キッズ携帯どこがおススメ?ドコモ・au・ソフトバンク料金比較

ドコモ・au・ソフトバンクのキッズ携帯料金を徹底比較

子供が一人で外出する機会が多くなると契約する方が増えてくるのが、子供向けの携帯電話「キッズケータイ」。現代社会においては、子供が一人で外出するというのはとても危険ですよね。

「子供にもし何かあったらどうしよう…」

そんな不安を感じたら、子供の安全とママの安心のために子供用に携帯電話を持たせておきたいですよね。ドコモは「キッズケータイ」、auは「ジュニアケータイ」、ソフトバンクは「みまもりケータイ」とそれぞれサービス(商品)名はもちろん、当然料金も異なります。

それでは、どの子供携帯がおススメなのでしょうか?
そこでドコモ・au・ソフトバンクの料金比較をご覧頂きたいと思います。普通のケータイやスマホに比べると料金はどれも「持たせやすい」ものになっています。

1.キッズ携帯の必要性

キッズ携帯の必要性

「キッズ携帯って本当に必要?」「私達の時代は携帯なんて持ってなかったのに…」と思う親御さんもいらっしゃると思います。
しかし、現代では子供の生活も、社会環境も変わってきています。
同時に需要に応じて、携帯会社も子供用の携帯を発売しはじめました。

実際に子供に携帯を持たせている親御さんにキッズ携帯を持たせた理由を聞いてみました!

【キッズ携帯を持たせた理由】

迷子になったときの連絡手段として
「一緒に出かけているときに子供が迷子になってしまい、ずっと見つからずとてつもない不安と後悔を経験しました。無事に見つかりましたが、今後このようなことがないように携帯を持たせ、いつでも連絡がとれるようにしています。GPS機能もついているので安心です。」

家に固定電話がないので・・・
「家に固定電話を置いていないので、留守中の子供との連絡手段として持たせました。GPSで何処にいるのかも把握できるので家に帰っているのかもチェックできて便利ですね。」

習い事からの帰り道も安心
「子どもが習い事を始めたのをきっかけにキッズ携帯を購入しました。帰る前には必ず連絡するように言っています。防犯ブザーがついているのでもしもの時も活用するように使い方を教えています。」

2.ドコモ・au・ソフトバンクのキッズ携帯の特徴と料金比較

◇ドコモ「キッズケータイ」の特徴
ドコモキッズケータイ「キッズケータイ F-03J」「キッズケータイ HW-01G」

機種は2種類「キッズケータイ F-03J」「キッズケータイ HW-01G」。
GPS機能を使って、子供が今どこにいるかを調べることが出来るイマドコサーチ(月額200円/検索1回5円)というサービスがあります。

また、子供が安全にケータイを使うためのサービスを案内してくれる「ドコモあんしんホットライン」という専用ダイヤルもあるので、機械操作に不安がある方でも安心して使うことが出来ます。

プランは2つあり、単体契約の「タイプシンプルバリュー」と、両親のどちらかがドコモユーザーで親回線をすでに持っている場合はパケットパック契約者の子回線にできる「キッズケータイプラス」です。

キッズケータイプラス

キッズケータイF-03J キッズケータイHW-01G
機種代金(24回) 432円 0円
基本使用料 540円 540円
位置情報サービス 216円 216円
月額合計金額 1,188円 756円

タイプシンプルバリュー

キッズケータイF-03J キッズケータイHW-01G
機種代金(24回) 432円 0円
基本使用料 802円 802円
位置情報サービス 216円 216円
月額合計金額 1,450円 1,018円

◇au「ジュニアケータイ」の特徴
auキッズケータイmamorino4

2018年2月に発売されたmamorino4、タッチパネルで使いやすく、声での操作もかんたんです。
警備会社のセコムが提供する見守りサービス「ココセコム」と提携しており、いざという時には警備のプロが子供の安全を確保してくれます。
防水(IPX5/IPX7)、防塵(IP5X)耐衝撃に対応しています。

mamorino4

機種代金(36回) 450円
基本使用料(ジュニアケータイプラン) 540円
位置情報サービス 324円
月額合計金額 1,314円

◇ソフトバンク「みまもりケータイ」の特徴
ソフトバンクキッズケータイ「キッズフォン」と「みまもりケータイ4」

機種は「キッズフォン」「みまもりケータイ4」の2種類です。
みまもりケータイ4は通話定額プランで、ソフトバンク同士・家族間の通話は24時間通話無料です。他社の携帯や固定電話への通話は1回につき5分間の通話は無料になります。
キッズフォンはタッチパネルで操作も簡単になってます。

みまもりケータイ4 キッズフォン
機種代金(24回) 280円 780円
基本使用料 529円 529円
位置情報サービス 216円 216円
月額合計金額 1,025円(2ヶ月目まで496円) 1,525円(2ヶ月目まで996円)

また、ソフトバンクでは基本料2ヶ月無料キャンペーンを開催しています!
12歳以下のお子様なら基本料金2ヶ月無料でとってもおとくです。


◇ドコモ・au・ソフトバンクの料金比較

各キャリアのキッズケータイと料金をご紹介してきましたが、ここで一目で分かりやすいように比較してみましょう。

ドコモ au ソフトバンク
機種代金 432円(24回分割) 450円(36回分割) 280円(24回分割)
基本使用料 540円 540円 529円
位置情報サービス 216円 324円 216円
月額合計金額 1,188円 1,314円 1,025円

3.おススメのキッズ携帯

キッズ携帯は機能的にはほとんど大差ありません。選ぶ基準となるのは使いやすさ・デザイン、そして料金です。
前項で記載したとおり、ソフトバンクのキッズ携帯が一番安くなっています。
さらに2ヶ月基本料無料のキャンペーンも行っているので、ソフトバンクのキッズ携帯をおススメします。  

4.まとめ

お子様向けケータイの比較でしたが、共通する機能として、

  1. 防犯ブザー機能
  2. GPS機能
  3. インターネットの接続制限
  4. 防塵・防水仕様の機能

は標準搭載されています。毎日のように私たちの暮らす日本では、「事件・事故」が必ずといってよいほど起こっています。明日は我が身ではありませんが、万一に備えて、大切なお子様のために子供向けケータイを持たせておくだけでも安心感は得られると思います。

ご覧いただいた通り、維持費もそれほど高いものではありませんので心配と言う方は検討されてはいかがでしょうか。

家族の携帯も含めてご検討の方はモバイルステーションお問い合わせください!

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ