運営会社|株式会社ベルテクノス会社概要

iPhoneにMNPしたときの各種データの簡単移行方法

iPhoneにMNP(乗り換え)しよう!という方は多いのでは?
今や、iPhoneの普及率はAndroidの倍、iPhoneⅩの登場でさらに利用者は増加し続けています。

そこで、心配になるのが各種のデータ移行ではないでしょうか?
ご存知の通り、iPhoneにはSDカードのスロットが無いので、どのようにデータ移行をするのか分からない方もおられます。

そこで今回は、ケータイ→iPhone、Android→iPhone、iPhone→iPhoneの3パターンに分けて、主な電話帳、写真・動画といった基本データの移行方法・手順をご紹介いたします。

1ケータイ(ガラケー)→iPhoneのデータ移行方法

時代の波にのって、ケータイ(ガラケー)からiPhoneのMNP(乗り換え)する方は数多くおられます。
そこで、データ移行をスムーズに行っていただくために、簡単なデータ移行方法をご紹介いたします。

ケータイ→iPhone電話帳データ移行方法

先程も軽く触れましたが、iPhoneにはmicroSDなどのスロットがないこと、さらに赤外線通信も備わっていません。

そのため、ガラケーからiPhoneに電話帳を移行するためには、

  • バックアップ用のmicroSD
  • パソコン
  • カードリーダーなどのケーブル

が必要になります。それでは、移行手順を分かりやすくご説明いたします。

  1. まずは、ガラケーにmicroSDが挿入されているかの確認。「メニュー」→「データフォルダ」を選択
  2. 表示された項目の中から、「microSD」→「バックアップ」→「電話帳/アドレス帳」の順に選択
  3. 画面に表示される「サブメニュー」→「microSDへ保存」を選択
  4.  その際、ロックナンバーの入力が求められるので暗証番号(「0000」など)を入力

  5. 「microSD保存が完了しました。」と表示されれば、バックアップは完了です。
  6. 次に、ガラケーからmicroSDを抜き取り、カードリーダーなどでパソコンに接続します。
  7. パソコンでは、「エクスプローラー」→「リムーバブルディスク」→「SD_PIMフォルダ」の順にクリック
  8. 開いたら、「vcfファイル」というファイルがあるので、一度デスクトップなどにコピー
  9. パソコンから送信できるメールで、コピーしたvcfファイルを添付してiPhoneに送信
  10. データファイルが添付されたメールをiPhoneで受信。
  11. 添付ファイルを選択し、「〇件すべての連絡先を追加」と表示されるので、選択すれば電話帳データの移行は完了です。

ケータイ→iPhone写真・動画データ移行方法

写真データも基本的にパソコンで移行します。
その事前準備として、パソコンに「iTunes(https://www.apple.com/jp/itunes/download/)」をインストールすることから始めます。

Apple社のMacのパソコンでなくても、一般的なWindowsでも利用できます。
ただし、基本的にパソコンの対応環境は、Windows 7以降しか対応しないのでお使いのパソコンの環境の確認は必要です。

  1. Androidスマホと同様の方法で、ガラケーの写真データをmicroSDにバックアップします。
  2. “・メニューから、「データボックス」→「マイピクチャ」を選択
    ・マイピクチャが開いたら、サブメニュー「移動/コピー」→「microSD」の順に選択
    ・全件移行する場合は、「フォルダ内全件コピー」を選択
    ・ロックナンバーの入力が求められるので、暗証番号(「0000」など)を入力”

     そのバックアップが終わったmicroSDをカードリーダーなどでパソコンに接続

  3. 次に、iPhoneを専用のUSBケーブルでパソコンに接続し、パソコンの「iTunes」を起動
  4. iTunesが開いたら、画面左側の「写真」をクリック
  5. ④現れた画面で、「写真を同期」にチェックが入っていることを確認し、「写真のコピー元:」の右の「ピクチャ」をクリック

  6. するとフォルダを選択できるので、SDカードの画像を選択
  7. 動画がある場合は、「動画を含める」というチェック欄がありますので、チェックしておきます。

  8. 全ての作業が終わったら、画面右下の「同期」をクリックすると、iPhoneに画像が自動で転送されます。

転送が完了したら、iPhoneの「写真」アプリを開いてちゃんと転送されているか確認しておきましょう。

このように、ガラケーをお使いの方が、iPhoneに電話帳など全てのデータ移行にはパソコンが必要になります。

各キャリアショップでは、ショップ以外で購入したiPhoneを持ち込んでもデータ移行はほとんど対応してくれません。なので、パソコンをお持ちでない方は、ショップを通じて購入することをおすすめします。

2Android→iPhoneのデータ移行方法

AndroidからiPhoneにMNP(乗り換え)する方も急増中。そこで問題のデータ移行は、ガラケーと比べると非常に簡単です。

簡単な理由は、Appleが提供する「Move to iOS」というアプリ。このアプリをAndroidスマホにインストールすれば、データを簡単にiPhoneに移行できます。

「Move to iOS」を使えば、以下のようにほとんどのデータは移行できます。

  • 電話帳
  • 写真、動画
  • Googleアカウント
  • ブックマーク
  • メッセージ
  • カレンダー

使い方はとてもシンプル。以下の簡単手順で移行が行えます。

  1. 現在のAndroid端末に「Move to iOS」をインストール。Google Playでダウンロードできます。
  2. インストールが終わったら、「Move to iOS」を起動。

  3. 「続ける」→利用条件画面で「同意する」をタップすると、「コードを検索」と表示されます。
  4. 次に、iPhoneでの操作。初期設定で画面の指示に従って「Appとデータ」まで進みます。
  5. 「Androidからデータを移行」→「続ける」をタップすると、6桁の数字コードが表示されます。

  6. Android端末に、この6桁の数字コードを入力すれば自動的に準備が始まります。
  7. Android端末でiPhoneに転送したいデータを選択→「次へ」をタップすると、iPhoneへのデータ移行が始まります。

このように、AndroidからiPhoneへのデータ移行は、アプリが利用できることから簡単に完了します。
ただし、LINEやゲームアプリは個別に移行させる必要がありますので注意しておきましょう。

3iPhone→iPhoneのデータ移行方法

iPhoneから新しいiPhoneにMNP(乗り換え)する方も数多くおられます。
問題のデータ移行は、以下の2つの方法があります。

  1. iPhoneのiCloudを利用する
  2. パソコンでiTunesを利用する

どちらでも移行できますが、iCloudまたはiTunesを利用してデータをバックアップ。その後、データを新端末へ復元させれば、現在の利用データがそのまま移行できます。

➀iPhoneのiCloudを利用する

無線LAN(Wi-Fi)環境があれば、iCloudに自動バックアップができます。
基本的に、iCloudは5GBまでのデータは無料でバックアップが可能。しかし、それ以上のデータ容量になる場合は、iCloud ストレージプランをアップ(有料)させる必要があります。

データ量を追加するには、「設定」→「iCloud」→「容量」→「さらに容量を購入」の順にタップ。
料金プランは、50GBまで/月額130円、200GBまで/月額400円、1TBまで/月額1,300円の3種類から選べます。

そのデータのバックアップ、復元はとても簡単。以下の通りです。

  1. 「設定」→「iCloud」の順にタップ
  2. 「iCloud」画面が表示されたら、「iCloudバックアップ」をタップ
  3. バックアップ画面に移行したら、iCloudバックアップの右横のボタンを右にスクロールしてONにします。

  4. そして、その下の「今すぐバックアップを作成」をタップすると、バックアップが開始されます。
  5. 前回のバックアップの右にバックアップをした時間が表示されれば完了です。

  6. 次に新しいiPhoneでの復元操作に移ります。
  7. すでにホーム画面が表示されている状態なら、いったんiPhoneをリセットする必要があります。
    1. 「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定と消去」の順にタップ
    2. iPhoneに設定しているパスコードを入力し、「iPhoneを消去」をタップ
    3. Apple IDとパスワードを入力が終われば初期設定は完了です。

  8. iPhoneを再起動すると、「こんにちは」の文字が表示されるので右方向へ画面をスライドして初期設定を開始
  9. 「日本語」をタップ→国または地域に「日本」が選択されていることを確認したら>をタップ。
  10. キーボードの選択画面が表示されるので、選択して「次へ」をタップ
  11. Wi-Fiネットワークの選択画面が表示されるので、利用するWi-Fiネットワークを選択
  12. バスコードの入力→位置情報のオン・オフの選択画面が表示されるので、選択してタップ
  13. iPhoneの設定画面が表示されるので、「iCloudバックアップから復元」をタップ
  14. 「Apple ID」と「パスワード」を入力し、「次へ」をタップ。
  15. 利用規約が表示されるので、一読して「同意する」をタップ
  16. バックアップデータを選択しタップ。自動で再起動され、復元は完了です。

➁パソコンでiTunesを利用する

パソコンでiTunesを利用する場合は、iCloudのように容量の制限はありません。また、iCloudよりも多くのデータの移行ができます。
パソコンにiTunesがインストールされていない場合は、事前にインストールしておきましょう。

まずは、データのバックアップから始めます。

  1. 「iTunes」を起動し、「編集」→「設定」をクリック
  2. 表示された設定画面にある「デバイス」を選択
  3. 「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」をクリック
  4. iPhoneを付属のケーブルで接続。iTunes画面に表示される携帯マークをクリック
  5. 左メニューの「概要」→「今すぐバックアップ」をクリック
  6. バックアップが開始され、Apple マークが表示されたらバックアップ完了です。

次に新しいiPhoneでデータの復元を行います。
➀iPhoneを付属のケーブルで接続。iTunes画面に表示される携帯マークをクリック

そこで、パソコンに接続する際、画面表示が異なる場合があり、表示された画面に応じて以下操作が必要。
◆概要画面が表示される場合
➁「バックアップ」欄にある「バックアップを復元」をクリック
➂バックアップデータの日時を確認し、「復元」をクリック
◆「新しい iPhoneへ ようこそ」と表示される場合
➁このバックアップから復元」にチェックを入れ、バックアップデータを選択
➂バックアップデータの日時を確認して「続ける」をクリック

➃復元中の画面が表示され、完了すれば同期が開始されます。
Appleマークが表示されたらバックアップは完了です。

iPhoneからiPhoneにデータ移行する場合、iCloudを利用すれば簡単にデータ移行はできますが、Wi-Fi環境が必要になり、5GB以上のデータは有料でデータ量を追加する必要があります。

4まとめ

iPhoneへ0MNP(乗り換え)する方は多いですが、データ移行がネットになっているのではないでしょうか?
ガラケー、Android、iPhoneからiPhoneへの、データ移行方法をご紹介しましたが、実際面倒ですよね。

そのため、基本的にショップで契約すればデータ移行もしてくれるので、自分では自信が無い方はショップでの購入がおすすめです。

その際、ソフトバンクのiPhoneをご予定の方は、「モバイルステーション」を是非ご活用ください。
事前に来店予約していただければ30分で手続きが完了し、データ移行もすべて代行しております。また、その他のお得情報も用意しておりますので、iPhoneの乗り換えでお悩みの方は、お気軽に「お問い合わせ」ください。

お問い合わせはこちら

あなたにオススメの記事

ソフトバンクに携帯乗り換えで最大10万円キャッシュバック

キャッシュバックと合わせてお得!ご不要になった携帯電話の下取り最大44,000円!

ソフトバンク携帯乗り換え(MNP)で不要となった携帯電話(スマホ)を高価下取りしています!

ソフトバンク光コラボでさらにキャッシュバック

インターネット回線を契約中の方は見逃せない超お得な特典です!

Mobilestationだからできる当店3つの強み

当日現金キャッシュバック

日本初!当店ではソフトバンク携帯電話乗り換え完了日にその場でお得な特典キャンペーンを行っています。

乗り換え完了まで最短30分!

事前に電話予約を頂ければ待ち時間なしで優先的に対応させて頂きます。ご来店から携帯乗り換えまで業界最速の最短30分でお手続き完了します。

データの移行も代行します

携帯乗り換え(MNP)の際の面倒なデータ移行も当店スタッフが代行します。もちろんスマートフォン(スマホ)も徹底サポートしています。

営業所一覧

機種紹介   会社概要   Q&A   プライバシーポリシー
ページ上部へ戻る