MNPの手続きは何日以内?ポイントはMNP予約番号の有効期間!

MNPの手続きは何日以内?ポイントはMNP予約番号の有効期間!

MNPしようとしたとき、何日以内にすればいいのか考えることはありませんか?

MNPの基本的な流れとして、

  1. 今契約している携帯会社からMNP予約番号を取得する
  2. 新しく契約する携帯会社でMNP新規契約をする

と、この2工程で完了。

でも、いつMNP予約番号を取得して、何日以内に新規契約すればいいのか?
と、流れは理解できても、タイミングに悩む方は多いものです。

そこで今回は、いつMNP予約番号を取得して、何日以内にMNP新規契約すればいいのか解説いたします。

1いつMNP予約番号は取得すればいいのか?

MNPしようとしたとき、「違約金」という言葉を聞いたことがありませんか?

契約書などを見れば分かりますが、携帯電話を利用しているほとんどの方は、料金プランや割引サービスを「2年」で契約しているはず。
この2年という長期契約を結ぶことで、割引が受けられる仕組みになっています。
また、キャリア共通で2年ごとに「契約更新月」というものを設定し、この期間に何もしなければ自動更新されます。

そこで、MNPしようとしているタイミングが、2年未満もしくは契約更新月以外だった場合、9,500円(税抜)の違約金が課せられるのです。

契約更新月はキャリア共通で、契約月を1ヶ月目として、

  • 24ヶ月目が「契約満了月」
  • 契約満了月の翌月(25ヶ月目)と翌々月(26ヶ月目)が「契約更新月」

となり、損をせずにMNPするためには、「契約更新月」のタイミングでMNP予約番号を取得する必要があります。
この2ヶ月間に解約すれば違約金は発生しません。

また、MNP予約番号を取得するとき、損をしないベストタイミングは「月末」

その理由は単純に、月額は日割り計算されず、月払いになっているため月末がおすすめなのです。
仮に、2日にMNP予約番号を取得して、新規契約手続きをすれば、移転元と移転先のキャリアでそれぞれ1ヶ月分の月額料金が必要になってしまいますよね。

以上をまとめると、MNP予約番号を取得するベストタイミングは、「契約更新月の25日前後」ということになるわけです。

〈参考〉MNP予約番号の取得方法

ここで、参考までにMNP予約番号の取得方法をご紹介いたします。

ドコモ

◆電話(ドコモインフォメーションセンター)
ドコモ携帯電話:151
一般電話:0120-800-000
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆インターネット(My docomo)
パソコンやスマホから、「My docomo」にアクセスすれば取得できます。

◆ドコモショップ
お近くにドコモショップで取得可能。
来店の際は、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)が必要。

auの場合

◆電話(携帯電話番号ポータビリティ受付窓口
au携帯電話、一般電話共通:0077-75470
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆auショップ/PiPit各店
お近くのauショップ、または一部のPiPit(トヨタ自動車販売店の中にあるauショップ)で取得可能。
来店の際には、本人確認書類(運転免許証・保険証など)が必要。

◆EZweb(auケータイのみ対応)
auガラケーをお使いの方は、EZwebから取得できます。

ソフトバンクの場合

◆電話(携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口)
ソフトバンク携帯電話:*5533
一般電話:0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆ソフトバンクショップ
お近くにソフトバンクショップで取得可能。
来店の際は、本人確認書類(運転免許証・保険証など)が必要。

◆My Softbank(ソフトバンクガラケーのみ対応)
3Gガラケーをお使いの方は、「My Softbank」から取得できます。

2何日以内にMNP新規契約すればいいのか?

MNPの手続きは何日以内?ポイントはMNP予約番号の有効期間!

前項では、いつMNP予約番号を取得すれば良いのか説明しましたが、何日以内にMNP新規契約すればいいのか?

そのポイントとなるのが、MNP予約番号の有効期限です。
取得したことがある方はご存知だと思いますが、キャリアから発行されるMNP予約番号には有効期限が設定されています。

その期限は、取得日を含めて15日間
つまり、MNP予約番号を取得して15日以内にMNPと新規契約すれば良いということになりますよね。

なぜ15日なのかは調べたところ不明ですが、ドコモ・au・ソフトバンクともに有効期限は15日間となっています。
ちなみに、「MNP予約番号の取得=解約」ではなく、移転先キャリアとの契約が成立した時点で、移転元キャリアとの契約が解除されます。

有効期限を過ぎてしまったMNP予約番号はどうなるのか?と、考える方もいますが、15日を過ぎると、発行されたMNP予約番号は自動的に無効になってしまいます。

最後に、ここまでの説明から、MNPの手続きで最も理想的な流れは、
『契約更新月の25日前後に移転元のキャリアからMNP予約番号を取得して、月を跨がない月末30、31日に移転先のキャリアでMNP新規契約する。』
と、無理なく実践できるのではないでしょうか?

3まとめ

MNPの手続きは何日以内にすればいいのかは、MNP予約番号の有効期限である15日以内に移転先のキャリアで新規契約手続きをする必要があります。

そこで、MNPの手続きの理想的な流れは、

  1. 契約更新月の月末25日前後にMNP予約番号を取得
  2. 月を跨がない30、31日に移転先のキャリアで新規契約

ここまで出来ればベスト!

とはいっても、あくまで理想なので、ご自分のペースに合わせて、有益なMNPをしましょう。

そこで、ソフトバンクへのMNPなら「モバイルステーション」にお任せ!
事前に連絡いただければ、手続きが業界最短30分で完了。さらに、MNP手続きが完了したその日に高額特典バックをお渡ししています。MNP手続きをする店舗がお決まりでない方は、ぜひ一度覗いてみてはいかがですか?

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ