繰り返してMNPすると危険!契約できなくなることも!

繰り返してMNPすると危険!契約できなくなることも!

昔ほど盛んに行われていませんが、今でもMNPを対象にしたキャンペーンは数多く展開されています。
そこで、そのキャンペーン特典を目的に、MNPを繰り返し行う行為をしている人がいます。

しかし、そういったMNPを繰り返し行う行為はとても危険!
最悪、今後一切の携帯契約が出来なくなってしまうケースもあるのです。

そこで今回は、MNPを繰り返し行う行為がなぜ危険なのかご説明いたします。

1MNPを繰り返して行うのは危険!

MNP(携帯乗り換え)は、電話番号を変えずに携帯電話会社が乗り換えられる便利な制度。日本では2006年10月にMNP制度がスタートし、かなり注目され盛り上がっていました。

導入当初から、キャリア間でシェア争いが激化し、様々な「特典」を用意して一人でも多くのユーザーを確保しようと躍起になっていたものです。
その特典(キャッシュバック)も過激なものがありましたよね。

その時期から、MNPを渡り鳥のように繰り返し行う人が増え、当時はかなり問題になっていましたが、現在ではお国から通達が出され規制が強化されています。しかし、そういった状況下でも、特典目的でMNPを繰り返し行っている人が今でも存在しているのです。

しかし、そういったMNPを繰り返し行う行為はとても危険!

例えば、ドコモを解約してauにMNP契約して、1ヶ月も経たないうちに、auを解約してソフトバンクにMNP契約する。
このような、解約と新規契約を短期間に何度も繰り返すとブラックリスト、携帯電話業界では「携帯ブラック」(悪質な利用者)にリストアップされてしまいます。

携帯ブラックに載る基準は非公開ですが、MNP契約した後、180日(6ヶ月)経過していない解約は止めておきましょう。ただし、あくまで最低利用期間なので、180日で解約するような行為も止めた方が無難です。基本的に、携帯キャリアでは2年という長期契約を結んでもらうかわりに、割引サービスなどを提供しています。

ドコモは規制が厳しく、短期にMNPを繰り返し行っている人には、月々サポートなどの割引を適用しないといった施策が行われ、MNPで儲けようとしている人を排除しようとしています。

当然のことですが、短期間で解約するという行為は禁止されています。
一度携帯ブラックにリストアップされてしまうと、一切の契約ができなくなってしまう可能性もあるので、しっかり認識しておく必要があります。

2まとめ

MNPは正しく利用すればとても便利な制度です。しかし、中には特典目的でMNPを繰り返し行うような悪質なユーザーも存在しています。

ご紹介した通り、現在ではかなり規制が厳しくなったことで、そのような行為をする人も減少しているようですが、とても危険な行為なのです。悪質な利用者(携帯ブラック)として登録されれば、契約すらできなくなってしまうので注意しておきましょう!

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ