MNPで噂の「引き止めポイント(通称:コジ割)」!もらえる基準は?

MNPで噂の「引き止めポイント(通称:コジ割)」!もらえる基準は?

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアからMNP(携帯乗り換え)するとき「引き止めポイント」が提示されるのはご存知ですか?

MNP(携帯乗り換え)したことがない方は何のポイントなのか分からないですよね。
そこで今回は、MNPで噂の「引き止めポイント(通称:コジ割)」がもらえる基準をご紹介します。

引き止めポイントは通称「コジ割」とも呼ばれ、MNP(携帯乗り換え)で他社に乗り換えるのを考え直してもらうために「非公式で配布されているポイント」を意味しています。

その引き止めポイントにはもらえる一定の条件や基準はありません。ただし実際に他社に乗り換える人には配布されず、あくまで現在契約しているキャリアに留まるのが一番の条件になります。

ここからはMNP(携帯乗り換え)でもらえる「引き止めポイント(コジ割)」とは?というテーマで、もらえる基準や何のためのポイントなのかお話していきます。

1.MNPの「引き止めポイント」とは?もらえる基準は?

引き止めポイントとは
まず「引き止めポイント」はドコモ、au、ソフトバンクの「大手キャリアの公式のポイントサービスではない」ことは認識しておく必要があります。

「引き止めポイント」とは先程も軽く触れましたが、MNP(携帯乗り換え)で他のキャリアおよび格安SIMに乗り換えるのを考え直してもらうために「非公式に配布しているポイント」になります。

大手キャリア間では利用者獲得のため熾烈なシェア争いを常に繰り広げています。
今では格安SIMもシェアを広げており、同系列の格安SIMへの乗り換えなら問題はないものの、他キャリアへの乗り換えはできるだけ防ぎたいのはどのキャリアも同じです。

例えば1人のユーザーがauからソフトバンクにMNP(携帯乗り換え)した場合、auはユーザーが1人減りソフトバンクのユーザーが1人増える結果となり、実質2人分の差がでてしまいます。そこで、できるだけ他キャリアへのユーザー流出を防ぐために行われている施策が「引き止めポイント」になるわけです。

「引き止めポイント」は現金ではなく”ポイント”として各キャリアで行っている以下のポイントサービスに配布されます。

  • ドコモ:dポイント
  • WALLETポイント
  • ソフトバンク:Tポイント

「引き止めポイント」がもらえる基準は?

どんな人が引き止めポイントをもらえるのか?については、一番の条件は現キャリアに「留まること」です。
なので「引き止め」も本来は「引き留め」になりそうですが、業界では「引き止め」を使っています。ちなみに意味は一緒です。

余談でしたが、引き止めポイントはあくまで現キャリアに留まるのを条件に配布されるポイントなので、実際にMNP(携帯乗り換え)する方には当然配布されません。配布してもポイントは乗り換えたら無効になるので意味がないですよね。

次にもらえる基準については、元々が非公式で配布されるポイントなので一定の基準はないといえます。

ただし実際に引き止めポイントをもらった人などのTwitterなどの口コミでは、

  • 契約継続年数が長い
  • 家族割などの家族割引サービスを利用している
  • 光回線を併用している
  • 料金の滞納がない

といった基準が挙げられています。

そこで上記に該当する方が他キャリアにMNP(携帯乗り換え)しようとMNP予約番号を取得する際に、留まってもらうことを条件にポイントが付与されているのです。

しかし世の中には悪いことを考える人はいるものです。
MNP(携帯乗り換え)する気はないのにポイント目的でMNP予約番号を取得しようとしている人は多いといいます。

基本的にMNP予約番号には15日間という有効期限が設定され、15日を過ぎれば自動的に無効になります。そのためMNP予約番号して15日以内に乗り換え先のキャリアで新規契約しない限り、現在契約しているキャリアの契約に影響はないのです。

2.「引き止めポイント」は機種変更のためのもの!

引き止めポイントの基準とは
引き止めポイントが提示されるのは前項でも紹介しましたが、MNP予約番号を取得するタイミングです。
MNP予約番号はキャリアの直営店やインターネットからも取得可能。しかし、待ち時間やネットで取得できるのはドコモに限られるため基本は電話での取得が一般的になっています。

ドコモ、au、ソフトバンクではMNP専用窓口が設けられており、以下に電話すればMNP予約番号は取得できます。

◆ドコモ:ドコモ インフォメーションセンター
ドコモ携帯電話から:(局番なし)151(無料通話)
一般電話から:0120-800-000(無料通話)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆au:au MNP専用の携帯電話番号ポータビリティ受付窓口
au携帯電話/一般電話共通:0700-75470(無料通話)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆ソフトバンク:ソフトバンク 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口
ソフトバンク携帯:*5533(無料通話)
一般電話:0800-100-5533(無料通話)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

引き止めポイントは「機種変更」するためのポイント!

ここで実際に引き止めポイントが提示されるまでの流れを確認してみましょう。

  1. 契約しているキャリアのMNP専用窓口に電話して「他キャリアに乗り換えたいので、MNP予約番号を発行してほしい」旨を使えるとほとんどの人は以下のような質問を受けます。
    ・どのキャリアにMNPするのか?(理由を聞かれるケースがある)
    ・乗り換える先のキャリアで利用する予定の機種は?(ここではiPhone XSを利用するとしておきます。)
  2. 回答してしばらくするとオペレーターから、
    「iPhone XSへの機種変更でお使いいただける◯万円分のポイントを差し上げることもできます。」
    といった乗り換えを考え直してもらう条件が提示されます。
  3. そこでMNP(携帯乗り換え)をせずに機種変更する旨をオペレーターに伝えると後日ポイントが配布されている。

このように引き止めポイントの多くは「機種変更」の本体価格に還元できるポイントになります。ポイントサービスなのでそのキャリアの加盟店であれば何にでも使えると感じますが、用途は機種変更に限定されるようです。

基本的に目的の機種を使うためにMNP(携帯乗り換え)する方もいるので、機種の機種変更代金が還元できるポイントは魅力を感じますよね。

気になるポイント数は契約継続年数によって違いがあるとされていますが、平均で10,000~30,000ポイントが目安になります。

3. まとめ

MNP(携帯乗り換え)は電話番号を変えずに携帯電話会社が乗り換えられる制度ですが、乗り換えられるキャリアには良いことはまったくないですよね。

そこで、できるだけ他社への流出を防ぐための対策として「引き止めポイント(通称:コジ割)」が利用されています。
他キャリアに乗り換えようとしている方に、目的の機種に「機種変更」ができるポイントを付与することでMNP(携帯乗り換え)考え直して持っているのです。

ただし引き止めポイントはあくまで非公式で配布しているポイント。絶対にもらえる訳ではないのでその点はしっかり認識しておきましょう。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元! モバシティ限定 新型スマホ11・Pro予約受付中

ソフトバンクに乗り換えお役立ちガイド

日本初が満載!期間限定の特別還元祭

ご相談無料
0120-922-386
営業時間:9:00~21:00
ご相談はコチラ
ページ上部へ
bellface