりシンプルになりました。

変動制プランで一番安い1GB未満に関しては割引サービスを適用すると3キャリアとも金額は横並びになります。

固定プランは割引サービスを適用するとソフトバンクが一番安くなります。

さらに、通常のショップで携帯乗り換えするより、WEB販売店で乗り換えするほうがお得です。

例えば、「モバタウン」では他社からソフトバンクへ乗り換え限定で以下のような特典があります。

  • 月額料金からの値引き
  • 全額現金キャッシュバック
  • 違約金・解約金を0円

まずは毎月どれぐらいになるのかお気軽にお問い合わせください。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MobaTown

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
ご相談はコチラ

ページ上部へ