3分解説!ドコモMNP予約番号の発行方法

3分解説!ドコモMNP予約番号の発行方法

ドコモ(docomo)から他社携帯へMNP転出するには、今使っている携帯の「MNP予約番号」が必要です。

ドコモの場合、MNP予約番号の取得方法は「3つ」

どの方法もカンタンなので、自分の契約に合った方法を選んでください。

ちなみに、予約番号の発行は無料です。

一方、「電話番号が変わっても良い」という場合は、そのまま乗り換え手続きに移りましょう。

ドコモからソフトバンクへの乗り換えをするなら当店「モバタウン」がおすすめです。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

ショップへ行かずにネットや電話で携帯の手続きができる「自宅乗り換え」

さらに、今なら現金での豪華キャッシュバック月額料金の大幅値引きを実施中

それでは「3分でわかる!5分で出来る!一番スムーズなドコモ予約番号の取り方」をどうぞ覧ください。

1ドコモから予約番号を取得する方法は「3つ」

ドコモから予約番号を取得する方法は「3つ」

ドコモで、MNP予約番号を発行するには3つの方法があります。

  1. 「ドコモショップ(店舗)」へ来店
  2. 「インフォメーションセンター」へ電話
  3. 「ネット(web)」から予約番号を取得

結論から言うと③の「ネットで取得(webで取得)」が一番ラクです。

ただし、契約によっては利用できないというのと、契約やMNPについて細かい知識がないと想定外の請求やトラブルに巻き込まれる可能性があります。

万人向けではないということですね。

そこでまず確認したいのが「自分の契約は、どの方法が利用できるか」です。

「自分の契約をあまり把握していない」「覚えていない」というのであれば、実際にドコモのスタッフ、オペレーターと話せる①や②を選びましょう。

そして、おおよそ「どの方法にするか」しぼれたら、次にお話する「取得の流れ」から自分に合うものを選びます。

どれも最短で予約番号を取得する流れとして書きました。

ご参考に。

方法①:「ドコモショップ(店舗)」へ来店

【方法①】ドコモショップ(店舗)にてMNP予約番号を発行してもらう

まずはドコモショップに来店して、MNP予約番号を発行してもらう方法です。

携帯乗り換え(MNP)に関する説明や複雑な契約の確認を対面でスタッフにしてもらえます。

トラブルが一番少なく、インフォメーションセンターに電話するよりも強く引き止められることがない、もっとも安心できる方法です。

基本的にドコモショップでMNP予約番号を取得する場合は、以下の流れとなります。

  1. スタッフに「MNP予約番号の発行をしてほしい」と伝える
  2. 契約内容の確認
    (必要なもの:MNPする本人の氏名、電話番号、免許証など本人の証明となるもの、もしくはネットワーク暗証番号)
  3. MNP予約番号の発行

契約状況によっては、名義に関する確認やその他の契約について説明があります。

たとえば家族全員がドコモ携帯で、その名義となっている携帯のみMNPする場合は名義変更や請求先の再設定が必要になります。

ドコモショップでMNP予約番号を取得する際に一番ネックとなるのが待ち時間がかかることです。

1時間以上待つことも珍しくなく、事前に順番を取る来店予約もあくまで「優先」のため、前の人の対応によっては予約時間を過ぎて案内されることもあります。

■ドコモショップ「来店予約」の方法

ドコモショップ「来店予約」の方法

ただし、ショップでMNP予約番号を取得するのが「決定」であれば、来店予約は大変便利なサービスです。

スマホやパソコンからカンタンにできるため、以下に手順を載せておきますね。

まず、来店予約をする際は使用するネットワーク環境によって「必要なパスワード」が変わります。

とどのつまり、ホームページをどこから開くかということですが、かならず以下のどちらかになるはず。

  • Wi-FiをOFFにしているドコモ携帯(スマホ)から
  • Wi-Fi、自宅のインターネットから

「Wi-FiをOFFにしているドコモ携帯」から来店予約をする場合は「ネットワーク暗証番号」が必要です。

「ネットワーク暗証番号」とは、携帯を新規で申込したとき登録する任意の数字4桁です。

忘れた際はショップで再発行しなくてはなりません。

一方、「Wi-Fi、自宅のインターネット」から来店予約をする場合は「dアカウントのID・パスワード」が必要です。

「dアカウント」は任意で持つもののため、ドコモ携帯を持っている人でも新規登録となる場合があります。

どちらかのパスワードが用意できたら準備は完了です。
来店予約を以下の手順で行いましょう。

  1. 「ドコモ」ホームページから近くの店舗を探す(店舗名をクリック)※1
  2. 店舗のページで「この店舗の来店予約をする」をクリック
  3. 「dアカウント」を入力しログイン
  4. 希望日時入力で来店予約が完了
    ※予約できる期間は翌日~30日後まで、時間帯は店舗ごとに変わるためよく確認しましょう
  5. 当日はショップ店員に「来店予約をしている」ことを伝える

※1ドコモマイショップからでも来店予約は可能

「マイショップ」を設定している方は①のページにある「ドコモマイショップご登録店舗で予約」からでも予約できます。

方法②:「インフォメーションセンター」へ電話

コールセンターにてMNP予約番号を発行する

ドコモ「インフォメーションセンター」へ電話し、音声ガイダンスにしたがってMNP予約番号を取得します。

混雑時は待つこともありますが、店舗に行く必要がないという点、対面という気まずさのない点で気楽にMNP予約番号が取得できる方法です。

また対応はオペレーターのため、不安点はその場で解決できます。

店舗に行くのはいやだけど、「携帯乗り換え(MNP)や契約について不安がある」という方におすすめです。

◆「ドコモ インフォメーションセンター」の電話番号から予約番号を発行・取得

  • ドコモ携帯電話(スマホ)から(局番なし)「151」※無料
  • 一般電話から「0120-800-000」※無料

※受付時間は午前9時~午後8時(年中無休)

音声ガイダンスが流れるので以下の手順で進んでください。

音声が流れている最中でもボタンを押してかまいません。サクっとオペレーターにつないでしまいましょう)

  1. 【4】番を押す…音声「新料金プラン含む料金プラン確認…(略)…MNPのお手続き…」
  2. 【2】番を押す…音声「MNPのお手続きなどは…(略)」
  3. オペレーターにつながる(「MNP予約番号発行」の旨を伝える)
  4. 契約者情報の確認(ネットワーク暗証番号もしくは電話番号などの本人確認に答える)
  5. MNP転出の説明
    ※オペレーターによってはMNP先や解約理由を聞かれ、ポイント還元、端末値引きなどの限定特典で引き止められますが、必要ない場合はハッキリと「けっこうです」と言いましょう。
  6. 予約番号の発行(基本的に予約番号の書かれたSMSメールが届きます)

オペレーターから引き止められることもありますが、モバタウンを経由してソフトバンクへ乗り換え(MNP)をすれば、断然お得な特典がついてきます。

現在高額現金キャッシュバック、月額料金の大幅割引中!

当店限定の携帯乗り換えサービスはこちらをご覧ください↓↓↓
ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

方法③:「ネット(web)」から予約番号を取得

ウェブでMNP予約番号を発行する

ドコモの場合、「マイドコモ(My docomo)」を利用すればネット上で予約番号が発行できます。

ただし、以下の契約はこの方法を利用できません。
ご注意ください。

  • 一括請求/一括送付サービスの代表となっている携帯
  • 3回線以上、ファミリー割引の請求先になっている携帯

発行に必要なものは「dアカウントIDのみ」
利用可能な時間は午前9時~午後9時30分までです。

それでは「マイドコモ(My docomo)」から行う、MNP予約番号の発行手順をご紹介します。

  1. スマホかパソコンから「マイドコモ(My docomo)」にアクセス
  2. 「dアカウントのIDとパスワード」を入力しログイン
  3. 少し下に行き「その他のお手続きはこちらから」という青いボタンをクリック
  4. 「ドコモオンライン手続き」ページに移動後、下部にある「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をクリック
  5. MNPに関する注意事項や料金サービスのメリットなど、説明の最後にある「解約お手続き」のボタンをクリック
    ※説明は引き止めのようなものなので、カンタンに読む程度で問題ありません
  6. 各注意事項に関する説明が3回続くため、それぞれ確認済みのチェックをクリックし、「次へ」を押す
    ※「dポイントについての注意事項」「機種分割お支払金・途中解約金について」「携帯電話番号ポータビリティ予約番号について」
  7. 「お手続き内容選択」画面に移動するため、必ず「携帯電話番号ポータビリティを予約する」にチェックと「受付確認メールの送信先」をチェックし、次へ
  8. 確認画面で問題なければ「手続きを完了する」をクリック
  9. 画面にMNP予約番号と有効期限が表示される

dアカウントを持っていて、契約にも問題がなければ、3つのなかでも最もラクな方法です。

また、万が一MNP予約番号を忘れてしまっても、再度「マイドコモ(My docomo)」から確認ができます。

■MNP予約番号を再度確認したい場合

MNP予約番号を再度確認したい場合

MNP予約番号の画面を「もう一度見たい」「有効期限を確認したい」という場合は、おなじ「マイドコモ」から確認できます。

  1. 発行の流れと同じ「その他のお手続きはこちらから」の青いボタンをクリック
  2. 下にスクロールし「その他」という項目の「お申込履歴の確認」をクリック
  3. 申込の一覧が出てくるため、該当項目の「詳細」をクリックで前回の予約番号発行画面が表示

2MNP予約番号の発行で注意したい「5つのこと」

MNP予約番号の発行で注意したい「5つのこと」

ここまでMNP予約番号の発行方法とその流れをお話ししてきました。

実際にやると、さらにカンタン。
あっという間にMNP予約番号の取得ができますよ。

ただし、共通の「注意点」があります。

これからお話する「5つのこと」は、ドコモで予約番号を取得する前に、かならず知っていただきたいものです。

実際このせいで、以下のような損をしてしまった人がいます。

  • MNP予約番号を再度取り直すことになった
  • 高額な違約金を支払うことになった
  • 自動更新で、二年後まで待つことになった

やはりMNP転出をするのであれば、損なくスムーズに乗り換えをしたいですよね。

そのためにも、今からお話する内容はドコモ転出前にぜひご確認をお願いします。

①MNP予約番号の有効期限は「15日間」

①MNP予約番号の有効期限は「15日間」

ドコモのMNP予約番号には、発行日を含めて15日間という有効期限があります。

この期限内にMNP転出の手続きを取らなければ、予約手続きは自動的にキャンセルされます。

「じゃあ携帯がない生活を送らなければならないの?」というとそうではなく、予約手続きがキャンセルになったと同時に、ドコモ携帯の解約もキャンセルとなります。

今まで使っていたドコモ携帯もしっかり使えるため、その点はご安心ください。

ちなみに、有効期限が過ぎてしまった場合も、再度「3つの方法」のどれかで予約番号を取り直せば問題ありません。

②予約番号の「残日数」にも要注意

②予約番号の「残日数」にも要注意

有効期限があるというお話はしました。

15日間というと、少し余裕があるように感じますよね。

ただ、乗り換える携帯会社によっては有効期限の「残日数」が指定されているという点に気をつけましょう。

つまり、予約番号の発行後「いつMNP転出手続きをするか」「どの携帯会社にMNP転出するか」でMNP手続きをお断りされてしまう可能性があるのです。

たとえばソフトバンクの記載を見てみましょう。

MNP予約番号の取得時と同時に発行されます。

お手続きには少なくとも11日間残っている必要がありますので、お申し込み前にご確認ください。

なお、有効期限が11日間以内の場合は、再度MNP予約番号の取り直しをお願いいたします。

https://www.softbank.jp/partners/guides/buy/preparation/mnp/

「有効期限が残り『11日』ないとMNPできませんよ」といっていますね。

この有効期限の残日数はMNP転出先の携帯会社よって違います。
よく確認のうえ、発行をはじめましょう。

残日数が足りなくなった場合は、キャンセルすることで再度番号の発行ができます。

時間に余裕があるのなら、キャンセルをせず、そのまま放置して期限が切れるのを待つのも良いでしょう。

急いでいる場合も、「ドコモショップ」「インフォメーションセンター」「マイドコモ」から同様の流れで可能です。

③「dポイントクラブ」のポイントは失効する

③「dポイントクラブ」のポイントは失効する

ドコモ携帯をお持ちの方は「dポイント」の失効にご注意ください。

dポイントの継続には「dアカウント」を取得して「dポイントクラブ会員」の引継ぎを行いましょう。

ちなみに、dポイントは携帯料金の支払いで使えるほか、グルメ、家電、旅行、オリジナルグッズ、優待チケットなど幅広く利用ができます。

くわしくはこちらから→「d POINT CLUB-つかう」

④MNP転出には料金がかかる

④MNP転出には料金がかかる

更新月であれば、MNP転出にかかる費用は、

  • ドコモのMNP転出事務手数料「2,160円(税込)」
  • 乗り換え先の契約事務手数料「3,240円(税込)」

の合計「5,400円(税込)」です。
※機種本体の支払いが残っていれば上記にプラスされます

しかし、更新月の前や契約途中でMNP転出を行えば、これに追加で「違約金(途中解約金)」が別途かかります。

ドコモの場合、違約金は「10,260円(税込)」

となると、MNP転出に支払わなくてはならない金額は「15,660円(税込)」。

かなり高額です。

このように、mnp転出手続きを更新月以外にするなら高額な手数料がかかることを覚えておきましょう。

⑤MNP予約番号の発行=解約完了ではない

⑤MNP予約番号の発行=解約完了ではない

すでにお話している通り、予約番号の発行をしたからといって「解約」とはなりません。

つまり、途中でMNP転出をしたくないと思えば、何もしなくてもドコモ携帯の継続ができるということです。

「解約」となるのは乗り換え先である新しい携帯との契約し、回線が開通したとき。

ここで気をつけたいのが「契約の更新月内にMNPを行えない場合」です。

「希望する機種が在庫取り寄せ中であったり」「登録ができずにいたり」と理由はさまざまですが、もし更新月に間に合わないのなら途中解約扱いとなり高額な違約金がかかります。

ということで、更新月とMNP予約番号の有効期限には気をつけましょう。

3まとめ

まとめ

今回はドコモから他社へMNPする際に必要な「MNP予約番号の発行方法」についてお話しました。

カンタンなMNP予約番号の発行ですが、注意点もいくつかありましたね。

現在、更新月はどのキャリアも「3ヶ月」です。

できる限り余裕を持って1ヶ月目に予約番号の発行、そして転出手続きまで済ませましょう。

ちなみに当店を利用される場合も、事前に予約番号をとっている方がスムーズに乗り換えできます。

ソフトバンクへの乗り換えに興味がありましたらぜひご検討ください。

とくに高額キャッシュバックや月額料金の割引など当店「モバタウン」だけのサービスが好評です。

くわしくはこちら↓↓↓

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

MobaTown

1
最短当日で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!

ページ上部へ