携帯料金を滞納していると携帯乗り換え(MNP)できない?

携帯料金を滞納していると携帯乗り換え(MNP)できない?

MNPといえば、電話番号を変えずに携帯キャリアが乗り換えられる便利な制度。

しかし、「MNPできない」といったケースがあるのはご存知ですか?
その一番の問題は、現在契約している携帯キャリアの利用料金を滞納している、または滞納したことがあるということ

MNPで新しい携帯キャリアで新規契約手続きを行うとき、クレジットカードと同じように審査があります。
その審査に引っかかってしまうと、MNPできないという事態が発生するのです。

そこで今回は、携帯利用を滞納している方が、携帯乗り換え(MNP)できない理由をご説明いたします。

1MNPのとき料金を滞納している方は要注意!

携帯乗り換え(MNP)は、契約更新月さえ注意していれば、誰でも自由にできますよね。
ただし、審査があることは理解しておく必要があります。

MNPの転入手続きには審査がある!ただし内容は非公開

携帯乗り換え(MNP)の手続きは、移転元のキャリアでMNP予約番号を取得して、移転先のキャリアで新規契約手続きをすれば完了。
しかし、MNPで新規契約するとき、必ず移転先のキャリアで審査が行われます。

その審査基準が明確に分かれば、万一に備えて対策もできますが、基本はどのキャリアも審査基準は非公開
詳しい審査内容は分からないのです。

とはいっても、一般的に審査する基準は、毎月の利用料金をちゃんと支払っていけるのか、支払い能力を主に審査されます。
クレジットカードをイメージすると分かりやすいでしょう。

ちなみに、同じキャリアで機種変更するときも一応審査はありますが、それほど厳しいものではないようです。

利用料金を滞納している方は要注意!

そこで、現在契約しているキャリアで利用料金を滞納している方は、審査に通らないケースがあるので要注意!特に、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでは、滞納がある場合や以前滞納したことがあるという場合は、審査に通らないことも。

また、移転元のキャリアでMNP予約番号を取得するとき、利用料金を滞納している場合、予約番号を発行してもらえないケースもあります。

基本的に、滞納したという情報は過去5年間保持され、他のキャリアで共有されているので、今滞納していないからといって過去に滞納した経験がある方は注意しておきましょう。

その他にも、分割払いで購入した端末代金の残債(残金)がある場合は、移転元のホームページなどで残債を確認して、一括もしくは分割でも対応してくれるので、最後までしっかり支払うようにしましょう。

以上のように、過去は仕方ないこととして、現在契約している携帯キャリアで利用料金を滞納している方は、MNP予約番号を発行してもらう前には、しっかり未納分は支払っておくのが重要です。

2まとめ

今回は、あまり良い話ではなかったものの、携帯乗り換え(MNP)の新規契約のときも審査があることは覚えておきましょう。
普通に利用している方はほとんど関係ない話ですが、利用料金を滞納している、もしくは滞納していたという方は注意しておきましょう。

ご紹介した通り、過去5年間は情報が保持され、キャリア同士で共有しています。特に、MNPしようとお考えの方で、現在契約しているキャリアで利用料金を滞納している方は、最低でも支払ってからMNPするようにしましょう。

ソフトバンク乗り換えで当日もらえる高額還元!

携帯乗り換えについて問い合わせる
電話でお問い合わせメールでお問い合わせ

Mobile Stationなら

1
当日その場で高額現金バック!
2
日本全国どこでも対応可能!
3
データ移行も無料サポート!

ページ上部へ