運営会社|株式会社ベルテクノス会社概要

携帯乗り換えで気をつけるべき3つのこと!

携帯乗り換えで気をつけるべき3つのこと!

携帯乗り換えを検討中の皆さん。
携帯乗り換えすればお得になる…、と漠然に思っていませんか?

確かに、プランの見直しやキャンペーンを上手に活用すればお得にできます。

ただし、携帯乗り換えには思わぬ落とし穴も。
知らずに手続きすると余計な費用が発生するかもしれません。

そこで、今回は携帯乗り換えで気をつけるべき3つのことをご紹介します。
知ってさえいれば回避できるものばかりなので、ぜひチェックして参考にしてください。

1携帯乗り換えで気をつけるべき”手数料”

携帯乗り換えでまず気をつけるべきなのは”手数料”です。
というのも、現在のキャリアと次のキャリアの両方に対して手数料が発生します。

①MNP転出手数料

携帯乗り換えでは、まず現在のキャリアから”MNP予約番号”を取得します。
MNP予約番号があることで、電話番号そのままに乗り換えできる訳です。

ただ、MNP予約番号を取得しての乗り換えには”MNP転出手数料”が。
MNP転出手数料には1回線あたり3,000円ほど必要です。

携帯乗り換えには必ず必要となる手数料で、最後の基本料金に上乗せされます。

②契約事務手数料

MNP予約番号を取得したら、次のキャリアとプランを契約します。
次のキャリアとの回線が開通した時点で、現在のキャリアとの契約が解除されるのです。

次のキャリアとの契約(携帯乗り換え)には”契約事務手数料”が。
契約事務手数料にはキャリアによって1回線あたり2,000円〜3,000円が必要です。

MNP転出手数料と同様に必ず必要で、最初の基本料金に上乗せされます。

③違約金(解約金)

MNP転出手数料と契約事務手数料は必ず必要となる手数料です。
その為、携帯乗り換えでは少なくとも手数料として5,000円以上は発生します。

その上、2年契約の方が2年以内に解約すると”違約金(解約金)”が。
違約金は1回線あたり9,500円ほど必要です。

ただし、違約金は”更新月”であれば発生しません。
契約月から2年後、2カ月間だけ更新月として自由に携帯乗り換えできます。

マイページ(ネット上)やカスタマーサポートから、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

2携帯乗り換えで気をつけるべき”端末代金”

携帯乗り換えで気をつけるべきなのは”端末代金”についてもです。
実は、携帯乗り換えでは意外なことで端末代金が残っていることがあります。

①端末代金は24回払いが一般的

端末は一般的に24回払い(2年)で契約します。

1台数万円する端末も、24回払いであれば1回数千円程度。
毎月の基本料金に上乗せする形であれば負担なく払い続けられます。

ただし、2年以内に携帯乗り換えすると端末代金の一部が残ります。
残った端末代金は最後の基本料金に”一括”して上乗せされるのです。

数千円程度ならまだしも、数万円単位で残っていることも意外とあります。

②”実質0円”は本当に0円なのか?

端末を購入するときに”実質0円”と説明されたことがあるのでは?

実は、”実質0円”というのは本当の意味で0円ではありません。

2年契約する代わりに、月々の基本料金から端末代金分を分割して割引するということ。
2年間きっちり契約を続けていれば、端末代金が実質0円になるということです。

2年以内に携帯乗り換えすると割引は全てなくなります。

当然、これまでに割引されてきた分もなかったことに。
端末代金の全額を最後の基本料金に”一括”して上乗せされます。

1台数万円が一括で要求されるのですから、”実質0円”には要注意なのです。

3携帯乗り換えで気をつけるべき”有料コンテンツ”

携帯乗り換えで気をつけるべきこととして”有料コンテンツ”も挙げられます。
有料コンテンツと一緒に契約するとさらに割引しますよ…、と説明された方も多いのでは?

①有料コンテンツとの契約で割引額は上がる

有料コンテンツと一緒だとさらに割引が…、とキャリアショップで説明されることがあります。

実は、キャリアショップのほとんどは別会社の運営する”提携店”です。
契約数を増やすことで各キャリアから利益を分配され運営しています。

その為、1人でも契約数を増やすためにキャリアショップごとに様々なキャンペーンを。

その1つとして人気なのが”基本プラン+有料コンテンツ”を組み合わせた割引です。
例えば、有料コンテンツを2カ月以上登録すると高額な割引が…、というもの。

2カ月間は無料なものも多いので、一見するとお得なだけのキャンペーンに思えます。

②コンテンツの解約を忘れていると余計な費用が

ただ、有料コンテンツの多くは解約手続きが複雑に設計されています。

解約の方法が分からない…、と解約手続きをする段階になって諦めることも。
結局、使わない有料コンテンツの料金まで毎月支払うことになる訳です。

また、無料期間が2カ月というのも気をつけるべきポイントです。

というのも、人間は意識しない限り2カ月もすると大半を忘れてしまいます。
当然、使わない有料コンテンツの存在についても忘れてしまうのです。

次の携帯乗り換えまで、忘れたまま料金を支払っている方もいるほどです。

4まとめ

今回は、携帯乗り換えで気をつけるべき3つのことについてまとめてみました。

  1. 携帯乗り換えは各種手数料がかかる
  2. 端末代金が残っていることがある
  3. 有料コンテンツの存在は忘れやすい

特に、”有料コンテンツ”の存在には気をつけることをおすすめします。
というのも、10年もの間、存在を忘れて10万円以上の余分な支払いをしていた方もいるのです。

携帯乗り換えの前だけでなく、乗り換えた後にも定期的にプランなどの見直しを行いましょう。

ちなみに、携帯乗り換えに関する質問のある方は、ぜひ「モバイルステーション」にご相談ください。モバイルステーションでは携帯乗り換えのスムーズな手続き、お得なプランのご紹介をしています。また、モバイルステーションはソフトバンクの”取扱店(提携店)”でもあります。ソフトバンクに関する最新のキャンペーン情報、独自の”高額特典バック”もあるのでお得です。

お問い合わせはこちら

あなたにオススメの記事

ソフトバンクに携帯乗り換えで最大10万円キャッシュバック

キャッシュバックと合わせてお得!ご不要になった携帯電話の下取り最大44,000円!

ソフトバンク携帯乗り換え(MNP)で不要となった携帯電話(スマホ)を高価下取りしています!

ソフトバンク光コラボでさらにキャッシュバック

インターネット回線を契約中の方は見逃せない超お得な特典です!

Mobilestationだからできる当店3つの強み

当日現金キャッシュバック

日本初!当店ではソフトバンク携帯電話乗り換え完了日にその場でお得な特典キャンペーンを行っています。

乗り換え完了まで最短30分!

事前に電話予約を頂ければ待ち時間なしで優先的に対応させて頂きます。ご来店から携帯乗り換えまで業界最速の最短30分でお手続き完了します。

データの移行も代行します

携帯乗り換え(MNP)の際の面倒なデータ移行も当店スタッフが代行します。もちろんスマートフォン(スマホ)も徹底サポートしています。

営業所一覧

機種紹介   会社概要   Q&A   プライバシーポリシー
ページ上部へ戻る