携帯乗り換えで二重払いになる原因と安くする方法【2023最新】

携帯乗り換えで二重払いになる原因と安くする方法【2023最新】

携帯を乗り換えた月には、基本的に「現在のキャリア」と「新しく契約するキャリア」で料金が二重請求されます。

この二重払いはどうしても避けられませんが、乗り換えるタイミングを工夫したり、キャンペーンを利用することで、請求金額をできる限り安く抑えることが可能です。

そこで今回は、まずは携帯乗り換えで料金が二重支払いになる原因を解説した上で、二重払いの料金を安く抑えるための3つの方法を具体的に解説します。

さらに、二重払いの負担を抑えた上で通常より安く携帯乗り換えできる方法もご紹介するため、最後まで必見です。

ソフトバンク携帯へ乗り換えで最短当日キャッシュバック!モバシティ

携帯乗り換えで料金が二重払いになる原因とは?

携帯乗り換えで料金が二重払いになる原因として、下記の2つが挙げられます。

  • 解約月の料金は日割りにならないから
  • 分割購入した機種代の残債があるから

それぞれの原因について詳しくみていきましょう。

解約月の料金は日割りにならないから

解約月の料金は基本的に日割されないため、月の途中で解約したとしても月額料金が満額で請求されます。

月の途中での解約は、月末までの残り日数分の金額で損してしまうため、注意が必要です。

解約月にかかる料金には、新しく契約したキャリアの料金もあります。

新しく契約したキャリアは基本的に初月に限り、日割り料金で請求されます。

まとめると、二重払いの原因の内訳は下記のとおりです。

  • 旧契約のキャリア:解約月は満額支払いの翌月請求
  • 新契約のキャリア:契約月は日割り料金の翌月請求

分割購入した機種代の残債があるから

乗り換え前に購入した端末の残金が残っており、さらに乗り換え先のキャリアでも新しく携帯電話を購入した場合は、端末代が二重請求されます。

また、月々サポートの割引の適用がある方は、毎月の残金の支払い金額が解約をきっかけに増えます。

月々サポートの割引適用は、携帯電話の継続利用を条件としているためです。

契約内容を把握して、毎月の金額負担がどのようになるのかを明確にしておきましょう。

携帯乗り換えの二重払いを安くする3つの方法

携帯乗り換えの二重払いを安くする方法は、下記の3つです。

  • 方法①請求締め日のギリギリに乗り換える
  • 方法②機種代の支払いが終わってから乗り換える
  • 方法③キャッシュバックなどの特典を受ける

少しでも二重払いの負担を抑えたい、お得に乗り換えたいといった方は、これからご紹介する内容を参考にしてください。

方法①請求締め日のギリギリに乗り換える

簡単に二重払いの負担を抑える方法として、請求締め日に乗り換えるというやり方があります。

請求締め日はキャリアによって異なるため、自身が契約しているキャリアをもとに、乗り換え日時を決めるようにしましょう。

ドコモ・auの締め日

ドコモ・auの場合は締め日が月末です。

そのため、月末に新しいキャリアに乗り換えると、二重払いの負担を軽減できます。

もし末日を1日でも過ぎてしまうと、月末に解約した場合と同じように1ヶ月分の料金を支払うことになるため、注意しましょう。

キャリア 締め日
ドコモ 月末
au 月末

ソフトバンクの締め日

ソフトバンクの場合は締め日が3つに分かれているため、それぞれに合わせて乗り換えをする必要があります。

締め日は「My SoftBankアプリ」の「お支払い情報」「請求締め日」より確認できます。

キャリア 締め日
ソフトバンク 10日
20日
末日

方法②機種代の支払いが終わってから乗り換える

月々サポートで端末を購入したり、乗り換え先で新しく携帯を購入したりする場合は、機種代の支払いが終わってから乗り換えるのがおすすめです。

端末の分割金を毎月二重で支払うのは、ただでさえ大きな負担です。

さらに、月々サポート割の割引が外れるなど、解約をすることによって元のキャリアの分割金の支払い負担が増額されることも考慮する必要があります。

端末の支払いが終わる前に乗り換えたい場合は、SIMのみの契約ができるキャリアを選びましょう。

残積が残っている場合の対処法

残債が残っている場合の対処法としては、下記の2つが挙げられます。

  • 端末を下取りに出す
  • 買取業者に売る

残債ありの端末でも下取りに出すことが可能です。
ただし、買取価格が下がるうえ、分割支払いは続きます。
買取価格が下がる理由は、残債の支払いが滞るとその端末に制限がかけられ、使えなくなってしまうためです。

したがって、残債ありでも買取を依頼できないことはありませんが、可能であれば一括で支払いを終えてから買取を依頼されることをおすすめします。

方法③キャッシュバックなどの特典を受ける

キャリアや時期によっては異なりますが、携帯乗り換え、新規申し込みでキャッシュバックや機種代金の割引などのキャンペーンをおこなっています。

金額や割引方法は申し込み場所によって大きく異なるものの、一般的には数万円のキャッシュバックが多いです。

現金でのキャッシュバックであれば、端末の残債の返済に充てることが可能です。

これらキャッシュバックをうまく活用して乗り換えや機種変更をお得に行いましょう。

安く乗り換えるならモバシティへ!CBや特別割引でお得

モバシティfirst-top

ソフトバンクへ安く乗り換えたい方は、「モバシティ」がおすすめです。

モバシティでは、現金20,000円のキャッシュバックをおこなっているほか、月額料金の割引もおこなっています。

紹介したものもまとめると、モバシティで契約することで下記のメリットがあります。

  • 現金20,000円のキャッシュバック
  • 機種代金の大幅な割引
  • 自宅(オンライン)から携帯乗り換えが可能
  • 24時間受付可能

自宅から携帯乗り換えができるため、店頭に足を運ぶ必要がなく、手軽に手続きできます。

今まで「店頭に足を運ぶのが大変だった」「乗り換えてもキャッシュバックや機種代の割引をあまり受けられなかった。」といった方は「モバシティ」で安心してお得に契約できます。

ソフトバンク携帯へ乗り換えで最短当日キャッシュバック!モバシティ

携帯乗り換えの請求・料金に関するQ&A

MNPに関するよくある質問と回答

携帯乗り換えの請求・料金に関する質問と答えをまとめました。

解約した後の明細はどうなりますか?

解約した後の明細確認方法は、キャリアによって異なります。

  • ドコモ:ドコモショップなどでお手続き後、インターネットまたは郵送(紙)にて確認
  • au:My auもしくはBIGLOBEより確認
  • ソフトバンク:My SoftBankの「料金・支払い管理」にて確認(解約後91日以降は、請求書・内訳明細書より確認)

解約した後の機種代の確認方法は?

解約した後の機種代の確認方法は、キャリアによって異なります。
自身のキャリアに合わせて最適なものを選びましょう。

  • ドコモ:My docomoにログインして確認
  • au:My auにログインして確認
  • ソフトバンク:My SoftBankにて確認(解約後91日以降は店頭にて確認)

キャリア乗り換えにかかる費用はいくら?

以前はキャリアを乗り換える際は「MNP転出手数料」として、3,300円を支払う必要がありました。

しかし現在は転出手数料は店頭・オンライン・電話ともにすべて無料です。

ただし、契約先によっては事務手数料として3,300円が発生します。

まとめ

本記事では、携帯乗り換えで二重払いになる原因と安くする方法についてご紹介しました。

携帯乗り換えで二重払いになる原因としては、解約月の料金が日割りにならないこと、分割購入した機種代の残債があることがあります。

しかし、請求締め日のギリギリに乗り換えをしたり、機種代の支払いが終わったり、キャッシュバックの特典を受けたりすることで、二重払いの負担を抑えられます。

モバシティなら、最大20,000円のキャッシュバックを受けられ、お得に乗り換えが可能です。ソフトバンクへの乗り換えを考えている方は、ぜひ「モバシティ」を検討してください。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定!iPhone 15シリーズの購入で現金キャッシュバック

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

特別還元祭実施中

ご相談無料
0120-914-126
営業時間:10:00~22:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ