【最新情報】iPhone14は待つべき?発売日やスペックのリーク情報まとめ

iPhone14 本体画像
【出典:MacRumors

今年もiPhone14の発表時期がやってきました。

イベント発表日は9月8日2時で確定しており、予約開始日は9月9日、発売日は9月16日と予想されています。

発表日 9月8日2時
予約開始日 9月9日(予想)
発売日 9月16日(予想)

参考:ブルームバーグ

iPhone14はデザインやスペックが今までのiPhoneと比較してかなり変わると言われています。

なのでこの記事では発表前にiPhone14のリーク情報をまとめていきます。

5分程度でiPhone14の情報がわかるので、iPhone14を待つべきかわかるのでぜひご覧ください!

1iPhone14の種類は4つ?値段は13より上がる可能性

iPhone14は4種類と言われています。

iPhone miniは削除され、「Pro」とつく機種が上位機種となります。(参考:9to5mac

本体の値段はiPhone13と同じか、15%ほど値上げする可能性があるようです。(参考:MacRumors

リーク情報をまとめると

※1ドル=136円で計算

本体名 容量 値段
iPhone 14 128GB
256GB
512GB
799ドル~
(108,664円~)
iPhone 14 Max 128GB
256GB
512GB
899ドル~
(122,264円~)
iPhone 14 Pro 256GB
512GB
1TB
1,099ドル~
(149,464円~)
iPhone 14 Pro Max 256GB
512GB
1TB
1,199ドル~
(163,064円~)

iPhone14の価格は円安の影響でどれぐらいになるかわかりません。

予想された金額はiPhone13よりも5,000円~10,000円上がっていますが、iPhone14はより高性能、デザイン変更がされるので個人的にはもう少し高くなると思います。

ちなみに最大容量は2TBになるとうわさもあります。

本体容量は最低でも128GBになっており、何GBを選べばいいかわからないですよね。

今使っているスマホで現在何GB使っているのか調べてそれ以上のGBを選ぶと後悔しないと思います。

初めてスマホを持つ方は基本的には128GBで充分です。

2iPhone14は何が変わる?スペックと特徴

iPhone14のリーク情報で以下の情報が期待されています。

  1. Proモデルはデュアルパンチホールデザインになり、ノッチがなくなる?
  2. iPhone14Proシリーズのボディはチタン合金製に?
  3. カメラ部分の出っ張りはかなり厚くなる可能性が
  4. ProシリーズにはLiDARスキャナ搭載?
  5. Proシリーズの画面は常時点灯ディスプレイに?
  6. iPhone 14シリーズ全てのモデルでメモリが6GBになる?
  7. 7年ぶりにカメラの画素数が上がる!?インカメラにもオートフォーカスが実装か
  8. 指紋認証のTouch IDが復活?
  9. ついにiPhone14にUSB-Cが搭載?
  10. バッテリー容量は少しだけ増える可能性が

また、噂されてるスペックも先にまとめてお伝えしておきます。

iPhone 14 iPhone 14 Max iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
CPU A15 Bionic A15 Bionic A16 Bionic A16 Bionic
本体容量 128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
256GB
512GB
1TB
256GB
512GB
1TB
RAM 6GB 6GB 6GB 6GB
画面サイズ 6.1
(OLED 60Hz)
6.7
(OLED 60Hz)
6.1
(OLED 120Hz)
6.7
(OLED 120Hz)
カメラ 広角 1,200万画素
超広角 1,200万画素
広角 1,200万画素
超広角 1,200万画素
広角 4,800万画素
超広角 1,200万画素
望遠 1,200万画素
広角 4,800万画素
超広角 1,200万画素
望遠 1,200万画素

ではスペックについて具体的にお伝えしていきます。

iPhone14Proシリーズに常時点灯ディスプレイが実装される?

常時点灯ディスプレイがiPhone14Proシリーズに搭載されるのではないかと言われています。(参考:9TO5Mac

常時点灯ディスプレイとは…スリープ状態でも最低限の明るさで常にディスプレイが点灯する機能。

この機能はアップルウォッチに初めて搭載され、画面は暗くなっていますが、文字盤で時間が確認できるようになっています。

時間を見る動作をすると画面が明るくなるといった仕組みです。

これがiPhoneに搭載されると時間や通知を確認できるとは思いますが、それ以外の用途が思い浮かびません。

どのように活用できるのかappleの発表が楽しみですね。

RAMの容量があがる?通常版は6GB、Proシリーズは8GBに?

iPhone14のRAM容量がiPhone13よりも2GBずつ増える可能性があります。(参考:MyDrivers

本体名 RAM
iPhone 14 6GB
iPhone 14 Max 6GB
iPhone 14 Max 8GB
iPhone 14 Max 8GB

全体的にRAMが増えれば、iPhone自体の処理もかなり早くなるのでこのリークが本当ならいいですね。

7年ぶりにカメラの画素数が上がる!?インカメラにもオートフォーカスが実装か

iPhone14ProのシリーズのカメラはiPhone13よりも性能があがります。

iPhone6Sぶりにカメラの画素数が1200万画素から4800画素に変わるといった情報があります。(参考:工商時報

カメラレンズの進化により、8K動画も撮影できるようになるかもしれません。

また、iPhone14シリーズにインカメラにオートフォーカスが実装されるとも言われています。(参考:9TO5Mac

iPhone14で指紋認証のTouch IDが復活する?

iPhone14シリーズには顔認証のほかに指紋認証が復活するとAppleアナリストMing-Chi Kuo氏が伝えています。(参考:MacRumors

画面内もしくは電源ボタンに実装されるかもしれません。

ただ、iPhone14ではなく15で搭載されるとも言われています。

筆者はおそらく実装されない可能性が高い気がしています。

iPhone14の充電端子はUSB-Cが搭載される?

iPhone14でようやくLightning端子からtype-C端子に変わるかもしれません。(参考:iDROPNEWS

2021年のリーク情報になりますので信憑性は低いですが、実現するかもしれませんね。

Macでも実装されているので、可能性は0じゃないと思います。

発表が楽しみですね。

バッテリー容量は伸びるか?

iPhone14のバッテリーは本体の厚み、ノッチの関係上、少しだけバッテリー容量がiPhone13よりあがると言われています。

本体名 電池容量
iPhone 14 3,279mAh
iPhone 14 Max 4,325mAh
iPhone 14 Pro 3,200mAh
iPhone 14 Pro Max 4,323mAh

3iPhone14のデザインは大きく変わる?新色は2色?

iPhone14はiPhone13から大きくデザインが変わると言われています。

画面の表示領域が狭くなったり、本体厚みが変わるなどデザイン変更が多いです。

ではお伝えしていきます。

iPhone14の新色は2色か?

iPhone14 本体カラー
iPhone14シリーズの本体カラーのラインナップは以下の通り。

本体名 電池容量
iPhone 14・MAX スターライト
ミッドナイト
ブルー
レッド
イエロー
iPhone 14 Pro・Pro MAX シルバー
グラファイト
ゴールド
ブルー
パープル

新色は黄色と紫になりそうですね。

Proモデルはデュアルパンチホールデザインになり、ノッチはなくなる?

iPhone14のデザイン例
iPhone14 Proのデザインは上部の部分(ノッチ)が消え、デュアルパンチホールデザインに変わると言われています。(参考:MacRumors

画像の通り、カメラが画面に直接埋め込まれているようなデザインです。

今までののiPhoneとは違い、実現すれば画面表示領域が広がります。

ちなみにiPhone14は従来のデザインです。

iPhone14Proシリーズはチタン合金製のボディに?

iPhone14の通常版は13と同様、アルミニウム製のボディになると言われています。(参考:MacRumors

iPhone14Proシリーズはチタン合金製のボディになるかもしれません。

チタンはアップルウォッチにも使われていましたが、ステンレスよりも傷がつきにくく、アルミニウムの2倍の強度で60%の重さです。

ただ、チタンは指紋が付きやすいとの情報もありますのでどうなるか気になりますね。

カメラ部分の出っ張りはなくなり、レンズは巨大化する?

iPhone 14 Pro Max ダミー (左) vs iPhone 13 Pro Max
【出典:MacRumors

カメラの画素数があがり、iPhone14の背面カメラのレンズの出っ張りはiPhone13よりも出てしまうと報じられています。(参考:MacRumors

写真を見るとでっぱりの高さにかなり差があります。

実際にiPhone13 Pro Maxの3.60mmから4.17mmに変わるようです。

3iPhone14は待つべき!iPhone13よりもおすすめな理由

iPhone13と悩んでる方はiPhone14がおすすめです。

なぜなら

  1. iPhone13は円安ですでに値上げしている
  2. 価格差は5,000円~10,000円
  3. RAMがiPhone14で増える
  4. 電池容量も上がる

実際に発表を見てiPhone13と比較して進化したスペックの価格に納得できれば間違いなく14が買いだと思います。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ13・Pro予約受付中

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

特別還元祭実施中

ご相談無料
0120-914-126
営業時間:10:00~22:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ