【もう不要?】ドコモMNP予約番号の最新情報!発行方法も紹介

【もう不要?】ドコモMNP予約番号の最新情報!発行方法も紹介

2023年5月24日より、携帯乗り換えの手続きが1社のみで完結する「MNPワンストップ」が開始されました。

MNPワンストップは全ての携帯会社が対応しているわけではありませんが、もしかするとあなたは、ドコモでMNP予約番号を発行する必要がなく、他社への申し込みだけで簡単に乗り換えられるかもしれません。

そこで今回は、今必ず押さえておくべき「MNPワンストップ」について解説した上で、対象外の方へ向けてドコモのMNP予約番号を発行する方法発行できないときの原因・対処法を一挙ご紹介します。

面倒な手続きや手間なくスムーズにドコモから乗り換えたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

ソフトバンク携帯へ乗り換えで最短当日キャッシュバック!モバシティ

【最新】MNP予約番号が不要な「MNPワンストップ」がスタート!

2023年5月24日より、円滑に手続きできるよう「MNPワンストップ」申請がスタートしました。

これにより、MNPワンストップに対応している携帯電話会社間では、MNP予約番号不要でMNP手続きが進められます。

ここでは、MNPワンストップの概要と、従来および最新のMNP手続きの流れを解説します。

MNPワンストップとは?

MNPワンストップの説明画像

MNPワンストップとは、乗り換え先の携帯電話会社のWebサイトに申し込むだけで、MNPの手続きができる申請方法のことです。

従来は、乗り換え元でMNP予約番号を取得して、乗り換え先の携帯電話会社へ申請するツーストップ方式が採用されていました。

例えばドコモから格安SIMへ乗り換える場合は、ドコモでMNP予約番号を取得してから、乗り換え先の格安SIMでMNPを手続きする流れです。

ただドコモからahamoのように、同じ会社の格安プランやサブブランドへの乗り換えは、以前からMNP予約番号の取得が不要でした。

現時点でMNPワンストップによる転入・転出の両方に対応している携帯電話会社は以下の通りです。

  • NTTドコモ
  • NTTドコモ(ahamo)
  • KDDI/沖縄セルラー電話(au)
  • KDDI/沖縄セルラー電話(UQ mobile)
  • KDDI/沖縄セルラー電話(povo)
  • ソフトバンク
  • ソフトバンク(Y!Mobile)
  • ソフトバンク(LINEMO)
  • 楽天モバイル
  • 日本通信
  • オプテージ

なお、MNPワンストップに対応していない携帯電話会社でMNP手続きする場合は、従来のツーステップ方式で申請する必要があります。

ドコモの従来のMNP手続きの流れ

ドコモからMNPワンストップに対応していない携帯電話会社への乗り換えでMNP手続きをする際は、従来の申請方法(ツーストップ方式)で手続きを進めます。

ドコモの従来のMNP手続きの流れは、以下の通りです。

  1. ドコモでMNP予約番号の発行を申請する
  2. MNP予約番号をもって、乗り換え先の携帯電話会社で新規契約を申し込む

乗り換え先の契約が完了して回線が切り替わると、ドコモの契約は自動的に解除されます。

ドコモの新しいMNP手続きの流れ

ドコモからMNPワンストップに対応している携帯電話会社への乗り換えでMNPを手続きする際は、新しい申請方法(ワンストップ方式)で手続きを進めます。

ドコモの新しいMNP手続きの流れは、以下の通りです。

  • 乗り換え先の携帯電話会社のWebサイトでMNPワンステップを使って申し込む

MNPワンステップの契約を進めていると、ドコモのWebサイト(My docomo)へ自動的に移動します。

ログインすると解約に関する重要事項説明が行われ、解約の確認が終わると再び乗り換え先の携帯電話会社のWebサイトへ戻ります。

乗り換え先の契約が完了して回線が切り替わると、ドコモの契約は自動的に解除されます。

ドコモでMNP予約番号を発行する前の確認事項

携帯乗り換えの注意点

以下2点のいずれかの場合には、ドコモで予約番号を発行しなければいけません

  • ドコモからMNPワンストップに対応していない携帯電話会社へ乗り換える
  • 対応している携帯電話会社でもWebサイト以外から手続きする

MNP予約番号を発行する前に、以下の点を確認しましょう。

  • MNP予約番号には15日間の有効期限がある
  • MNP予約番号の発行に料金はかからない
  • MNP予約番号は基本的にいつでも再発行できる
  • MNP予約番号を発行しただけでは解約にならない
  • 代理人の発行もできるが電話では不可な場合も

ここでは、それぞれの確認事項を解説します。

MNP予約番号には15日間の有効期限がある

ドコモでMNP予約番号を発行する前の確認事項のひとつは、MNP予約番号には予約日を含めて15日間の有効期限があることです。

有効期限内に乗り換え先でMNP手続きの完了はもちろん、多くの携帯電話会社ではWebで申しこむ際にMNP予約番号有効期限の残り日数をそれぞれ定めています。

例えば、楽天モバイルに申し込む際は7日、UQモバイルは5日、Y!Mobileやmineo(マイネオ)は10日以上残っていなければなりません。

有効期限ギリギリで申し込めない理由は、申し込み後にSIMカードを郵送し契約者自身で回線を切り替えなければならないからです。

つまり、MNP予約番号の有効期限内にMNP手続きを完了させる必要があるわけです。

有効期限の残り日数が不足していると手続きを受付できないため乗り換え先の有効期限の日数を確認してから、ドコモでMNP予約番号を発行しましょう。

MNP予約番号の発行に料金はかからない

ドコモでMNP予約番号を発行する前の2つ目の確認事項は、MNP予約番号の発行に料金はかからないことです。

MNP予約番号は、再発行を含めて何度でも無料で発行してもらえます。

以前は、MNP転出手数料として3,300円ほどかかっていましたが、ガイドラインが改正されWeb申し込みでは無料です。

電話や店舗で申し込む際は、手数料の上限が1,100円に設定されています。

以前は中途解約違約金で最大10,450円かかることもありましたが、ガイドラインの改正により解約金は廃止されており、MNP自体には料金がかからなくなりました。

MNP予約番号は基本的にいつでも再発行できる

ドコモでMNP予約番号を発行する前の3つ目の確認事項は、MNP予約番号は基本的にいつでも再発行できることです。

有効期限が切れてしまった場合は、同じ方法で再発行できます。

しかし、MNP予約番号の有効期限内の再発行については、MNP予約番号の発行を取り消してから再発行が可能になります。

この取り消しについては、インフォメーションセンターでの案内となるため、以下の連絡先に電話しましょう。

■ドコモ インフォメーションセンター

  • 電話番号:ドコモの携帯電話からは局番なしの『151』(無料)、その他の場合は、0120-800-000
  • 受付時間:午前 9:00 ~ 午後 8:00(年中無休)

音声ガイダンスに沿って「6」とお進みください。
※お問い合わせ内容により別窓口へ電話をおつなぎする場合があります。

なお、MNP予約番号の有効期限が切れたり再発行したりする際に、何かしらのペナルティが課されたり費用が発生したりすることはありません。

MNP予約番号を発行しただけでは解約にならない

ドコモでMNP予約番号を発行する前の4つ目の確認事項は、MNP予約番号を発行しただけでは解約にならないことです。

MNP手続きでドコモの契約が解約されるタイミングは、乗り換え先の携帯電話会社に申し込んで回線の切り替えが完了した時点です。

それまでの間は、ドコモのスマホを問題なく使用できます。

回線の切り替えで「回線処理中」のタイミングに、一時的にスマホを使えなくなる時間が発生しますが、通常は数十分から長くても1時間程度だといわれています。

MNPを素早く切り替えたい方や、スマホを使えなくなる時間が気になる方は、MNPでスマホが使えなくなるタイミングを検証している方は以下の記事もご確認ください。

MNPで端末が使えなくなるタイミングはある?切り替え期間を徹底解明

代理人の発行もできるが電話では不可な場合も

ドコモでMNP予約番号を発行する前の5つ目の確認事項は、代理人の発行もできるが電話では不可な場合もあることです。

仕事で忙しいなどの理由で「ドコモのMNP予約番号を本人以外の人が電話で発行できないかな?」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

ドコモの各種手続きは、代理人でも申し込み可能ですが、基本的には店舗での手続きになります。その際に必要なのは以下3点です。

  1. 委任状(契約者本人の自署または記名押印のあるもの)
  2. 契約者本人の確認書類
  3. 代理人の本人確認書類

なお、ソフトバンクへの乗り換えは、モバシティ経由でスピーディかつお得にオンライン手続き可能です。

MNP手続きや見積もりについてのご相談は、モバシティまでお気軽のお問い合わせください。↓↓
ソフトバンク携帯へ乗り換えで最短当日キャッシュバック!モバシティ

ドコモでMNP予約番号を発行する3つの方法

ドコモでMNP予約番号を発行する方法は、以下の3つです。

  • Web(My docomo)で予約番号を発行する
  • 電話でMNP予約番号を発行する
  • ドコモショップでMNP予約番号を発行する

ここでは、それぞれの方法で手続きする流れや、必要なものを分かりやすく解説します。

Web(My docomo)でMNP予約番号を発行する

ドコモのMNP予約番号はWeb(My docomo)で簡単に取得できます。

受付時間は24時間いつでも受付可能なため、忙しい方でも隙間時間を活用できるのがメリットです。

パソコンなどドコモ回線以外から手続きする際は「dアカウント」、ドコモ回線からの場合は「ネットワーク暗証番号」が必要ですので、事前に確認しておきましょう。

また、パソコンからのログインでは「設定済端末で認証」も必要です。

Web(My docomo)でMNP予約番号を発行する流れは以下の通りです。

  1. My docomoへアクセスしてログインする
  2. 「住所や契約内容の変更手続きがしたい」をクリックする
  3. ドコモオンライン手続きのページに移行したら「携帯電話ポータビリティ予約(MNP)」をクリックする
  4. 「解約お手続き」をクリックする
  5. 注意事項を確認して「上記注意事項を確認しました」にチェックしてから「次へ」をクリックする
  6. 番号の送付先を選択して「次へ」をクリックする
  7. 手続き内容を確認してから「完了」をクリックする

完了画面が表示されると、MNP予約番号の確認ができます。

電話でMNP予約番号を発行する

ドコモのMNP予約番号は、電話でも取得可能です。

電話では、オペレーターに分からないことを質問できるメリットがありますが、時間帯によってはつながりにくい場合があるため注意が必要です。

公式サイトの「混雑予想カレンダー」を確認してからダイヤルしましょう。

電話でMNP予約番号を発行する流れは以下の通りです。

【MNP予約番号の発行窓口(電話)】

  • ドコモの携帯電話からは局番なしの「151」
  • 一般電話からは「0120-800-000」

※受付時間:午前9時~午後8時

【MNP予約番号の発行手順】

  1. ドコモインフォメーションセンターに電話する
  2. 音声ガイダンスに従って数字を入力する
  3. オペレーターにMNP予約番号の発行をお願いしたい旨を伝える
  4. MNP手続きに関する説明を受ける
  5. SMSメールなどでMNP番号を送ってもらう

ドコモショップでMNP予約番号を発行する

ドコモのMNP予約番号は、ドコモショップでも取得可能です。
対面で相談しながら手続きしたい場合や、代理人が申し込む際に利用できるでしょう。

ドコモショップでの手続きでは本人確認書類が必要で、受付時間は各店舗の営業時間内です。
ドコモショップでMNP予約番号を発行する手順は以下の通りです。

  1. 最寄りの「ドコモショップ/d garden」を検索する
  2. 来店予約する
  3. ドコモショップに足を運ぶ
  4. 受付にMNP予約番号を取得したい旨を伝える
  5. 順番が来たらMNP予約番号の取得手続きをする

来店予約なしでも手続きは可能ですが、混雑時は待ち時間が長くなったり、当日中に手続きできなかったりする場合があるため注意が必要です。

ドコモでMNP予約番号が発行できない原因と対処法

ドコモでMNP予約番号を発行できないケースもあります。

ここでは、MNP予約番号が発行できない際に考えられる理由と、対処法を解説します。

MNP予約番号が発行できない原因

MNP予約番号を発行する際に、エラーが出て手続きを進められないケースがあるため注意が必要です。

これは、該当番号がグループサービスの代表番号である場合に発生します。

例えば、該当番号が以下の場合に「現在のご契約内容ではお手続きをすることができません」などと表示されることがあります。

  • 一括請求または一括送付サービスの代表番号である
  • 3回線以上でファミリー割引を契約している代表番号である

上記の契約内容では、代表番号がMNPで転出して解約すると、請求書の送付先やファミリー割引の子回線の請求先がなくなってしまいます。

なお、乗り換え先の携帯電話会社でMNPを手続き(ワンストップ方式)する際にMNP予約番号は不要です。

しかし、ドコモで支払い期限の過ぎた料金がある場合は手続きを進められないため注意が必要です。

MNP予約番号が発行できない時の対処法

ドコモでMNP予約番号が発行できない場合は、以下の方法で対処します。

  • ドコモインフォメーションセンターに電話する
  • ドコモショップに足を運ぶ

オペレーターまたはショップスタッフに、MNP予約番号が発行できない旨を伝え、新しい代表番号や代表回線に変更してもらいます。

いずれの場合も、問題が解決するとその場でMNP予約番号を発行できるでしょう。

ドコモのMNP予約番号の発行に関するよくある質問

MNPに関するよくある質問と回答

ドコモのMNP予約番号の発行に関して、さまざまな疑問が生じるかもしれません。

ここでは、よくある質問を3つピックアップして回答します。

ドコモのMNP予約番号を確認する方法は?

ドコモのMNP予約番号は、My docomoへログインして確認できます。

ログイン後に、メニュー内「契約内容・手続き」→「お申し込み履歴の確認」の順にタップすると、取得したMNP予約番号が表示されます。

電話やドコモショップでMNP予約番号を取得した場合でも、My docomoで確認可能です。

上記に加えて、MNP予約番号の発行後に送られてきたSMSメッセージやメールなどでも、MNP予約番号を確認できます。

MNP予約番号の残り日数が足りない場合はどうすればよい?

乗り換え先の携帯電話会社の多くは、MNP予約番号の有効期限に残り日数を指定していることが多いため、足りない場合は手続きを進められません。

その場合は、有効期限が過ぎてから再発行するか、有効期限内にドコモインフォメーションセンターに連絡して一旦取り消してから再発行します。

MNP予約番号の再発行後は、早めに乗り換え先の携帯電話会社でMNP手続きを進めましょう。

MNP予約番号発行中ですが、解約はできますか?

MNP予約番号発行中は、携帯電話会社によって解約など他の手続きができるかできないか対応が異なるようです。

ドコモに関しては、公式サイトに記載がありませんが、ドコモインフォメーションセンターに電話してMNP予約番号を取り消せます。

MNP予約番号を発行中にドコモを解約したい場合は、取得した番号を一旦取り消してから解約手続きに進めると考えられます。

しかし乗り換える前にドコモを解約してしまうと、現在使っている電話番号は失効して、新たに契約する携帯電話会社で引き継げないため注意が必要です。

なお、MNP予約番号は有効期限が過ぎると自動的にキャンセルされます。

急ぎでない場合は、有効期限が過ぎるのを待ってから他の手続きを進めるのがおすすめです。

ドコモからのMNPが安い特別キャンペーン実施中!

モバシティfirst-top

ドコモからMNPで他社への乗り換えを検討している方に、お得なキャンペーン情報をお知らせします!

ドコモから「モバシティ」経由でソフトバンクへ乗り換えると、最大20,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックの使い道は自由で、現金で受け取ったり欲しい機種から値引きしたりすることも可能です。

しかし、「ドコモから格安SIMではなくソフトバンクへ乗り換えるメリットはあるの?」とお考えの方もいるかと思います。

実は月額料金・家族割・特典などで、ドコモからソフトバンクへの乗り換えがお得になる可能性があります。

ドコモからソフトバンクへキャンペーンを利用してお得に乗り換えしたいと考えている方はモバシティへぜひご相談ください。↓↓

ソフトバンク携帯へ乗り換えで最短当日キャッシュバック!モバシティ

まとめ

ドコモから他社へ乗り換える際に必要なMNP予約番号の取得方法について解説しました。

MNP予約番号はWeb・電話・店舗で発行できますが、忙しい方には24時間受付のWeb申請がおすすめです。

なお、2023年5月24日より、MNP手続きを円滑に進められるよう「MNPワンストップ」申請がスタートしています。

ソフトバンクを含むMNPワンストップ申請対応の携帯電話会社へ乗り換える場合は、乗り換え先のWebサイトで直接申し込むだけで、MNP予約番号は不要で簡単に手続きできます。

キャンペーンを活用して、お得にドコモからソフトバンクへ乗り換えたい方は、20,000円のキャッシュバックがもらえるモバシティまで、お気軽にお問い合わせください!↓↓

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定!iPhone 15シリーズの購入で現金キャッシュバック

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

特別還元祭実施中

ご相談無料
0120-914-126
営業時間:10:00~22:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ