新型iPhone11は買いか?リーク情報からXsとの違いを比較!

新型iPhone11は買いか?リーク情報からXsとの違いを比較!
※下記の記事で2019年9月10日(現地時間)の発表の情報をまとめています。

今年も新型iPhone発表の時期がやってきました。

毎年、この時期には新型iPhoneのさまざまな噂や海外からのリーク情報が飛び交います。

確実な情報ではないにしろ、発売日やデザインは新型iPhoneを買うか悩んでいるとどうしても気になりますよね。

そこでこの記事では新型iPhoneと現行で最新のiPhoneXsとの違いを比較しながら新型iPhoneのリーク情報や噂をお伝えしていこうと思います。

新型iPhoneと型落ちiPhoneのどちらを購入するか悩んでいる方は必見です。

新型iPhoneの名称、種類、発売日は?

まず、今年の新型iPhoneはXsの時と同じで「3種類」です。

名称は「X(S)」の次なので「Ⅺ(11)」、大きいサイズの「Ⅺ(11) Max」、カラーリングが豊富な「Ⅺ R」になるといわれています。

iPhoneXsと同じであれば

新型iPhoneの発表日は2019年9月12日です。

発売日はiPhone11と11 Maxは9月20日。11 Rは10月下旬の可能性が高いです。

今回はiPhoneのナンバリング自体が変わっているので大きくデザインが変わるかもしれません。

発表イベントが非常に楽しみですね。

ちなみに当店「モバタウン」では既にiPhone11の予約を開始しています。気になった方は是非一度お問い合わせを。
モバタウン限定 新型スマホ11・Pro予約受付中

新型iPhoneのデザインで大きな違いは背面?トリプルカメラに?

iPhone XS,XS Max,XR,8,8 Plus,7,7 Plusの現行販売機種を表でカンタン比較!
↑iPhoneXsのデザイン
iPhone11 リーク画像①
【参照】cashkaro ↑リークされた新型iPhoneのデザイン

新型iPhoneとiPhone Xsのデザインの違いはほぼありません。画面サイズ、本体サイズに関しても同じになると思います。

前面、横が同じデザインでデュアルカメラからトリプルカメラになり背面のデザインが少し変わるだろうと言われています。

カメラレンズの周囲が出っ張っているデザインはいまのところそのままです。

ちなみにこれは噂ですが、iPhoneの前面、ノッチ部分(インカメやマイクがある切り欠け部分)が少し狭くなるかもしれません。

iPhone Xの時から賛否両論あるノッチ部分が狭くなるのはうれしいですね。
iPhone11 ノッチ部分
【参照】cashkaro ↑囲われた部分がノッチです。

新型iPhoneとiPhoneXsのスペック比較と解説

ここでは新型iPhoneの機能をXsと比較しながら解説していこうと思います。

デュアルカメラからトリプルカメラに

カメラの性能ですが、まず画素数が1200万画素→1400万画素に高画素化します。
さらにデュアルカメラからトリプルカメラになります。

単純に言うとカメラレンズが2つから3つに変わります。

標準、望遠レンズに加え、新たに超広角レンズが追加されています。
これでさらにカメラでできることの幅が広がりますね。

さらに、Smart Fram機能が追加されるといわれています。

これは複数撮影した写真や動画の構図を変更したり、加工が可能になる機能です。

複数のレンズで撮影した写真を合成して一枚にすることもできます。

このトリプルカメラがXsとの最大の違いになると思います。

カメラ機能を重視する方におすすめです。

CPU A12からA13へ進化

CPUのチップの変更は新型iPhoneが出るたびに変わっているので今年も変わると思います。

A12からA13に変わるとXsよりも新型iPhoneのほうが快適に使えます。

具体的には

  • アプリ起動速度が上がる
  • CPU(iPhoneの動きの処理してくれるパーツ)の速度が1.5倍になり、本体が固まりにくい。
  • カメラの画像処理効率があがり、写真加工がさらにきれいにできる
  • siriや文字入力の学習能力が上がり、誤変換などが少なくなる
  • 顔認証などの処理スピードがあがる

今後、処理が重いゲームをしたり画像や動画をPhotoshopなどで編集する方はCPU性能も気になるポイントですね。

siriの進化

基本的な機能面の進化に加えて、さらにできることが増え、呼びかけるだけで音楽再生、商品の注文、エアコンや電気のON/OFF等ができるようになるのではないかと言われています。

バッテリー容量

バッテリー容量はXsやXRの後継機種になり増加するみたいです。

それぞれの機種がどれぐらい増加するかみてみましょう。

  • iPhone Xs(約2,600mAh)→ iPhone11(約3,200mAh)
  • iPhone Xs Max(約3,150mAh)→ iPhone11 Max(約3,500mAh)
  • iPhone XR(約2,942mAh)→ iPhone11 R(約3,000mAh)

iPhone11に関してはXsと比べて20%もバッテリー容量が上がります。これだけ変われば体感的にもかなりバッテリーもちはよさそうですね。

かなり期待したいポイントです。

本体の背面で充電できる双方向ワイヤレス充電

ワイヤレス充電ができる【参照】9TO5MAc

iPhone8以降、ワイヤレス充電に対応し、置くだけで充電できる機能が追加されました。

さらに今回は参考画像のように本体がワイヤレス充電器代わりになると言われています。

実現すればApple WatchやAir Podsなどのワイヤレス機器がiPhoneで充電できるようになり、充電できない環境でも気軽に充電できそうですね。

充電ケーブルの仕様が変わる

ライトニング端子充電が可能【参照】9TO5MAc

iPhoneXsまでは充電器がコンセント側、本体側ともに「Lightning端子」になっていました。

ただ、新型iPhoneでは参考画像のように「USB-C to Lightning端子」になるかもしれません。

これはアダプタ側(コンセントに挿す側)が「USB-C端子」になり、本体側が「Lightning端子」

結果、さらに高速で充電が可能になり、充電スピードがiPhoneXsと比べて格段に速くなります。

販売価格はどうなるのか

販売価格は一番気になるポイントですよね。

個人的にはトリプルカメラ搭載、Xsと見た目がほぼ変わらないのであればXsよりも5,000円から10,000円前後高くなると予想します。

参考にXs・Xs Max・XRが発売したときの本体価格は

本体容量 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR
64GB 112,800円 124,800円 84,800円
128GB なし なし 90,800円
256GB 129,800円 141,800円 101,800円
512GB 152,800円 164,800円 なし

価格はできる限り安くしてほしいですね。

まとめ 結論、新型iPhoneは買いか

まとめると新型iPhoneのデザインはXsとほぼかわらず、処理能力、バッテリー容量などのスペックが上がるといった内容になりそうです。

あくまですべて未確定の情報なので9月12日の発表イベントが待ち遠しいですね。

ただ、リーク情報通りの内容で本体価格が上がるだけだとXsとほぼ同じなので、購入せずに9月末まで様子見したほうがいいかもしれません。

なぜなら発売後はXsなどの既存の機種が安くなるか、割引などのキャンペーンを実施する販売店が多くなるからです。

特にXsや安くなった型落ち機種狙いの方は発売後に他iPhoneの金額をぜひチェックしてください。

とくにおすすめはweb販売店です。通常の店舗で契約するよりもかなり安くなります。

なぜなら、現金などのキャッシュバックで還元されるからです。

月額料金はショップと契約するのと変わらず、MNP(携帯乗り換え)限定になりますが現金がもらえます。

モバタウンは特におすすめで高額現金キャッシュバックに加えて

  • 面倒くさい長時間の手続きはなし
  • 自宅でできる
  • メール、電話でのやりとりのみで完了
  • 発売日に合わせてキャンペーンが実施されるので9月20日前後がねらい目です。

    見積りから出せるので一度問い合わせしてみてください。

    ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ11・Pro予約受付中
携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MOBACITY

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
ご相談はコチラ
ページ上部へ
bellface