ソフトバンク プラン変更時の違約金回避術

プラン変更の注意点

現在、ご加入していただいている料金プランに、あなたは満足していますか?

ソフトバンクを現在ご利用中の方は、大半の方は「スマ放題/スマ放題ライト」「ホワイトプラン」にご加入していただいていると思います。そこで、「スマ放題」から「ホワイトプラン」にプラン変更したい、またはその逆のケースなどをお考えの方も少なくないでしょう。

その際、いつでも気付いた時にプラン変更ができると思っている方は要注意です。
それでは、プランを変更するとき注意してほしいものをご説明いたします。

1「スマ放題」⇔「ホワイトプラン」へのプラン変更の注意点!

「スマ放題」⇔「ホワイトプラン」へのブラン変更の注意点!

まず、「スマ放題/スマ放題ライト」と「ホワイトプラン」は基本的に2年契約を結んでいる事をご理解していただき、その契約条件の中に、どちらのプランにおいても以下の様なものが明記されています。

『専用2年契約にご加入時の料金です。専用2年契約は2年単位での契約となります(自動更新)。更新月(契約期間満了の翌請求月と翌々請求月)以外の解約などには契約解除料(9,500円)がかかります。また、更新月に解約などされた場合は、前月利用分まで割引適用となり、当月利用分は割引適用されません。』

このように、基本は2年契約になり、「更新月」とよばれる期間以外に解約しようとした場合、契約解除料9,500円かかってしまう事になってしまいます。

また、2年が経過して機種変更時にプラン変更したり、乗り換えする際にも更新月に注意しておかないと、契約解除料がかかってしまうのです。そこで、更新月を確認しておくことが重要になります。次の項で詳しく更新月の確認方法など説明いたします。

2更新月を確認しておこう!

更新月を確認しておこう!

ソフトバンクにおいて、契約解除料がかからない、いわゆる「更新月」は契約期間満了の翌請求月と翌々請求月とこの2ヶ月間が更新月となります。そこで、ややこしいのが「締め日」の存在です。単純に契約日から1ヶ月という訳ではないのです。

【例えば、更新月が1月の場合】

  • 10日締め → 1月11日から2ヶ月間
  • 20日締め → 1月21日から2ヶ月間
  • 末日締め → 1月末日から2ヶ月間

となり、このズレを勘違いしていると、更新月のはずだったのに解除料がかかってしまうというトラブルになってしまいますので、更新月をしっかり調べておく必要があります。調べる方法は次の通りです。

①SoftBankお客さまセンターへ電話する

電話番号は「157」です。
ただし、混雑時は数分から数10分ほど待つこともあります。

②ネットで「My SoftBank」へアクセス

スマホ、またはPCから「My SoftBank」へログインします。
「契約内容の確認・変更」へと進むと、自分の加入しているプランと契約期間、更新月の情報が出てきます。

3まとめ

基本的には、全てのプランは2年契約ということはご理解していただき、プランの変更時には「更新月」に注意して行いましょう。特に、機種変更や乗り換えなどの際には、パッと行ってすぐにできると思われている方も多くいるかと思います。

まずはそれぞれのショップに出向くか電話で確認しておくことが大切です。現在、ドコモやauをお使いの方でソフトバンクへ乗り換えをご検討中の方がおられましたら、お気軽にモバイルステーション「お問い合わせ」ください。
携帯乗り換えで最大10万円キャッシュバックを行っております!!!

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ