MNPは無料期間中に費用を抑えてお得に乗り換え!

MNPは無料期間中に費用を抑えてお得に乗り換え!

携帯電話のMNP(携帯乗り換え)を行うには、契約事務手数料や解除料が意外に多くかかってしまうイメージを持たれている方が多いのではないかと思います。MNPには具体的にどういった費用が発生し、それらの無料期間はどのタイミングなのか、ということを今回の記事では紹介していきます。

1MNP(携帯乗り換え)の際に発生する4つの費用

MNPの契約をする際に、以下の4つの費用が発生します。このうち、契約解除料と端末代金の残債については、契約のタイミング次第で無料になります

新規契約事務手数料

MNP転出先の事業者に対して、新規契約事務手数料が発生します。
ドコモ、au、ソフトバンクともに新規契約事務手数料は3,000円(税別)です。格安スマホについても、各事業者が定めた事務手数料が発生します。

新しく契約する携帯電話会社の初回の請求書にて、基本料金や通信料とあわせて請求されます。

MNP転出手数料新規契約事務手数料

MNP転出手数料は、元々利用していた携帯電話の会社に対して支払わなければならない手数料です。

ドコモ 2,000円
au 3,000円
ソフトバンク 3,000円

元々利用していたのがドコモの場合は、ドコモに対して2,000円(税別)、au、ソフトバンクの場合はそれぞれ3,000円(税別)が発生します。格安スマホの場合も、各社手数料を設定しています。

元々利用していた会社の最終月の請求書にて、請求されます。

契約解除料(二年割引など)新規契約事務手数料

2年縛り」などともいわれますが、最近の料金プランは2年間の継続利用を条件に、基本料金が大きく割引されています。二年割引に契約している場合、更新月以外に解約すると所定の解除料金が発生します

ドコモの2年割引、auの誰でも割、ソフトバンクのスマ放題2年契約の解除料はいずれも9,500円(税別)です。

元々利用していた会社の最終月の請求書にて、請求されます。

端末購入代金の残債

現在利用している携帯電話の端末代金を割賦契約していて、そのローンの残債が残っている場合は、その代金を完済しなければなりません

支払い方法としては、最終月の請求と合わせて一括で残債を完済する方法と、端末代金のみを継続して月々支払う方法が選択できます。

2契約解除料の無料期間

無料期間(二年割引の更新月など)に解約、MNPの契約をすれば、契約解除料は発生しません。

二年割引の更新月

ドコモの2年割引、auの誰でも割、ソフトバンクのスマ放題2年契約については2ヶ月間の更新月が設けられています。

契約月を1ヶ月目とすると25ヶ月目、26ヶ月目の2ヶ月間が更新月です。

通常の2年契約においては、3社とも自動更新です。解約やプランの変更を行わない限り自動的に27ヶ月目から新たに二年契約がスタートします。無料期間を1日でも過ぎると満額9,500円(税抜き)の解除料が発生するので要注意です

25ヶ月目以降、解除料のかからない新二年契約

3社とも月々の基本料金が少し高くなるかわりに25ヶ月目以降はいつ解約しても解除料がかからない二年割引サービスもあります。この場合、24ヶ月目までは二年割引同様に9,500円の解除料がかかりますが、25ヶ月目以降はいつ解約しても解除料がかかりません。

旧プラン

二年割引が登場する前の旧プランにて携帯電話を利用中の場合は、旧プランの規定に基づいた解除料が発生します。一年ごとに1ヵ月の更新月が設けられている一年割引や解除料が発生しないプランもあります。

年割などの料金プランのオプションは非常に多くあるため、長く同じプランで利用をしているという方は個別に確認をすれば確実です。

3端末購入代金残債の無料期間

当然、端末購入代金を完済すれば、費用は発生しません。
しかしながら、いくつか、注意点があります。

解約して端末代金の残債を支払う場合は割引が対象外に

ドコモの月々サポート、auの毎月割、ソフトバンクの月月割と、契約期間中は端末代金が月々の支払いから相殺されるサービスがあります。

解約をした場合、割引が対象外になることにより端末代金の負担は増えてしまいます。

二年契約の更新月とタイミングがあわない場合も

24回払いで端末を購入すると同時に二年契約に加入した場合は、ちょうど端末代金を支払い終えたタイミングで更新月になるので無料期間がちょうど一致します。

しかし、機種変更をした場合など、二年割引の無料期間なのに端末購入代金の残債が残っている場合があります。二年割引の更新月、端末購入代金の残債の両方を解約前に確認しましょう

4無料期間の確認方法

無料期間、つまり二年割引(あるいはその他の割引サービス)の更新月・端末購入代金の残債の有無について、いくつかの方法で確認できます。

携帯電話端末で

携帯電話事業者が設置している契約情報のページにて、二年割引の更新月、割賦契約の残債が確認できます。注意点としては、ページにアクセスする際に4ケタの暗証番号が必要です。

携帯電話ショップで

携帯電話ショップにて確認をしてもらうことができます。携帯電話本体と身分証を持参してください。ウェブで確認するより確実ですが、店頭が混みあっていて店頭での待ち時間が長くなることもあります。

お客様センターで

それぞれの携帯電話から以下の番号でお客様センターに問い合わせすることもできます。

問い合わせ番号
ドコモ 151
au 157
ソフトバンク 157

特に月末近くになると、お客様センターのダイヤルも混みあい電話がつながりにくくなりがちです。

5注意すべき点について

MNPは無料期間中に費用を抑えてお得に乗り換え!

せっかく、自身のプラン内容や契約すべきタイミングをきちんと調べていても、手続き上の勘違いや手違いにより、思い通りの結果が得られないこともあります。注意点をあらかじめ確認し、万全を期しましょう。

解約となるタイミングに注意

MNP契約で旧携帯電話が解約となるのは、MNP予約番号を発番した際ではなく新しい携帯電話の登録が完了したタイミングになります

MNP予約番号発番を無料期間中におこなっても、携帯電話ショップに行くことができなかったり、登録が間に合わなかったりすると無料期間に契約できません。

※更新期間の残り日数が少ない場合は、切断型MNPという手段もあります。
MNP予約番号を取得する際に、一般的には乗り換えの契約時の直前に電波が切り替わるように予約を入れますが、先に解約をしてしまうやり方です。

解約後14日以内であれば同じ携帯番号を取得できます。新規契約が完了するまでは携帯電話が使えないことと14日を過ぎてしまうと同じ番号が取得できないことに注意しましょう。

月末最終日は携帯電話事業者の登録が混みあう

解約となるのはMNPの新規契約登録完了時ということをお伝えしましたが、更新月の月末最終日に新規契約の登録に行くと、携帯電話ショップの店頭、そして事業者の登録センターがかなり混みあっており、登録に時間がかかる場合があります。

確認書類や申込書の不備、希望在庫が店頭にないなど、当日に登録できない可能性も否めませんので、最終日に店頭で登録をするのは少し危険を伴います

6まとめ

MNPに関わる諸費用と、二年割引の更新月、端末購入代金の残債についてみていきました。

特にスマホは端末代金が高額であり、契約期間についても24ヵ月の割賦契約が基本ということで、更新期間を逃してしまうと次の更新期間まで最低2年は待たなければならない状況になってしまいます。

日頃からとまではいわなくとも、時折自身の携帯電話の契約状況について気に掛けるとともに、MNPの費用の無料期間には他社の魅力的なサービスに乗り換えできないかアンテナを張っておくことが重要です

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ