運営会社|株式会社ベルテクノス会社概要

半年での携帯乗り換えはブラックリスト入り?短期解約は要注意!

半年での携帯乗り換えはブラックリスト入り?短期解約は要注意!

スマホの普及率が70%とも80%とも言われる現在。
各携帯会社は携帯乗り換えによる利用者の獲得に力を注いでいます。

その為、各携帯会社では携帯乗り換えに有利なキャンペーンを。

例えば、ソフトバンクの”下取りプログラム(のりかえ)”などです。
代理店によっては独自に”高額特典”を提供しているところも。

ただし、特典欲しさに半年以内と短期での携帯乗り換えは要注意です。

というのも、半年以内で携帯乗り換えすると携帯会社のブラックリスト入りする可能性が。
今回は、携帯乗り換えを半年以内でする危険性と対処法について詳しくご紹介しましょう。

1ブラックリストって何?

”ブラックリスト”、皆さんも1度は耳にしたことがあるのでは?
では、まずはブラックリストとはどのようなものなのかから詳しく見ていきましょう。

①個人信用情報を登録されること

ブラックリストとは信用に関わる取引に対して、問題が生じたときに”個人信用情報”に登録されること。

主に、クレジットカードの返済が滞ったり、住宅ローンが支払えなくて差し押さえになったりなど。
金融機関との取引での”延滞情報”が個人信用情報の中に登録されます。

個人信用情報とは債権者に対して、各機関が社会的な信頼度を把握するためのものです。
つまり、この人にお金を貸しても大丈夫…、と判断するための大きな材料な訳です。

当然、ブラックリストに記載されていると、各機関から社会的な信用がないと判断されます。

②ブラックリストに入ると様々な制限が

ブラックリストは携帯会社の中にもあると言われています。
その為、もしブラックリスト入りしてしまうと以下のような制限がかけられることに。

  • 端末代金を分割払いできない
  • 新規契約が一切できない

端末代金の分割払いは、クレジットカードや住宅ローンと同様に”負債”です。
24カ月、48カ月と期間に差はありますが返済に不安のある方には貸してくれません。

また、携帯端末のような情報通信機器は”信用取引”にも関わります。
この人はきちんと料金を払えるのだろうか…、と信用されないと契約できないこともあります。

金融機関にせよ、携帯会社にせよ”ブラックリスト入り”だけは避けたいものです。

2半年で携帯乗り換えするとブラックリスト入りするかも

携帯会社のブラックリスト入りすると、端末代金や新規契約に制限がかかることがあります。
では、どのような状況になると携帯会社のブラックリストに登録される可能性があるでしょうか?

①携帯会社の最低契約期間は半年

まず、携帯会社と契約し、半年以内と短期で解約することが挙げられます。

携帯会社にとっては1人でも多くの利用者に長く契約してもらいたいもの。
その為、携帯会社の多くが”2年契約”の代わりに様々な割引サービスを提供しています。

お得な割引サービスだけを受け、半年と短期で解約されては困る訳です。

もちろん、2年以内に解約したからと、即ブラックリスト入りするとは限りません。
以下に、一般的にブラックリスト入りすると言われている期間をまとめました。

  • ソフトバンク…180日
  • ドコモ…180日
  • au…120日

上記から分かる通り、およそ半年がブラックリスト入りの境ということに。
ただし、各携帯会社が公表している数字ではないので注意が必要です。

あくまで半年は1つの目安とし、携帯乗り換えの時期を考えた方が良いでしょう。

②半年以上に”料金未払い”に注意!

次に、半年以上に注意したいのは”料金未払い”することです。

先述した通り、クレジットカードや住宅ローンなどでも返済の滞りは要注意です。
当然、携帯会社との契約でも料金未払いすると即ブラックリスト入りする可能性があります。

ちなみに、金融機関によっては携帯会社の支払い状況も審査に入れているのだとか。
たかが携帯会社の支払い…、と思っていると住宅ローンを組むときに困るかもしれません。

特に、クレジットカード払いには限度額があるので、利用状況は常に確認した方が安心です。

3ブラックリスト入りすると契約できないの?

先ほど、携帯会社でブラックリスト入りすると新規契約ができないと紹介しました。
では、ブラックリスト入りすると、絶対に新規契約ができなくなるのでしょうか?

①必ずしもそうとは限らない

結論を申し上げると、必ずしも新規契約できないとは限りません。

というのも、新規契約を受けるかは携帯会社側の考え方次第。
キャリアショップの販売員の判断に委ねられている部分が大きいためです。

当然、悪質な延滞や未払いのまま逃亡などは新規契約できないでしょう。
ただし、うっかり口座に入金し忘れたり、クレジットカードを使いすぎたりなどは別です。

携帯会社によってはブラックリスト入りしていても新規契約できることがあります。

②格安SIMは審査が緩め

ソフトバンクやドコモ、auなど大手キャリアは厳しい傾向にあります。
反対に、”格安SIM”と呼ばれるキャリアは審査が緩めと言えます。

格安SIMによっては個人信用情報を照会せずに審査するところも。
ブラックリスト入りしていても、情報・状況によっては考慮しないことがあるためです。

大手キャリアから新規契約を拒否されたのなら、格安SIMというのも1つの選択肢です。

4まとめ

今回は、半年での携帯乗り換えがなぜ危険なのかについてまとめてみました。

半年と短期間で携帯乗り換えすると、ブラックリスト入りする可能性が。
ブラックリスト入りしたことで、端末の分割払いや新規契約ができなくなるかもしれません。

”半年”というのはあくまで目安です。
1年以上契約していても、料金を頻繁に滞納しているとブラックリスト入りすることも。

特典があるから…、と頻繁に携帯乗り換えするのはやめた方が良いでしょう。

ちなみに、携帯乗り換えに関して疑問のある方は、ぜひ「モバイルステーション」にご相談ください。モバイルステーションでは携帯乗り換えに関する手続き、データ移行などのサポートを行っています。また、ソフトバンクへの携帯乗り換えには”高額特典バック”もあるのでお得です。

お問い合わせはこちら

あなたにオススメの記事

ソフトバンクに携帯乗り換えで最大10万円キャッシュバック

キャッシュバックと合わせてお得!ご不要になった携帯電話の下取り最大44,000円!

ソフトバンク携帯乗り換え(MNP)で不要となった携帯電話(スマホ)を高価下取りしています!

ソフトバンク光コラボでさらにキャッシュバック

インターネット回線を契約中の方は見逃せない超お得な特典です!

Mobilestationだからできる当店3つの強み

当日現金キャッシュバック

日本初!当店ではソフトバンク携帯電話乗り換え完了日にその場でお得な特典キャンペーンを行っています。

乗り換え完了まで最短30分!

事前に電話予約を頂ければ待ち時間なしで優先的に対応させて頂きます。ご来店から携帯乗り換えまで業界最速の最短30分でお手続き完了します。

データの移行も代行します

携帯乗り換え(MNP)の際の面倒なデータ移行も当店スタッフが代行します。もちろんスマートフォン(スマホ)も徹底サポートしています。

営業所一覧

機種紹介   会社概要   Q&A   プライバシーポリシー
ページ上部へ戻る