携帯乗り換え(MNP)の年齢制限は?20歳未満は親の同意書が必要!

携帯乗り換え(MNP)の年齢制限は?20歳未満は親の同意書が必要!

今では小学生でもスマホを持ち歩く時代ですよね。
そこで、子供が使っているスマホで携帯乗り換え(MNP)するとき年齢制限はあるのか?特別な手続きが必要なのか?
などお困りの方もいるのではないでしょうか。

そんな方に、今回は年齢が20歳未満の未成年の方が携帯乗り換え(MNP)するときの手続きについてお話していきます。

現状、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアともに、年齢が20歳未満の未成年の方でも新規契約および携帯乗り換え(MNP)はできます。ただし小学生以下の年齢12歳未満のお子さまは親御さんの名義での契約が必要になります。

ここからは未成年の子供が使っているスマホで携帯乗り換え(MNP)する手順や必要なものをご紹介します。

1.未成年の子供が携帯乗り換え(MNP)する手順

未成年の子供が携帯乗り換え(MNP)する手順
まず携帯乗り換え(MNP)は移転元キャリアと移転先のキャリアは同一名義が原則になっています。

次に、携帯乗り換え(MNP)の手続きは一般的に以下の手順で進めます。

  1. 現在契約しているキャリアから「MNP予約番号」を取得する
  2. MNP予約番号を使って乗り換え先のキャリアで新規契約を行う

このように携帯乗り換え(MNP)では「MNP予約番号」が必ず必要になるので、まずはお子さまが使っている端末の契約名義の確認が必要になります。

ただし、年齢が12歳未満の子供は原則契約名義人にはなれないので親御さんが名義人のはずです。年齢が12歳~19歳の子供は親の同意書があれば名義人として契約できるので確認しないと分かりません。

その契約名義の確認は簡単。インターネットで以下にアクセスして契約情報を見れば契約名義人として記載されています。

  • ドコモ:My docomo
  • au:My au
  • ソフトバンク:My Softbank

MNP予約番号の取得は、ドコモではインターネットの「My docomo」からでも取得できますが、auとソフトバンクではガラケーのみ対応になるため、一般的に電話での取得が最も早い方法になります。それぞれ以下のMNP専用窓口で電話して取得します。

◆ドコモ:ドコモ インフォメーションセンター
ドコモ携帯電話から:(局番なし)151(無料通話)
一般電話から:0120-800-000(無料通話)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆au:au MNP専用の携帯電話番号ポータビリティ受付窓口
au携帯電話/一般電話共通:0700-75470(無料通話)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆ソフトバンク:ソフトバンク 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口
ソフトバンク携帯:*5533(無料通話)
一般電話:0800-100-5533(無料通話)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

そこで電話でMNP予約番号を取得する場合、契約名義人の本人確認があるので契約名義になっている本人が電話する必要があります。

そのため、契約名義が親御さんになっている契約ではお子さまが電話しても取得はできません。
契約名義の方が電話すれば解約時の説明を含めて10分~15分で取得できます。

MNP予約番号を取得できたら、乗り換え先のキャリアで新規申し込みを行えば携帯乗り換え(MNP)は完了です。
注意点として、MNP予約番号には取得日を含めて15日間という有効期限が設定されているので、早めに乗り換え先のキャリアで新規契約を結ぶようにしましょう。

2.MNP新規契約するとき必要なもの

MNP新規契約するとき必要なもの
乗り換え先のキャリアで新規契約する際、こちらも契約名義人本人が手続きを行う必要があります。
その際、親御さんの名義でMNP予約番号を取得したときは乗り換え先のキャリアでも親御さんの名義で新規契約しなければなりません。

そこで、名義人が子供になっているケースでは、基本は親と子供の2人で各キャリアの直営店(ショップ)で新規契約しなければなりません。ただし、親が仕事で忙しいときは以下で紹介する必要なものを用意すれば未成年者でも契約はできます。

そこで、未成年の方がドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアで携帯乗り換え(MNP)新規申し込みするときに必要なものをご紹介します。

ドコモの未成年の契約で必要なもの

ドコモでは契約者が小学生以下(12歳未満)の場合、親権者名義でしか契約はできません。

契約者が小学生以上の未成年の方が新規契約するときは以下の書類が必要です。

  • MNP予約番号(15日を過ぎていないもの)
  • 未成年者の本人確認書類
  • 親権者の同意書
  • 親権者の本人確認書類(原本)
  • 毎月の支払い手続きに必要なもの

本人確認書類は以下のいずれか1点必要になります。

  • 運転免許証/マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証/住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
    学生の方は「学生証+健康保険証または住民票」でもOK

毎月の支払い手続きで必要なものは以下の通りです。

  • 契約者本人の「クレジットカード」or「キャッシュカード」
  • 預金通帳とお届け印

ただし、『未成年者のご契約で、ご契約者ご本人名義の「キャッシュカード」などをご用意いただくことができない場合は、親権者同伴の上、親権者名義の「キャッシュカード」などをご用意ください。』(引用:ドコモ|他社からお乗りかえ(MNP))となっています。

auの未成年の契約で必要なもの

auでも契約者が小学生以下(12歳未満)の場合、親権者名義でしか契約はできません。

契約者が小学生以上の未成年の方は以下の書類が必要です。

  • MNP予約番号(15日を過ぎていないもの)
  • 未成年者の本人確認書類
  • 親権者の同意書
  • フィルタリングサービス申出書
  • 親権者の本人確認書類(親権者が来店できないときはコピーでも可)
  • 毎月の支払い手続きに必要なもの

本人確認書類は以下のいずれか1点が必要です。

  • 運転免許証/日本国パスポート/運転経歴証明書(顔写真があるもの)
  • 個人番号カード(マイナンバー)
  • 住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
  • 健康保険証+補助書類(公共料金領収証/住民票)

また、auのみ「フィルタリングサービス申出書」という書類を必要なときのみ提出します。
フィルタリングとは違法・有害サイトなどの接触から守り、安心・安全にインターネットを利用する手助けをするサービスです。

毎月の支払い手続きで必要なものは以下の通りです。

  • 契約者本人の「クレジットカード」or「キャッシュカード」
  • 預金通帳とお届け印

ドコモと同じように、契約者である子供がキャッシャカードを持っていないときは親のキャッシュカードが必要になります。

ソフトバンクの未成年の契約で必要なもの

ソフトバンクでは12歳になった時点で契約名義人なれます。そのため11歳の未満は親権者名義でしか契約はできません。

契約者が12歳以上の未成年の方は以下の書類が必要です。

  • MNP予約番号(15日を過ぎていないもの)
  • 未成年者の本人確認書類
  • 親権者の同意書
  • 親権者の本人確認書類(原本)
  • 毎月の支払い手続きに必要なもの

本人確認書類は以下のいずれか1点が必要です。

  • 運転免許証/日本国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバー)
  • 健康保険証+補助書類(公共料金領収証/住民票)

毎月の支払い手続きに必要なものは以下の通りです。

  • クレジット払い:契約者名義のクレジットカード
  • 口座振替:預金通帳・お届け印

ただし12歳~16歳未満の方は親権者名義の口座もしくはクレジットカードでのお支払いが必要です。

このように、未成年の方が携帯乗り換え(MNP)新規申し込みする場合、親の同意書および本人確認書類が必須。この書類を揃えれば未成年者自身でも契約手続きはできますが、大学生以下の学生の方は親御さんと2人で来店することをおすすめします。

3.まとめ

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでは、20歳未満の未成年の方でも携帯乗り換え(MNP)はできます。

携帯乗り換え(MNP)はMNP予約番号を取得して乗り換え先のキャリアで新規申し込みするだけの手続きです。
ただし乗り換え前後の契約名義人は同一でなければできないので、まずは契約名義を確認してMNP予約番号を取得する必要があります。

そしてMNP予約番号が取得できたら、契約者名義になっている方が乗り換え先のキャリアで新規契約すれば完了です。
未成年者でも新規申し込みはできますが、親権者の同意書や本人確認書類が必要になるので、可能な限り親と一緒に手続きするようにしましょう。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MobaTown

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
ご相談はコチラ

ページ上部へ