携帯乗り換え(MNP)解約・新規契約時に必要な4つの費用とタイミング

携帯乗り換え(MNP)解約・新規契約時に必要な4つの費用とタイミング

携帯乗り換え(MNP)とは、電話番号を変えずにキャリアを乗り換えられる制度。
当然のように、今契約しているキャリアは解約し、新しいキャリアで新規契約を結びます。

MNPの手続きといっても、ユーザーは「MNP予約番号」を取得して、あとは新規契約を結ぶだけです。
ただし、その解約・新規契約のとき、支払いが必要になる4つの費用があることはご存知でしょうか?

それは、必須のものが2つ、残り2つは該当者のみ支払いが必要な費用があります。
ということで今回は、携帯乗り換え(MNP)の解約・新規契約時に支払いが必要な4つの費用の説明と、支払うタイミングについてご説明いたします。

1MNP解約時に支払いが必要な4つの費用とは?支払うタイミングは?

まず、携帯乗り換え(MNP)する際、現在契約しているキャリアで「MNP予約番号」の取得は必須の手続き。
このMNP予約番号がないとMNPはできません。ちなみに、MNP予約番号は無料で発行してもらえます。

ただし、注意点として、MNP予約番号には取得日を含めて15日間という有効期限があるので、期限内に乗り換え先のキャリアで新規契約を行う必要があります。そこで、MNP予約番号を持って、乗り換え先のキャリアで契約が成立したとき、以下の4つの費用の支払いが求められます。

◆解約時

  1. MNP転出手数料
  2. 違約金(契約解除料)
  3. 機種の分割残債

◆新規契約時
・MNP新規契約手数料

以上の中で、MNP転出手数料・新規契約手数料の2つは必須、違約金と分割残債は該当者のみ支払いが必要になります。
それでは、それぞれの金額や支払うタイミングをみていきましょう。

解約時に支払いが必要な費用

先程も説明した通り、以下の費用については、「新規契約が成立したとき」に支払いが必要
つまり、MNP予約番号を取得した時点では、まだ元の契約は解除になっておらず、乗り換え先のキャリアで契約が成立したときに、元のキャリアとの契約が解除になります。

そこで、契約が正式に解除になった時点で、以下の支払いが発生するのです。

MNP転出手数料

MNP転出手数料は、MNPで電話番号を変えずに他社に乗り換えるために必要な費用。
元のキャリアに支払われる手数料となり、金額はそれぞれ以下の通りです。

ドコモ:2,000円(税抜)
au:3,000円(税抜)
ソフトバンク:3,000円(税抜)

いつ支払うのか?については、どのキャリアも契約が解除された日の翌月の請求に合算されます
ただし、タイミングによっては、1ヶ月遅れでMNP転出料のみが請求されるケースもあります。

違約金(契約解除料)

携帯電話などの解約にはつきものの「違約金」ですが、正式には「契約解除料」を意味しています。

基本的に、キャリアの料金ブランなどは「2年自動更新」。
そのため、2年未満の解約や、契約更新月以外に解約すると、違約金としてキャリア共通で9,500円(税抜)の支払いが必要。

その契約更新月とは、こちらもキャリア共通で、契約日の翌月を1ヶ月目として、

  • 24ヶ月目が「契約満了月」
  • 契約満了月の翌月と翌々月(25ヶ月目と26ヶ月目)が契約更新月

と、この契約更新月の2ヶ月間に解約すれば違約金(契約解除料)の支払いは不要。

といっても、中々そのタイミングでMNPするのは難しく、9,500円を支払う方は多いといいます。
いつ支払うのか?については、MNP転出手数料と同じ。元のキャリアとの解約が成立した日の翌月の請求に合算されます。

機種の分割残債

現在の機種は高額になったことで、24回や36回といった分割契約で購入している方は多いですよね。

そこで、MNPする際に機種の分割が残っている方は、すべて支払わなければなりません
確認方法は、キャリアの公式ホームページ「My ◯◯◯◯」にアクセスして契約者情報を見れば、必ず分割の残額が記されています。

いつ支払えばいいのか?については、どのキャリアも、「そのまま分割を続ける」or「一括で支払う」、どちらにも対応しています

もしも、支払いが滞ってしまうと、携帯電話業界の「携帯ブラック」というブラックリストに載ってしまう危険性があるので、規定の方法ですべて完済するのが重要です。

新規契約時に支払いが必要な費用

新規契約のときは、MNP予約番号を取得して15日(有効期限)以内に新たに契約するキャリアで新規契約を結ぶ際に必要になる費用です。

MNP新規契約手数料:3,000円(税抜)

こちらは、キャリア共通の金額になり、いつ支払うのか?については、乗り換え先キャリアの初回の請求に合算されます

以上、携帯乗り換え(MNP)で支払いが必要な費用については、誰もが支払う手数料が5,000円~6,000円。
違約金を支払う方は9,500円が必要。さらに、機種の分割が残っている方は、規定の支払い方法で支払うようにしましょう。

2まとめ

携帯乗り換え(MNP)するとき、無料でできれば一番なのですが、いくつかの支払いが必要になります。
機種の分割残債は別にして、違約金がかかる場合は、14,500円~15,500円の支払いをしなければなりません

そこで、そんな支払いにお困りの方は、「モバイルステーション」でMNP契約手続きをしてはいかがですか?
キャリアショップで新規契約を結ぶのも良いですが、モバイルステーションなら、ソフトバンクへのMNP手続きが完了した日に特典をお渡ししています。それで、解約時に必要な費用(違約金など)・新規契約手数料もすべて負担していただけます。お得なMNPをしたい!という方は、遠慮なくお気軽に「お問い合わせ」ください。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ