MNPの手続きが間に合わない?もしもの時の対応策

MNPの手続きが間に合わない?もしもの時の対応策

MNP(乗り換え)を検討中の皆さん。
何日までに手続きしたい…、と日取りが決まっている方も多いのでは?

というのも、MNPの手続きは”月末”がお得と言われています。
また、”更新月”の関係から今月中に手続きしたい方もいるでしょう。

ただし、契約中のキャリア、乗り換え先のキャリアの2箇所で手続きする必要が。
キャリアショップで手続きしていると、待ち時間だけで1,2時間というのも珍しくありません。

思うように手続きできず、MNPが間に合わないことも十分に考えられる訳です。

そこで、今回はMNPの手続きが間に合わないときの対応策についてご紹介します。
MNPの手続きが月末だとなぜお得なのかについてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

1MNPは月末がお得!

MNPでは”MNP転出手数料”と”契約事務手数料”の2つの手数料が必ず発生します。
手数料だけで5,000円以上と、できれば少しでもお得に手続きを済ませたいところです。

①解約に”日割り計算”は適応されない

大手キャリアでは基本的に解約に対して”日割り計算”がありません。

例えば、解約日が1月1日でも1月31日でも1カ月間の利用として計算されます。
1月1日だから利用も1日間だけ…、とはならないのです。

MNPするのであれば、毎月1日(月初)に手続きするともったいない気持ちになります。

※ソフトバンクにはプランによって日割り計算もあります。

②月末だと余分な基本料金がかからない

反対に、1月31日であれば、1カ月間のサービスを利用してから解約できます。
つまり、”月末”にMNPすれば余分な基本料金がかからない訳です。

また、大手キャリアでは契約に対して”日割り計算”を適用しています。

例えば、契約日が1月31日であれば1日間の利用として。
2月1日であれば28日間(1カ月間)の利用として計算されるのです。

その為、MNPの手続きで契約日についてはあまり気にする必要はないと言えます。

2MNPの手続きが間に合わないことも

MNPの手続きは日割り計算の関係から”月末”がお得です。
ただし、日程などで思うように手続きできず、MNPが間に合わないこともあります。

①月末はMNPの手続きが集中しやすい

MNPの手続きでは”月末”が余分な基本料金もかからずおすすめです。

”お得”ということは、それだけMNPの手続きが集中しやすいということ。
当然、窓口も混みやすく、1日では手続きが間に合わないこともあります。

もし、31日に間に合わないと、翌月(1カ月間)の基本料金が発生します。

②”更新月”を過ぎてしまうかも

MNPのタイミングとして”更新月”を意識している方も多いと思います。

更新月とは”解約金(9,500円)”の発生しない期間のこと。
大手キャリアでは一般的に2年ごとの”2カ月間”だけが更新月です。

もし、更新月に1日でも間に合わないと、解約金が発生しさらに費用がかさみます。

3契約中のキャリアだけ解約できる?

基本料金に解約金と、MNPの手続きが1日でも間に合わないともったいないことに。
では、もしMNPの手続きに間に合わない可能性のあるときはどう対応すれば良いのでしょうか?

①契約中のキャリアだけ解約はできる!
MNPの主な流れを以下にまとめました。

  1. 現在のキャリアから”MNP予約番号”を取得する
  2. 次のキャリアと”乗り換え(MNP)”で契約する
  3. 回線を開通させ、端末の初期設定を済ませる

上記から分かる通り、MNPでは次のキャリアとの契約が先です。
次のキャリアの回線が開通した時点で、現在のキャリアが解約となるため。

ただし、現在(契約中)のキャリアを先に解約することも可能です。

というのも、MNPの手続きに求められるのは”MNP予約番号”。
”MNP予約番号”さえ取得しておけば、先に解約しても問題はありません。

もし、手続きが間に合わないのなら、現在のキャリアを先に解約するのも1つの手です。

②格安SIMとの契約は1週間ほど早めに

MNPの手続きが間に合わない?もしもの時の対応策

MNPの乗り換え先が”格安SIM”の方は要注意です。

格安SIMの多くは実店舗がないので、手続きは”オンラインショップ”から。
手続きしてから商品(端末、SIMカードなど)が届くまでに1週間前後かかります。

その上、回線が切り替わるのも商品が届いてからということに。

MNPは月末がお得だから…、と直前に手続きしていると間に合わないのです。
もし、格安SIMを検討しているのなら、1週間ほど早めに手続きすることをおすすめします。

4まとめ

今回は、MNPの手続きが間に合わないときの対応策についてまとめてみました。

基本料金や解約金と、MNPの手続きは”月末”にするのがお得です。
ただし、日程によってはMNPの手続きが間に合わないことも十分に考えられます。

もし、MNPの手続きが間に合わないのなら、現在のキャリアだけ先に解約しましょう。

”MNP予約番号”さえ取得しておけば、MNPの手続き自体は問題なく行えます。
MNP予約番号には15日間の有効期限があるので、もう少し早めでも大丈夫です。

ちなみに、MNPの手続きに不安・疑問のある方は、ぜひ「モバイルステーション」にご相談ください。モバイルステーションではMNPの手続きのサポート、データ移行などの代行も行っています。また、モバイルステーションはソフトバンクの提携店(取扱店)です。ソフトバンクを検討中の方には、独自に”高額特典バック”もあるのでお得に乗り換えできます。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ