運営会社|株式会社ベルテクノス会社概要

携帯乗り換え時の二重払いに取るべきたった2つの対処法とは!?

携帯乗り換え時の二重払いに取るべきたった2つの対処法とは!?

MNPで携帯電話を乗り換えるときに、乗り換え前の携帯電話会社と乗り換え後の携帯電話会社に同じ内容の料金を二重に支払わなければならない状況が生じることがあります。

これらの料金をそのまま支払うことになると月々の負担がかなりきつくなってしまい、せっかくMNPをしても満足感が得られないかもしれません。どんな費用が二重払いになってしまう可能性があり、二重払いをさけるにはどのように手続きをすればよいのかまとめました。

1携帯乗り換え時に生じてしまう二重払いとは

二重支払いが発生してしまう料金は大きく分けて二つあり、日割り不可の定額料金とローン契約の支払いがそれにあたります。

日割り不可の定額料金

簡単にまとめると、解約時には定額の通話基本料とパケット定額が日割り不可、新規契約時にはすべて日割りになります。解約時の月額満額と新規回線の日割り分が発生してしまうため、月の上旬に携帯乗り換えを行った場合は重複部分の金額が高くなってしまいます。

ソフトバンクについては請求締め日が3種類ある、ということも要注意事項です。

こちらの記事で詳しく説明をしています。↓

「携帯乗り換え(MNP)で日割り不可の料金は月末手続きで解決!」

ローン契約の分割支払い

携帯電話端末をローン契約している場合は、その支払いが完了する前に新たにローン契約で携帯乗り換えをすると、乗り換え前の端末代金と新たに購入した端末の支払いが重複してしまいます。24ヵ月契約でローンが主流ですが、2017年よりキャンペーンプランにて48回払いローン契約の受付も開始しており、残債は高額になりがちです。

しかも、解約する回線については月々サポート、毎月割、月月割の割引の適用がなくなりますので、「実質0円」で購入した携帯電話でもしっかりと請求がかかってしまいます。割引は、解約する月の利用分から対象外になります。

解約済の端末代金を利用中の携帯電話料金と重複して支払い続けることは、金銭的にも精神的にも非常に負担の大きなものとなりますし、遅滞が生じてしまったときには個人の信用に大きく影響してしまいます。

こちらの記事で説明をしています。↓
「MNPのローンは慎重に!狙い目は一括キャンペーン」

2二重払いを避ける方法

携帯電話乗り換え時の二重払いを避ける方法について、紹介します。

支払いが免除される方法はありませんが、軽減できるように意識するだけで負担額にかなりの違いが生じます。

日割り不可の定額料金の負担を小さくするには

日割り不可の定額料金の負担を小さくするには、MNPのタイミングをできるだけ解約する端末の請求締め日直前に行うことです。

元々、ドコモとauを利用していた方は、月末締めですので、月末にMNP手続きを行うことです。ただし、末日での手続きは契約にトラブルが生じた際に月内に登録が間に合わなくなる危険性がありますので、保険として数日余裕をもっての手続きを推奨します。

ソフトバンクを利用していた方は、締め日が10日、20日、月末と3種類あります。お客様センターなどで締め日を確認した後に、締め日の直前に携帯乗り換えを実施することで支払いの重複を小さくすることができます。

ローン契約の分割金の二重払いを避けるには

方法というほどのものではありませんが、ローン契約を完済するまでMNPのタイミングを待つことです。
解約せずに契約し続けることにより、月々サポートなどの割引も継続します。しかし、タイミングを待つことにより欲しい機種が完売してしまったり、契約したいプランやキャンペーンが終了してしまったりする場合もありますので、ベストとは言い切れません。

もう一つの方法は、乗り換え端末を一括購入することです。
解約端末については、一括もしくはローンで残債を支払い続けなければなりませんが、分割金の二重払いにはなりません。この場合、MNP契約をする端末がどのくらいの金額で購入できるか、ということが重要です。

3販売店のキャンペーンを狙う

携帯乗り換え時の二重払いに取るべきたった2つの対処法とは!?

日割り不可の定額料金についてはともかく、ローン契約の残債についてはMNPのタイミングによって二重払いを完全に回避することができないのが現実です。そこで発想を変えて、二重払いの支払いを補うという方法を試みるのも良いかもしれません。

20,000円の割賦契約の残債が残っていたとしてもMNP契約時に30,000円のキャッシュバックがあれば、ローンの残債だけでなく二年割引の解除料までキャッシュバック分で支払いできます。
※キャッシュバックの金額はあくまでも例ですが、実際はさらに高額のキャッシュバックされることもあります。

では、こういったキャンペーンがどこで実施されているかというとネット販売店です。そして、注意したいのがこうしたキャンペーンは期間限定・台数限定で実施されることがほとんどです。ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれのネット販売店を検索し、キャンペーン情報をチェックしてみてください。

逆に言えば高額のキャンペーンに巡り合えた場合は、日割り不可の定額料金の二重払いをしてでも携帯乗り換えをした方がお得になるかもしれません。二重払いの回避にこだわって月末近くまで待っていたらキャッシュバックの金額が少なくなってしまった、という話は珍しくないのです。

耳より情報ですが、キャッシュバックのキャンペーンが厚いのは最近ではソフトバンクです。

4まとめ

金額的にも精神的にも負担が大きい携帯乗り換え時の二重払いをいかに回避するか?

回避するという観点では、請求の締め日近くでのMNPをして日割り不可の定額料金の重複を少なくすることが重要です。

しかし、回避することにこだわらず二重払いをしても十分お釣りがくるほどの高額キャッシュバックを狙うという方法も。二重払いをしても十分お釣りがくるほどの高額キャッシュバックはネット販売店がおすすめです。

当日もらえる高額特典バック!が魅力の「モバイルステーション」のチェックもお忘れなく!

お問い合わせはこちら

あなたにオススメの記事

ソフトバンクに携帯乗り換えで最大10万円キャッシュバック

キャッシュバックと合わせてお得!ご不要になった携帯電話の下取り最大44,000円!

ソフトバンク携帯乗り換え(MNP)で不要となった携帯電話(スマホ)を高価下取りしています!

ソフトバンク光コラボでさらにキャッシュバック

インターネット回線を契約中の方は見逃せない超お得な特典です!

Mobilestationだからできる当店3つの強み

当日現金キャッシュバック

日本初!当店ではソフトバンク携帯電話乗り換え完了日にその場でお得な特典キャンペーンを行っています。

乗り換え完了まで最短30分!

事前に電話予約を頂ければ待ち時間なしで優先的に対応させて頂きます。ご来店から携帯乗り換えまで業界最速の最短30分でお手続き完了します。

データの移行も代行します

携帯乗り換え(MNP)の際の面倒なデータ移行も当店スタッフが代行します。もちろんスマートフォン(スマホ)も徹底サポートしています。

営業所一覧

機種紹介   会社概要   Q&A   プライバシーポリシー
ページ上部へ戻る