【口コミあり】2021年最新スマホおすすめ人気ランキング【3キャリア】

【口コミあり】2020年最新スマホおすすめ人気ランキング【3キャリア】

新規契約や機種変更でどのスマホにしようか悩んでいませんか?

やはり2年間使うスマホ選びで失敗したくないですよね。

ただ、
「スマホをどういう基準で選んでいいかわからない」
「CPUやROMといった専門的な項目が多すぎてわからない」
「みんなが選んでいるのはどれか知りたい」
「自分に合ったスマホがわからない」

といった悩みがあると思います。

ショップでいろいろおすすめされ、よくわからず機種を選んだ経験ありますよね。

なのでこの記事ではショップスタッフ5年の私が

  1. スマホを選ぶときのポイント
  2. 2021年、au・ドコモ・ソフトバンクで購入できるおすすめスマホランキング

をお伝えしていきます!

ランキングの基準は以下の3つ。

  1. 価格
  2. 性能
  3. 使いやすさ

スマホ選びに失敗したくない方や自分に合ったスマホを見つけたい方は必見です。

スマホを選ぶときのポイントは?

まずはスマホを選ぶときに何を基準に選ぶべきなのかお伝えしましょう。

「もう知ってるよ」という方は次のランキングをご覧ください。

スマホ選びのポイントになる項目は以下の8項目。

  1. デザイン
  2. 画面サイズ
  3. 重さ
  4. CPU(脳みそ)
  5. ROM(引き出し)
  6. RAM(作業机)
  7. おサイフケータイ
  8. 生体認証

ROMやCPUなど何をする上で必要なのか、どれぐらいあればいいのか解説していきます。

2年間使う上で重要な【デザイン】

スマホを買うなら気にいったデザインを選ぶのは当然ですよね。

ただ、デザインだけを見て買うと以下のようなデメリットが。

  1. 性能が自分の使い方に合ってなかった(写真をよく撮るのに画質が悪いなど)
  2. サイズや重さが欲しいものと違った

など、よくあるのは「自分が思っていたものと違った」です。

もしも使いたい機能が使えなかったり、もっときれいに写真を撮りたかったなど性能に関する不満があってもあとから変更することはできません。

ただ、デザインならある程度ケースを付けて変えることができます。

1年ほど使えばデザインは気にならなくなると思うので性能もしっかり確認しましょう。

動画をみるなら大画面が良い【画面サイズ】

画面サイズが小さいと本体サイズも小さくなり持ちやすく、画面サイズが大きいと本体サイズは大きいので見やすくなります。

スマホで動画を見たり、ゲームをがっつりプレイする方は6.5インチぐらいのサイズがおすすめです。

例えば「iPhone 11 Pro Max」が6.5インチ。6.5インチだと本体サイズは15センチあります。

手が小さい人や、胸ポケットにスマホを入れる人は4.7インチ前後がベストだと思います。

4.7インチだとiPhone8やiPhoneSE(2020)があてはまります。本体は14センチ前後。

画面サイズは「自分が使う上で必要なサイズ」を考えてみましょう。

ケースも含めて考えるべき【重さ】

スマホの重さは軽く見がちですが意外に重要です。

カバンにいれたり、ポケットにいれて持ち運ぶ際に重いと不便ですよね。

逆に軽すぎるものはバッテリーが小さく持ちが悪いといったデメリットがあります。

ケースありで考えるとスマホの重さは140g~180gがおすすめです。

重すぎたり、軽すぎると使いにくいことが多いので「これぐらいならいけるかな?より少し軽め」を選ぶといいと思います。

最新機種なら心配なし【CPU】

CPUは人間でいうと「脳」の部分で、スマホではあらゆる処理をスムーズにしてくれます。

iPhoneなら「Apple A13 Bionic」、galaxyなら「Snapdragon 865」がCPUにあたります。

ただ、最新機種なら特に気にする必要はありません。

安い機種でも不便に思うことはないと思います。

ただし、「フォートナイト」など高品質の3Dゲームをプレイする方などはCPUも考えてスマホを選びましょう。

カメラをよく使う人は大容量を!【ROM】

ROMとは写真・動画・音楽・メール・アプリなどを保存する場所。

データを大量に保存する人は重視すべき部分です。

スマホをみるとよくROMは「○○GB」と表示されます。

例えば64GBだと以下の通り。

  1. 写真=5,000枚前後
  2. 動画=2時間半前後
  3. 音楽=2時間半
  4. メール=テキストだと64万通
  5. アプリ=それぞれでかなり容量が違うので不明

写真をよく撮る方は64GBだと1年半ぐらいでデータがいっぱいになると思います。

容量は予算次第で増やせますので予算の範囲内でできうる「最大容量」を選ぶべきです。

ちなみにandroidはSDカードを使えば簡単に増やせますが、iPhoneはSDカードが入りません。

サクサク動くのがいいなら2GB以上を【RAM】

RAMとは作業机の広さです。数字が大きいほどスムーズにスマホが動きます。

画面が停止したり、触った時の反応がよくないと思ったことがある方は大きいものを選びましょう。

3Dゲームや編集をしないなら2GB以上あれば十分です。

こちらも最新機種なら特に心配しなくてもいいと思います。

買い物の支払いや交通機関を使う人におすすめ【おサイフケータイ】

世の中のキャッシュレス化に伴い、おサイフケータイが使える場面が増えてきました。

クレジットカードや交通機関で使えるSUICA、ポイントカードなどをすべてスマホで完結できます。

おサイフケータイは財布にカード類が多い方やクレジットカードを持ち歩きたくない方におすすめです。

生体認証

生体認証とはいわゆる指紋認証や顔認証のことです。

現在は画面のロック解除だけでなく、スマホ決済の認証に使ったりオンラインで買い物するときに使えます。

いちいちパスワードを入れる必要がなくなるので便利です。

携帯電話を落とした時などセキュリティ面を気にする方は生体認証がある機種を選びましょう。

スマホを選ぶときの最大のポイントは「自分がなにをしたいか」を考えることです。

それに合ったスペックのスマホがおすすめです。

2021年最新スマホランキング【au・docomo・ソフトバンク】

2020年最新スマホランキング
ここからは3大キャリアで販売している筆者目線のスマホランキングをお伝えしていきます。

価格・性能・特徴・実際に買った方の口コミをお伝えしてどこがおすすめポイントなのかも解説します。

第1位 iPhoneSE【コストパフォーマンスが最高のiPhone】

iPhoneSE(2020)
第1位はiPhoneユーザー待望のiPhoneSE(2020)です!

理由はやはり「最高級スマホと同じ処理速度で5万円台から購入できるコストパフォーマンスの高さ」。

特徴は

  1. ホームボタンが復活し、指紋認証が使える
  2. 5万円台から買えるiPhone
  3. 処理速度がiPhone中で一番速いチップを搭載
性能表
機種名 iPhoneSE
ディスプレイ 4.7インチ
本体サイズ 【高さ】138.4 mm
【幅】67.3 mm
【厚さ】7.3 mm
重さ 148g
カラー ブラック
ホワイト
レッド
ROM(容量) 64GB
128GB
256GB
RAM 3GB
CPU A13
カメラ 1200万画素
インカメラ 700万画素
バッテリー容量 1,821mAh
イヤホンジャック なし
ホームボタン あり

画面サイズは4.7インチで最近のスマホ事情からみると小さめ。

重さも148gでリンゴ1個と同じぐらいで軽く、重さはほとんど気になりません。

CPUは11万円台の「iPhone11Pro」と同じA13チップで最高クラスの処理速度を誇ります。

RAMも3GBあるので簡単なソーシャルゲームやSNS、LINE、YouTubeなどをするには充分です。

ホームボタンも復活して指紋認証が使えて初心者でも使いやすくなっています。

バッテリー容量が少し小さいのがデメリットです。

では各キャリアの販売価格をお伝えしていきます。

販売価格
キャリア名 64GB 128GB 256GB
au 55,270円 61,250円 75,215円
docomo 57,024円 62,568円 75,240円
ソフトバンク 57,600円 64,080円 78,480円

各キャリアともに金額はほぼ同じ。

64GBと128GBの金額差は5000円程度なので購入するなら128GBがおすすめです。

口コミ

口コミは比較的良いものがおおいです。やはり古いiPhoneから切り替えた方は満足度が高いですね。

こんな人におすすめ
  1. YouTube、LINE、軽くゲームをする程度
  2. 安い機種で長く使いたい
  3. 初めてスマホを持つ
第2位 iPhone11【6色展開でコスパ良し】

iPhone11

第2位は「iPhone11」。

iPhoneSEに続き、コストパフォーマンスが抜群のスマートフォンです。

2位の理由ですが「10万円前後のスマホとは思えない高性能スマホでカラーが6色展開」という点。

特徴は

  1. カラーがホワイト・ブラック・グリーン・イエロー・パープル・レッドと豊富
  2. カメラが広角・超広角のデュアルカメラ
  3. スマホヘビーユーザーも納得の性能
性能表
機種名 iPhone11
ディスプレイ 6.1インチ
本体サイズ 【高さ】150.9 mm
【幅】75.7 mm
【厚さ】8.3 mm
重さ 194g
カラー イエロー
グリーン
パープル
ブラック
ホワイト
レッド
ROM(容量) 64GB
128GB
256GB
RAM 4GB
CPU A13
カメラ 1200万画素
インカメラ 1200万画素
バッテリー容量 3,110mAh
イヤホンジャック なし
ホームボタン なし

画面サイズは6.1インチでかなり大きめです。本体サイズはSEよりも約1センチ大きくなっています。

RAMやCPUも3Dゲームがスムーズに動くレベルです。

特にカメラは一眼レフカメラに匹敵するきれいさで写真を撮るのが楽しくなります。

内蔵される超広角カメラは被写体を広くとらえ、奥行きのある写真が撮れるのです。

バッテリーも一日使うには十分の容量となっています。

販売価格
キャリア名 64GB 128GB 256GB
au 90,720円 96,480円 109,440円
docomo 87,120円 95,040円 106,920円
ソフトバンク 89,280円 95,040円 108,000円

本体価格は各キャリアでほぼ同じです。
10万円を切るのは嬉しいですよね。

ここからはiPhone11の口コミをお伝えしていきます。

みんなの口コミ

やはりカメラのきれいさに感動している口コミが非常に多いですね。

こんな人におすすめ!
  1. 写真にこだわりたい
  2. 2年以上長く使いたい
  3. 多彩なカラーからえらびたい

iPhone11は価格・性能ともに納得できる素晴らしい機種だと思います。
ただ、サイズが大きいので手の小さい方は実機を触ってサイズ感を確かめておいた方がいいですよ。

第3位 Xperia 1 II

Xperia1 Ⅱ
第3位はdocomoとauで販売されている「Xperia1 Ⅱ(エクスペリアワンマークツー)」です。

「圧倒されるようなきれいな画面と大迫力のオーディオ」が主な理由になります。

他の特徴は

  1. 21:9の大画面で2つのアプリを同時に操作できる
  2. 超広角・望遠・標準のトリプルレンズ
  3. 動画を撮る際に風の音を消したり、映画のように撮影できる

音・画面・カメラ・ユーザビリティ全てにこだわった機種です。

さすがソニーですね。

性能表
機種名 Xperia 1 II
ディスプレイ 6.5インチ
本体サイズ 【高さ】166 mm
【幅】72 mm
【厚さ】7.9 mm
重さ 181g
カラー 【docomo】ブラック・ホワイト・パープル
【au】ブラック・ホワイト
ROM(容量) 128GB
RAM 8GB
CPU Qualcomm®Snapdragon™865 5G Mobile Platform
カメラ 超広角:約1220万画素
望遠:約1220万画素
標準:約1220万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー容量 4000mAh
外部メモリーカード 対応(最大1TB)
手ぶれ補正 あり
テレビ 対応
防水 対応(IPX5/IPX8)
おサイフケータイ 対応
生体認証 対応(指紋)

「Xperia 1 II」はブラビアの技術を応用した6.5インチの大画面で映画なども迫力ある映像になります。

カメラは瞳にピントを合わせ、人や動物の決定的な瞬間を逃しません。

RAMも8GBあるので端末の処理速度は速く、すべての作業がスムーズです。

ROMは128GBですが1TB(1000GB)までSDカードが入るので安心。

指紋、SD、防水、おサイフケータイなどほとんどの機能にも対応しています。

本体価格
キャリア名 価格
au 133,600円
docomo 123,552円

やはり、5Gに対応しておりここまで高性能だと金額も高めですね。

ただ、それぐらい価値のある機種だと思います。

では実際に購入した人の口コミを見てみましょう。

ツイッターでの口コミ

Twitterではカメラについての口コミが多く、やはりその性能は目を見張るものがありますね。

こんな方におすすめ!
  1. 一眼レフカメラ並の写真が撮りたい
  2. スマホで映画など動画をよく見る
  3. 1画面でYouTubeやTwitterを同時に使いたい

もちろん、高画質な写真を撮りたい人にもおすすめです。

予算を気にせず、高性能なandroid端末が欲しい方にもおすすめです。

第4位 OPPO Reno3 5G【ソフトバンク限定の最安5Gスマホ】

OPPO Reno3 5G
第4位はandroidの「OPPO Reno3 5G」。

4位の理由は「4眼カメラ搭載の格安5Gモデル」といったところです。

5Gサービスが始まりましたが、5Gに対応したスマホが必要になります。
ただ、5Gスマホは本体価格が高く、10万円前後します。

そんな中、OPPO Reno3 5Gは約7万円で持てるのです。

他にも以下のような特徴があります。

  1. 超広角・メイン・モノクロ・望遠の4眼カメラ
  2. 6.55インチの有機ディスプレイで画面がなめらか
  3. ソフトバンク限定機種

メインカメラは4800万画素で写真にこだわりたい方にもおすすめです。

ただし、購入できるのはソフトバンクだけなので注意。

では具体的な性能をお伝えします。

性能表
機種名 OPPO Reno3 5G
ディスプレイ 6.55インチ
本体サイズ 【高さ】159 mm
【幅】72 mm
【厚さ】7.7 mm
重さ 171g
カラー ホワイト
ROM(容量) 128GB
RAM 8GB
CPU SDM765G(オクタコア)
カメラ 約4800万画素
約1300万画素
約800万画素
約200万画素
4眼カメラ
インカメラ 3200万画素
バッテリー容量 4025mAh
外部メモリーカード 非対応
手ぶれ補正 あり
テレビ 非対応
防水 非対応
おサイフケータイ 対応
生体認証 対応

画面インチが6.55インチとかなり大画面で縦に長く、ゲームや動画鑑賞をする方におすすめです。

カメラは4眼カメラでナイトモードや美肌モードなど写真を撮るのに便利な機能がたくさんあります。

重さもサイズの割に軽く、重さは気になりません。

RAMは圧巻の8GBで重たいゲームなどもスムーズにプレイでき、操作にストレスは感じないでしょう。

バッテリー容量は4025mAhで大きいので安心ですね。

デメリットとしてはSDカードが使えないことです。

販売価格
キャリア名 価格
ソフトバンク 68,400円

販売はソフトバンク限定で5Gモデルだと最安になります。

さらにWEB代理店モバシティで購入するとキャッシュバックでお得に購入することが可能です。

↓詳しくはこちら↓
ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

ツイッターでの口コミ

こんな方におすすめ!
  1. 安い5Gモデルが欲しい
  2. 4眼カメラできれいに写真が撮りたい
  3. 画面が大きいスマホを使いたい

「OPPO Reno3 5G」は安く5G端末を手に入れたい方におすすめです。

第5位 Galaxy S20 5G【8Kも撮れる5Gスマホ】

ギャラクシーS20第5位は「Galaxy S20 5G」。

理由は「安定した処理速度に6400万画素のハイスペックカメラ」です。

他の特徴としては

  1. 12GBの大容量RAM
  2. 8Kビデオと30倍ズーム
  3. 4,000mAhの大容量バッテリー

画面がサクサク動く有機ELディスプレイを持ち、基本性能を徹底的に上げたカメラが特徴的ですね。

では、詳しい性能を。

性能表
機種名 Galaxy S20 5G
ディスプレイ 6.2インチ
本体サイズ 【高さ】152 mm
【幅】69 mm
【厚さ】7.9 mm
重さ 163g
カラー クラウドホワイト
クラウドブルー
コズミックグレー
ROM(容量) 128GB
RAM 12GB
CPU Snapdragon 865 2.8GHz+1.7GHz(オクタコア)
カメラ 広角:約1200万画素
超広角:約1200万画素
望遠:約6400万画素
インカメラ 1000万画素
バッテリー容量 4000mAh
外部メモリーカード 対応(最大1TB)
手ぶれ補正 あり
テレビ 非対応
防水 対応(IPX5/IPX8)
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋、顔

注目すべき点は画面の滑らかさ、12GBのRAMと6400万画素の望遠レンズです。

タッチパネルは120Hzリフレッシュレートで通常のスマホよりも滑らかに画面が動きます。

さらに12GBのRAMで処理能力は抜群に速くなっています。

望遠レンズは30倍ズームで子供の運動会などで活躍します。

もちろん、防水・おサイフケータイにも対応しており、生体認証でロック解除も可能です。

では価格ですが、

販売価格
キャリア名 価格
docomo 102,960円
au 117,480円

本体価格はdocomoのほうが安いですね。

ツイッターでの口コミ

こんな方におすすめ!
  1. スマホをビデオカメラ代わりに使いたい
  2. バッテリー持ちの良いスマホが欲しい
  3. 3Dゲームをよくプレイする

こんな人にはこのスマホ!おすすめスマホを紹介

こんな人にはこのスマホ!おすすめスマホを紹介
ここからは用途に合わせたスマホをご紹介していきます。

以下のような用途について伝えます。

  1. 3Dゲームをストレスなくプレイできる
  2. シニア向けのスマホ
  3. 初心者向けスマホ

ではひとつずつ解説を。

3Dゲームをストレスなくプレイするのにおすすめは「Xperia 1 II」

XPERIA 3Dゲームをプレイするのにおすすめのスマホは「Xperia 1 II」。

RAMが8GB、CPUはSnapdragon 865で処理速度は十分です。

さらに、21:9のワイド画面でゲームをしやすい環境になります。

画面は120Hzでゲーム画面もかなり滑らかに動きます。

電池持ちも4000mAhあるので長時間プレイしても電池は充分と言えるでしょう。

5Gにも対応しているので高速通信でオンラインプレイもらくらくです。

シニア向けのスマホは「iPhone11」

iPhone11シニアに持たせるなら「iPhone11」がおすすめです。

理由は以下の4つ。

  1. 鞄にいれても目立つカラーリング
  2. 大きく見やすい画面
  3. ユーザーが多いiPhoneで周りに操作方法を聞きやすい
  4. シンプルなつくりになっており、慣れやすい

年配の方が使うには充分な性能ですし、本体価格もそこまで高いわけではありません。

初心者におすすめのスマホは「iPhoneSE」

iPhoneSE(2020)
初心者におすすめしたいのが「iPhoneSE」

価格が6万円以下と安く、iPhoneはシンプルな作りで使いやすいです。

画面サイズもちょうどいい大きさとなっています。

処理性能もかなり高いですし、長く使える機種です。

まとめ

いかがでしたか。スマホおすすめランキングは以下の通りでした。

  1. 第1位 iPhoneSE(au・docomo・ソフトバンク)
  2. 第2位 iPhone11(au・docomo・ソフトバンク)
  3. 第3位 Xperia 1 II(au・docomo)
  4. 第4位 OPPO Reno3 5G(ソフトバンク)
  5. 第5位 Galaxy S20 5G(au・docomo)

やはり、iPhoneのコスパの良さには目を見張るものがありました。

「Xperia 1 II」は5G対応で画面やカメラにこだわったandroidです。

「OPPO Reno3 5G」は5G対応のスマホの中で最安で使えるソフトバンク限定の機種。

「Galaxy S20 5G」は6400万画素の望遠レンズを持つハイスペックなスマホになっています。

全体的に性能差はあまりなく、カメラにこだわっている印象です。

価格はやはり、高性能になれば10万円以上になります。

キャンペーンや割引サービスを使って安く購入しましょう。

さらに購入する方法をショップではなく、WEB代理店を利用することでキャッシュバックでお得に買えます。

例えば、ソフトバンクの新規契約や乗り換えならWEB代理店モバシティで2万円のバックが。

詳細が気になる方はお問い合わせを。

ソフトバンクの公式代理店で安心ですし、メールで完結します。

詳細は以下から。

ソフトバンクの新規契約や乗り換えはモバシティで!

WEB代理店モバシティではキャッシュバックが2万円もらえます。

メリットは以下の4つ。

  1. ソフトバンクの公式代理店なので安心
  2. メールと電話で手続きできるので待ち時間がほぼない
  3. 機種の頭金1万円がかからない
  4. キャッシュバックが速い

利用の流れは

  1. メールか電話で状況を伝えて見積りをもらう
  2. 納得したら契約の意思を伝える
  3. 契約成立後、本体と書類が2日前後で届く

問い合わせをしてから営業電話がかかることもなかったので気になった方はお問い合わせを。

見積りだけ取ることも可能です。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ11・Pro予約受付中

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

日本初が満載!期間限定の特別還元祭

ご相談無料
0120-914-126
営業時間:10:00~22:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ
bellface