MNP作業のすべてをココで解決!「MNPとは?」「MNPの手続き」「MNPの手数料」「MNPの予約番号」

MNP作業のすべてをココで解決!

「MNP」とこの3文字だけパッと見ると何のことか分からない方も、「携帯の乗り換え」と聞くとピンときますよね。日本では2006年から導入された制度で、Mobile Number Portability(モバイルナンバーポータビリティ)を略してMNPと呼ばれています。直訳すると「携帯番号持ち運び制度」というものです。

現在では当たり前のように行われているMNPですが、その制度の詳しい内容を知らない方もいるのではないでしょうか。ここからは、

  • 「そもそもMNPとは何なの?」
  • 「MNPの手続き方法は?」
  • 「MNPっていくらぐらい費用かかるの?」

について詳しくご説明させていただきます。この上記3つに当てはまらない方は別のページで探してくださいね。⇓⇓⇓

【MNP関連記事】
MNPとは?よく聞くソフトバンクの「MNP一括0円」「キャッシュバック」「キャンペーン」を徹底解説!

のりかえ(MNP)で【ウェルカム割】が適用!10,368円お得に!

日本中の人が調べている「MNP」チェック!「月間キーワード数」を大公開!

1、MNPとは?MNPには3つの呼び名があるって本当?

MNPとは?MNPには3つの呼び名がある

最初に、MNPには「MNP」という呼び名は全部で3つの呼び名があるのはご存知ですか?

1つ目:「MNP」
「エム・エヌ・ピー」Mobile Number Portabilityの頭文字を取って読んでいる呼び方です。一番ポピュラーな呼び名ですね。

2つ目:「ナンバーポータビリティ」
Mobile Number Portabilityを少し略してカタカナにしただけですね。

3つ目:「番号ポータビリティ」
Numberを日本語にしたものです。


この3つの中で、これが正解!ということはありませんので、どれを使って頂いても通じると思います。では、そもそも「MNP」とはどんな制度かご説明します。MNPとは、携帯電話の加入者が別の携帯電話会社(キャリア)に契約を切り替えても、元の番号がそのまま使えるという制度及びシステムです。

それまでは、別のキャリアの携帯電話に乗り換えるなら、電話番号まで変えなければならなかったため、キャリアを乗り換えると元の番号を教えていた人にいちいち連絡しなければならず、かなり面倒でした。

この制度が導入されたことで、番号がそのままなので携帯電話やスマートフォンの乗り換えが気軽にできるようになったのです。

2、MNPの手続き方法の流れを理解しよう

MNPの手続き方法の流れを理解しよう

MNPの手続きは何となく難しく考えている方も多いようですが、難しい手続きはありませんのでご安心ください。以下は、一般的な手続き方法の流れになりますので理解しておきましょう。

ステップ1 MNP予約番号の取得

最初に、MNPの予約番号(MNPをするための受付番号)を発行してもらいます。
こちらは、後の項で詳しくご説明させていただきます。

ステップ2 新規契約する

乗り換え先の携帯電話会社のショップで新規契約の申し込みをします。
この時にMNP予約番号を伝えて申し込みすれば大丈夫です。

ステップ3 電話番号の引継ぎ処理を行う

この手続きは、乗り換え前の携帯電話会社と乗り換え先の会社で行いますので、申込者はスマホが使えるようになるまで待っていれば良いのです。

このように、面倒な手続きは基本的にありません。MNP予約番号の取得方法については後の項でご紹介いたします。

3、MNPの事務手数料はいくらかかるの?

MNPの事務手数料はいくらかかるの?

MNPをするには、「MNP転出手数料」「契約事務手数料」と「契約解除料」がかかる場合があります。それぞれの料金などご覧ください。

◇MNP転出手数料
現在契約中の携帯電話会社へのMNP手数料として、MNP転出手数料がかかります。
料金は携帯電話会社によって以下の通り異なります。

  • ドコモ 2,000円
  • au 2,000円
  • ソフトバンク 3,000円

◇契約事務手数料
乗り換え先の携帯電話会社の手数料として、各社共通ですが「契約事務手数料」が3,000円必要になります。この料金に関しては、乗り換え先の携帯電話会社からの最初の請求に自動的に加算されます。

◇契約解除料
携帯電話やスマホの契約は基本的に2年更新になっています。契約を更新する月(更新月)のタイミングで解約しなければ、「契約解除料」が発生してしまいます。こちらは、現在の携帯電話会社に問い合わせれば更新月を教えてくれますので、確認が必要です。

4、MNPには予約番号が必ず必要!

MNPには予約番号が必ず必要!

こちらでは、先程見て頂いた「2、MNPの手続き方法の流れを理解しよう」にあるステップ1 MNP予約番号の取得を詳しくご説明いたします。

元の携帯電話会社で発行してもらった「MNP予約番号」を、乗り換え先の携帯電話会社へ新規契約する際、契約書に記載欄があり、このMNP予約番号が無いと携帯電話会社での引継ぎ処理ができなくなります。

そのため、携帯電話会社の乗り換えには「MNP予約番号」が必ず必要になります。その取得方法は、以下の通りです。

➀:ショップに行って取得
各携帯電話会社のショップに行き、窓口で「MNPのための予約番号を取りたい」と言えば予約番号を取得することが出来ます。

➁:電話で取得する
急ぎでMNP予約番号を取得したいという方におススメの方法です。
各社の電話受付は以下の通りです。

    • ドコモ

ドコモの携帯電話なら151、一般電話からは0120-800-000/通話料無料

    • au

au携帯電話・一般電話共通で、0077-75470/通話料無料

➂:インターネットで取得する
こちらは、各社のMy docomoEZwebなどにアクセスして取得する方法です。

「MNP予約番号を取得したら解約になるの?」という疑問をお持ちの方も少なくない様ですが、MNP予約番号というのは、あくまでも予約ですので決して解約というわけではありません。

では、どの時点で現在の携帯電話会社から解約するかというと、MNP予約番号を使って乗り換え先の携帯電話会社で手続きを済ませた時になります。また、MNP予約番号には期限が設定されています。発行から15日以内に乗り換えしないとその予約番号が無効になるので早めの手続きが必要になります。

5、まとめ

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の意味や手続きの流れをお分かりいただけましたでしょうか?NMP予約番号の期限には注意が必要ですが、手続き自体は難しいものではありません。

NMP予約番号をご自分で取得していただかなければなりませんが、モバイルステーションでは乗り換え契約時の手続きを全面サポートさせていただきますので、お困りの方は遠慮なくお問い合わせして下さい。⇓⇓⇓

携帯乗り換えならソフトバンク

携帯乗り換え当日現金キャッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせはこちら
お急ぎの方はお電話で メールでのお問い合わせはこちら

関連記事

ご不要になった携帯電話の下取り最大44,000円

ソフトバンク携帯乗り換え(MNP)で不要となった携帯電話(スマホ)を高価下取りしています!

ソフトバンク光コラボでさらにキャッシュバック

インターネット回線を契約中の方は見逃せない超お得な特典です!

Mobilestationだからできる当店3つの強み

当日現金キャッシュバック

日本初!当店ではソフトバンク携帯電話乗り換え完了日の当日に現金にてキャッシュバックをお渡ししています。

乗り換え完了まで最短30分!

事前に電話予約を頂ければ待ち時間なしで優先的に対応させて頂きます。ご来店から携帯乗り換えまで業界最速の最短30分でお手続き完了します。

データの移行も代行します

携帯乗り換え(MNP)の際の面倒なデータ移行も当店スタッフが代行します。もちろんスマートフォン(スマホ)も徹底サポートしています。

携帯乗り換えに関するお問い合わせはこちらから

営業所一覧

機種紹介   会社概要   Q&A   プライバシーポリシー
ページ上部へ戻る